調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 譲渡性預金

「譲渡性預金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月17日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2016年9月中間決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2016年9月中間決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2017.02.08 2016年2月16日に日本銀行が戦後初のマイナス金利を導入してから1年を迎える。企業の資金需要が低迷する中で金融機関の金利競争は激しさを増し、銀行114行の2016年9月中間決算の預貸率は前年同期を0.64ポイント低下し調査開始以来、最大の落ち込み幅を記録した。また、預金と貸出金の差額である預貸ギャップも、同じく最大の246兆円に拡大した。地銀・第二地銀の多くは、マイナス金利の導入以降は地元回帰の

2017年1月11日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

国内主要112行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査

2016/12/26国内主要112行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査中間期の預金増加、貸出金の7.3倍〜 貸出金増えず利ざや悪化 〜はじめに人口減少や人口動態などを踏まえ、将来における地方自治体の消滅や地域経済衰退などが懸念される なか、銀行の経営競争はより激しさを増し、近年、経営統合など再編のニュースが相次いでいる。さらに今後は、担保や取引実績に頼らない事業性評価による融資先の開拓など、より深く企業を理解・分析する能力が求められるとともに、そうした取り組みやそれぞれの営業エリア

2016年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2016年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2016.06.08 2016年3月期決算の国内銀行114行の預貸率は前年同期より低下した。これに伴い預金と貸出金の差額である預貸ギャップは調査以来で最大の244兆円に拡大した。2016年2月から日銀によるマイナス金利政策が導入され、銀行貸出しの増加が期待された。しかし、預金流入の増加から大手行の預貸率が低下するなど、銀行業態によって「まだら模様」で、力強さに欠けるため現状では全体の預貸率を上昇させるまでには至っていない。本

2016年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年9月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2015年9月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2016.03.08 2015年9月期中間決算の国内銀行114行の預貸率は67.98%で、前年同期とほぼ横ばいながらも0.08ポイント上昇した。一方、預金と貸出金の差額である預貸ギャップは236兆円に拡大した。多くの銀行で貸し出しは増えたが、企業の資金需要が低迷し、リスク回避に向けた慎重な貸出姿勢は変わっていないことも浮き彫りになった。景気の先行き懸念から企業の設備投資は慎重だが、日銀が初のマイナス金利を導入した。金融機関は

2015年9月18日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2015年3月期単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2015年3月期単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2015.09.17 2015年3月期決算の国内銀行114行の預貸率は6年連続で低下した。預金と貸出金の差額である預貸ギャップは236兆円に拡大し、景気が上向きになったとはいえ、先行きの不透明さを懸念して手元資金を確保する慎重な企業がまだ多く、前向きな資金需要が乏しいことを反映した。また、一時より貸出しを増やす銀行は多くなったが、中小企業向けに比べて、地方公共団体向け貸出の増加率が大きいなど、リスクを回避した貸出姿勢は変わって

2014年9月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2014年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2014.09.08 国内銀行114行の2014年3月期決算では、預金と貸出金の差額である預貸ギャップが前年同期より9兆9,702億円(4.6%増)増加し224兆円に拡大した。ただし、アベノミクスによる大胆な金融緩和もあって、個別では過半数の銀行で前年同期より預貸率が上昇し、変化の兆しもうかがえる。本調査は、銀行114行を対象に2014年3月期単独決算ベースの預貸率を調べた。預貸率は預金残高に対する貸出残高の比率のことで、銀

2013年12月15日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

銀行113行預貸率調査 預貸ギャップは217兆円に拡大

銀行113行預貸率調査 預貸ギャップは217兆円に拡大 公開日付:2013.12.13 アベノミクスによる大胆な金融緩和で銀行貸出は増加基調を強めている。だが、預金の増加ペースが貸出を上回り、銀行預貸率の低下に歯止めをかけるまでに至ってない。国内銀行113行の2013年9月期決算では、預金と貸出金の差額である預貸ギャップが前年同期より14兆4,748億円(7.1%増)増え、217兆円に拡大した。本調査は、銀行113行を対象に2013年9月期単独決算ベースの預貸率を調べた。預貸率は預金残高に対する

2012年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:14大型消費/投資

銀行114行 2012年9月期単独決算ベース預貸率調査 ~ 預貸率は68.3%で低迷 預貸ギャップは200兆円を超える ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 銀行114行 2012年9月期単独決算ベース預貸率調査 ~ 預貸率は68.3%で低迷 預貸ギャップは200兆円を超える ~ 銀行114行の2012年9月期単独決算の預貸率は68.3%となり、年々比率が低下している。預金と貸出金の差額である預貸ギャップは200兆円に拡大し、銀行の貸出し運用難を浮き彫りにした。 本調査は、銀行114行を対象に2012年9月期単独決算ベースの預貸率を調べた。預貸率は、預金残高に対する貸出残高の比率のことで

2012年8月9日東京商工リサーチフィードバック数:9ビジネス

銀行117行 2012年3月期単独決算ベース預証率調査 ~国債保有は前年同期より2割増の166兆円~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 銀行117行 2012年3月期単独決算ベース預証率調査 ~国債保有は166兆円~ 銀行117行の2012年3月期単独決算ベースの預証率は、調査開始以来最高の41.8%を占めた。中小企業向け貸出が伸び悩むなか、銀行は国債を中心に有価証券運用を強めている。 本調査は、銀行117行を対象に2012年3月期単独決算ベースの預証率を調べた。一般的に銀行は預金により資金調達して貸し出しを行い、余資を有価証券などで運用している。預証率とは、預金残

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ