調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 豪州統計局

「豪州統計局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年7月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年7月(オーストラリア)

平成 26 年(2014 年)7 月 30 日物価は小幅加速も景気回復が緩やかで、金融政策は当面維持豪州経済は緩やかな回復が続いている。5 月の小売売上は前年比+4.6%と 4 月の同+5.6%に続き好調を維持した(第 1 図)。住宅価格や株価の上昇による資産効果等を背景に、家財や外食が消費を牽引している。また、5 月の住宅着工件数は同+14.3%と高い伸びを続けた。もっとも、4-6 月期の回復ペースは高い伸びを記録した 1-3 月期に比べ、幾分減速しているとみられる。輸出は 4 月と 5 月の

2014年3月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年3月(オーストラリア)

平成 26 年(2014 年)3 月 28 日景気は緩やかに回復も、消費の持続性などに疑問豪州経済は緩やかに回復している。2013 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率は前年比+2.8%と、前期(同+2.4%)から加速した。需要項目別にみると、輸出が資源セクターを中心に大きく伸びたことに加え、個人消費も好調であった。一方で、資源投資ブームの終焉により民間投資は減少が続いたほか、政府が財政健全化を進めるなか、公共投資も前年割れとなった。足元の指標をみると、1 月の小売売上は前年比+6.2%と

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年3月(オーストラリア)

平成 25 年(2013 年)3 月 26 日景気減速に歯止めがかかるも、中銀は先行きを懸念豪州経済は、3%近傍とみられる潜在成長率並みの成長ペースを維持している。10-12 月期の実質 GDP 成長率は前年比 3.1%と前期(同 3.1%)から横ばいで推移し、年初来の減速基調に歯止めがかかった(第 1 図)。中身をみると、設備投資や個人消費の鈍化を公共投資や輸出の持ち直しでカバーした。もっとも、足元の指標に景気再加速に向けた力強さは感じられない。金利低下を好感した消費マインドの改善や、中国向け

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ