「調理法」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年11月27日リクルート★フィードバック数:0ライフスタイル

かに料理についての調査です。

年代別、かに料理アンケート

かにアンケート調査年代別、かに料理アンケートを実施! かにの種類、部位、調理法の年代別ランキングやネット購入状況などを紹介冬の海の幸といえば、かにを連想する人も多いのではないでしょうか。小さい頃から、「かに料理」と聞くと、ちょっと豪華で贅沢な家族団欒のイメージがありますね。今回、ポンパレモールでは、20~50代までの男女500人(男性277人、女性223人)に、かにに関するアンケート調査を実施いたしました。かにの好き・嫌いはもちろん、どういう食べ方が好きか、どんな場面で食べる機会が多いか、ネット

2013年11月10日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「さんまの調理法」に関する調査

「さんまの調理法」に関する調査結果を発表 塩焼きには“醤油派”が半数以上を占めるが、 西日本では“ぽん酢”も支持されている 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役:稲垣佳伸)では、自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて20代~60代の男女を対象に、「さんまの調理法」に関するアンケートを実施いたしました。調査期間は2013年10月11日(金)~2013年10月17日(木)。有効回答は1,835名から得られました。調査結果サマリ「さんま」の定番の調理法は『焼く』自宅でも

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 揚げ物

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ揚げ物が好きな人は8割強。好きな揚げ物の上位は「鶏の唐揚げ・竜田揚げ」「トンカツ」「エビフライ」「コロッケ」「てんぷら」など。女性10〜30代では、「鶏の唐揚げ・竜田揚げ」に続いて「フライドポテト」が2位 揚げ物を食べる頻度は「週2〜3回」「週1回」がボリュームゾーン。自宅で揚げ物をする人は全体の8割弱で「週1回」「月に2〜3回」がボリュームゾーン 揚げ物の調理法・準備方法は「自分や家族などの手作り」「調理済みのお惣菜」が上位2位、「ファス

2012年3月2日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

マイボイスコム 冬の味覚(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ冬の味覚を意識する人は6割弱。冬の味覚の楽しみ方では「普段の食事に冬の味覚を取り入れる」の他、「季節行事の行事食を食べる」「素材の味を引き出すような調理法」などが多い 自分にとっての冬の味覚とは、「みかん」「白菜」「牡蛎」「蟹」「寒ブリ」などが各4〜5割で上位 冬の味覚の重視点は「鮮度」が最も多く、「価格」「調理の仕方」「見た目(彩りなど)」などが続く 冬の味覚にあうお酒は「日本酒」が最も多く、続く「焼酎」「ビール類」を大きく上回る

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ