「調節運営」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月4日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日銀の論文です。

(論文)2014年度の金融市場調節

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2014年度の金融市場調節2015年6月3日日本銀行金融市場局概観2014年度において、日本銀行は、前年度に続き、「量的・質的金融緩和」のもと、長期国債の多額の買入れなど、広範な資産の買入れを通じてマネタリーベースの残高を大きく拡大させるという、極めて強力な金融緩和を進めた。すなわち、日本銀行は2014年10月までの間、2013年4月に導入した「量的・質的金融緩和」のもとでの金融市場調節方針に従って、長期国債や国庫短期

2014年6月6日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2013年度の金融市場調節

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2013年度の金融市場調節2014年6月5日日本銀行金融市場局概観2013年度において、日本銀行は、「量的・質的金融緩和」のもと、長期国債の多額の買入れなど、広範な資産の買入れを通じてマネタリーベースの残高を大きく拡大させるという、極めて強力な金融緩和を進めた。すなわち、日本銀行は、2013年度入り直後の4月3〜4日の金融政策決定会合において、「量的・質的金融緩和」を導入した。具体的には、消費者物価の前年比上昇率2%の

2013年5月10日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2012年度の金融市場調節

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2012年度の金融市場調節2013年5月9日日本銀行金融市場局概観2012年度において、日本銀行は、実質的なゼロ金利政策と金融資産の買入れ等の措置を通じて、強力な金融緩和を引き続き推進した。年度中の政策決定として、2010年10月に導入した資産買入等の基金について、残高上限を65兆円程度から2013年末の101兆円程度へ累次にわたって大幅に引き上げたほか、その後も「期限を定めない資産買入れ方式」のもとで金融緩和の強化を

2012年5月9日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2011年度の金融市場調節

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年度の金融市場調節2012年5月8日日本銀行金融市場局概観本稿では、2011年度の金融市場調節運営について説明する。2011年度において、日本銀行は、「包括的な金融緩和政策」(以下、包括緩和政策)のもとで強力な金融緩和を推進した。すなわち、実質的なゼロ金利政策を継続するとともに、2010年10月に導入した資産買入等の基金については、残高上限を2010年度末時点の40兆円程度から65兆円程度へ累次にわたって大幅に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ