「議決権」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月31日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

機関投資家の議決権行使状況(2017年)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 機関投資家の議決権行使状況(2017年)買収防衛策議案で反対率が激増し、他の議案でも増加傾向が明らか ◆日本版スチュワードシップ・コードは機関投資家行動の重要な要素として適正な議決権行使をあげる。2017年の改訂により、機関投資家は投資先企業の個別議案ごとに賛否を開示することが求められるようになった。◆この個別開示は、機関投資家が陥っているとされる利益相反の緩和・解消に資するものとして導入された。◆上

2015年6月14日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

第2回「対話促進の必要条件:株主総会の分散開催と招集通知・議案の早期発送」

企業と投資家の対話促進第2回:対話促進の必要条件:株主総会の分散開催と招集通知・議案の早期発送宮島 英昭 ファカルティフェロー / 早稲田大学商学学術院教授 / WIAS小川 亮 リサーチアシスタント / 早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程2014年10月、経済産業省は「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会」の分科会として「株主総会のあり方検討分科会」を立ち上げ、株主総会の分散開催と招集通知の早期発送を実現するための議論を重ねている。また、本年6月から施行される日本版コーポレートガ

株主総会開催日の集計です。

2015年3月期決算会社の定時株主総会の開催日集計

2015年3月期決算会社の定時株主総会の開催日集計結果について ツイートこのたび当取引所では、2015年3月期決算会社に係る定時株主総会開催日の集計を行いましたので、お知らせします。■3月期決算会社の定時株主総会の開催は、例年「6月最終営業日の前営業日」(当該日が月曜日である場合には、その前週の金曜日)に最も集中します。本年の場合も6月最終営業日の前営業日が月曜日であり、その前週の金曜日にあたる6月26日(金)が最も集中する日となっており、集計対象会社2,363社中、977社(全体の41.3%

2015年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから

機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから | ニッセイ基礎研究所 機関投資家は何を基準に業績不振と判断するのか?-日本版スチュワードシップ・コード受け入れ機関のHPから 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本版スチュワードシップ・コードが策定されて1年以上経過した。

2015年6月2日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

株主総会のトレンドです。

2015年2・3月株主総会の総括と示唆(詳細版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 2015年2・3月株主総会の総括と示唆(詳細版)上場企業に「対話力」が求められる時代へ。キーワードは「ROE・株主還元」「社外取締役」そして「コーポレートガバナンス・コード」 2015年6月2日コンサルティング・ソリューション第一部 コンサルタント 吉川 英徳◆本稿は2015年5月13日に公表した「2015年2・3月株主総会の概要と

最近の国内株式市場の動向について

最近の国内株式市場の動向について2015年4月3日<足元の上昇一服の背景>国内株式市場は昨年来大幅に上昇してきましたが、足元は上昇が一服した状態にあります。上昇一服の要因としては、年内の利上げ観測から米国株式市場がやや不安定になっていることや、中東情勢をはじめとする地政学リスクの高まりなどを挙げることができますが、単に大幅な上昇の反動という側面も大きいのではないかと思われます。日経平均株価は、1月中旬安値から2カ月強でほぼ3千円、2014年10月中旬安値からは5カ月強で5千円以上も上昇しているた

2014年11月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

議決権行使方針からみた機関投資家のスチュワードシップ責任

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティングインサイト 人事・健保・退職給付 議決権行使方針からみた機関投資家のスチュワードシップ責任退職慰労金と株式報酬型ストック・オプションの最新トレンド 2014年11月19日コンサルティング・ソリューション第三部 コンサルタント 原田 裕太1.役員報酬に対する機関投資家の姿勢が明確に2014年2月に金融庁より日本版スチュワード・シップコード(以下、日本版SC)が公表され、日本版SCを受け

2014年11月5日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス 機関投資家の動向(1)~議決権行使の状況

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス機関投資家の動向①~議決権行使の状況 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場との良好な関係の構築を促すものと考えられる。

2014年10月26日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~

シリーズ:成長戦略としてのコーポレートガバナンス2014年株主総会の議決権行使結果 ~TOPIX 100採用銘柄の分析を中心に~ ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 安倍政権は日本経済の再生に向け、金融・財政政策に続く第三の矢として成長戦略を掲げており、その中でコーポレートガバナンス改革を打ち出している。これは日本企業のグローバル競争力強化に資本市場の力を生かそうとする同政権の意図を反映しており、企業(経営者)に資本市場と

2014年10月7日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

大和総研のレポートです。

2014年コーポレートガバナンス動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 2014年コーポレートガバナンス動向外形的なガバナンス体制の整備は進む。「ROE」を意識した経営行動が次の焦点 2014年10月7日コンサルティング・ソリューション第一部 コンサルタント 吉川 英徳◆2014年株主総会シーズンにおける主要企業並びに主要機関投資家における議決権行使結果を集計した。主要企業における外国人比率は36.4%

2014年10月5日投資信託協会フィードバック数:0大型消費/投資

投資信託委託会社における議決権行使アンケート調査

調査報告議決権行使状況についてのアンケート調査結果本会では毎年、投資信託委託会社である正会員に対し、5月、6月に開催された株主総会における国内株式の議決権行使状況についてアンケート調査を実施し、その結果を公表しております。 このたび、2016年(平成28年)の調査結果を取りまとめましたので、以下のとおり公表いたします。2016年(平成28年)2015年(平成27年)以前の調査結果についてはこちらをご覧ください。

2013年10月6日投資信託協会フィードバック数:0ビジネス

投資信託委託会社における議決権行使アンケート調査

調査報告議決権行使状況についてのアンケート調査結果本会では毎年、投資信託委託会社である正会員に対し、5月、6月に開催された株主総会における国内株式の議決権行使状況についてアンケート調査を実施し、その結果を公表しております。 このたび、2016年(平成28年)の調査結果を取りまとめましたので、以下のとおり公表いたします。2016年(平成28年)2015年(平成27年)以前の調査結果についてはこちらをご覧ください。

2013年9月26日大和総研フィードバック数:0ビジネス

2013年株主総会シーズンの議決権行使結果~TOPIX Core30構成企業の分析~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年株主総会シーズンの議決権行使結果~TOPIX Core30構成企業の分析~資本市場のガバナンスに対する期待は「形」から「企業価値」に進展 2013年9月26日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 藤島 裕三◆2013年の機関投資家による議決権行使のスタンスを確認するため、TOPIX Core30構成銘柄を対象として、臨時報告書による議決権行使結果の開示を分析する。◆社外取締役ゼロの経営

2013年6月9日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年6月株主総会シーズンの注目点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年6月株主総会シーズンの注目点3月総会の議決権行使結果から読み取る機関投資家の関心事 2013年6月7日経営コンサルティング部 副部長主任コンサルタント 藤島 裕三◆6月の株主総会シーズンを占う際に、先立って開示された3 月総会の議決権行使結果は、格好の「先行指標」となる。◆3月総会においては、社外取締役がゼロの経営トップに対する賛成率が急減するなど、特徴的な事例が少なからず見られた。◆主要な

2013年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

存在感を増す米国の議決権行使アドバイザー

存在感を増す米国の議決権行使アドバイザー | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 存在感を増す米国の議決権行使アドバイザー存在感を増す米国の議決権行使アドバイザー 田口 杏奈基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――議決権行使アドバイザーのサービス概要3――議決権行使アドバイザーに対する批判4――おわりに米国では、1974年成

東証1部上場企業の3Q決算の集計です。

東証1部:13年3月期3Q決算の集計結果(2/1まで)

[2017.08.22] 公開2017年7月31日発行「資本市場リサーチ 第44号」に寄稿しました。 『日本版スチュワードシップ・コードの改訂』上田 亮子 『2017年株主総会の総括』上田 亮子[2017.05.15] 公開2017年4月28日発行「資本市場リサーチ 第43号」に寄稿しました。 『日本企業の2016年株主総会における主要海外機関投資家の議決権行使結果〜実際の行使データによる比較〜』相馬 宏充 『ESG投資の現状と投資先企業への影響』SRコンサルティング部[2017.02.12]

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ