「豪州経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年12月(オーストラリア)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日景気減速を背景に、政府は財政赤字の拡大を容認豪州経済は潜在成長率を下回る成長が続いている。第 3 四半期の実質 GDP 成長率は前年比+2.3%と、前期(同+2.4%)から減速した(第 1 図)。需要項目別にみると、輸出は堅調を維持した一方で、個人消費は弱い雇用を背景に伸び悩んだ。また、民間投資は、豪州準備銀行(RBA)による一連の利下げもあって住宅投資は好調であるが、鉱業部門を中心とする設備投資がマイナスに転じ、全体の成長を押し下げた。今後も豪州

2013年10月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2013年10月(オーストラリア)

平成 25 年(2013 年)10 月 22 日中銀は弱い内需と低調な雇用動向を注視豪州経済は潜在成長率を下回る成長が続いている。弱い雇用を背景に、個人消費に勢いがない。9 月の失業率は 5.6%と 8 月から 0.2%ポイント低下したものの、これは労働参加率の低下が主因であり、雇用者数の伸びは鈍化しており雇用の基調は弱い(第 1 図)。また、9 月の政権交代を受けて企業や消費者のマインドは改善傾向を維持しているが、構成項目の一つである消費者の失業懸念は依然として強く、労働市場が早期に改善する兆

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年9月(オーストラリア)

平成 25 年(2013 年)9 月 20 日新政権下でも、豪州経済は潜在成長率を下回るペースに豪州経済は潜在成長率を下回るペースが続いている。第 2 四半期の実質 GDP 成長率は前年比+2.6%と、前期(同+2.5%)からほぼ横ばいにとどまった(第 1 図)。需要項目別にみると、民間投資がやや持ち直した一方で、個人消費は雇用環境の悪化を主因に減速した。また、公共投資は、財政赤字削減に向けて政府が歳出を抑制するなか大幅に落ち込んだ。こうした状況下、豪州準備銀行(RBA)は 9 月の金融政策決定

2013年4月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

経済マンスリー:2013年4月(オーストラリア)

平成 25 年(2013 年)4 月 24 日利下げ効果が顕在化するなか、中銀は様子見姿勢を継続豪州経済は景気減速に歯止めがかかっているが、足元の経済指標は強弱まちまちである。豪州準備銀行(RBA)は 4 月 2 日の理事会において、世界経済の下振れリスクが後退していると評価し、政策金利を 3 会合連続で過去最低の 3.00%に据え置いた。RBA による今次局面 1.75%pt の利下げ効果は顕在化しつつある。住宅市場をみると、住宅ローン金利が低下するなか、住宅建設許可件数は、二桁の伸びを維持し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ