「豚肉生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月13日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、農畜産物等の長期見通しを公表

米国農務省経済調査局(USDA/ERS)は、2月11日米国の農畜産物等の長期見通し(Long-Term Agricultural Projections)を公表した。この見通しによると、2015/16年度(9月〜翌8月)の米国のトウモロコシ生産量は前年比6.7%減の3億4150万トン(2443万トン減)と予測している(表)。減産の要因は、トウモロコシよりも収益性の高いソルガム、小麦や大麦などへの作物選択が進むことから作付面積が同3.2%減となったことや単収が例年水準をわずかに下回ると見込まれたこ

2014年10月17日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国の牛肉生産量、前月の予測値から上方修正

米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は10月10日、直近の食肉生産量の見通しを公表した。これによると、2014年の牛肉生産量は前月の予測値から1万6000トン上方修正され、前年比5.3%減の1108万トンとしている。USDAは、上方修正の理由として、トウモロコシなど飼料穀物価格の下落により肥育期間が延びることから、1頭当たり枝肉重量が増加することを挙げている。また、2015年の牛肉生産量も、同じく前月予測値から上方修正された。一方、2014年の豚肉生産量は、1頭当たりの枝肉重量は増

2014年4月6日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

ブラジル地理統計院が2013年第4四半期(10~12月)の畜産データを公表

ブラジル地理統計院(IBGE)は3月、2013年第4四半期(10〜12月)のと畜頭数や生産量など畜産に関するデータを公表した。 牛肉:と畜頭数は過去最高を3四半期連続で更新  2013年第4四半期の牛と畜頭数は888万7975頭(前年同期比8.5%増)と9期連続で前年同期を上回り、3四半期連続で過去最高を更新している。また、牛肉生産量(枝肉換算)は213万7757トンを記録し、同9.6%とかなりの程度増加した。好調な輸出に加え、小売価格が前年よりも安く推移して消費者の需要が他の食肉から牛肉にシフ

2014年2月14日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国および世界の牛肉等需給見通し~2014 Cattle Industry Convention~

全米肉用牛生産者・牛肉協会(NCBA)、牛肉ボード、CattleFax社他の共催による2014年Cattle Industry Conventionが、2月4日〜7日の4日間、テネシー州ナッシュビルにおいて約8千人が参加して開催された。同会議の中で、CattleFax社(米国の会員制牛肉関係調査会社)により、食肉、飼料穀物等の需給見通しが公表されたことから、その概要を報告する。 ・過去3年間を見ると、2011年は米国南東部で干ばつが発生し、2012年は米国全体に広がるという最悪の年となり、201

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ