「負債比率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月23日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

社長交代と企業パフォーマンス:日米比較分析

社長交代と企業パフォーマンス:日米比較分析 泉 敦子(ワシントン大学) /権 赫旭(ファカルティフェロー) 概要トップマネージメントは企業業績の重要な決定要因である。理論上では、取締役会が投資リターンを追求する株主に代わって、社長が企業のトップマネージャーとして適しているかどうかまたは経営努力をしているかどうかを監視し、業績が不振となれば 社長を強制交代させてパフォーマンスを改善させる責任を持つ。しかし実際のトップマネージメントへの監視は理論より複雑である。日本企業では金融機関、株式持合い

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス

未上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス 細野 薫(学習院大学) /滝澤 美帆(東洋大学) 概要本稿では、1990年代後半以降の日本企業を対象として、非上場企業のIPO(新規株式公開)による資金調達の決定要因、および、資金調達後の企業パフォーマンスを分析した。この結果、規模、ROA、全要素生産性(TFP)が高く、負債比率および費用比率が低い企業はIPOをする確率が高いこと、また、IPOをした企業は、その後、非IPO企業に比べて、設備投資比率、研究開発費比率、ROA、TFP、

2015年1月8日産経デジタルフィードバック数:0ビジネス

韓国、財閥企業ついに破綻か 負債比率深刻…平昌五輪を直撃の様相

大韓航空の「ナッツ・リターン事件」をきっかけに韓国の「財閥」と呼ばれる企業グループに厳しい視線が向けられるなか、大手財閥「東部(トンブ)グループ」の傘下企業が法的処理の手続きを申請した。同社は2018年に平昌(ピョンチャン)で開かれる冬季五輪会場の工事も施工しており、準備がさらに遅れる恐れもある。韓国財閥をめぐっては、創業家のやりたい放題ぶりが明らかになる半面、負債比率が深刻な「危ない」グループも少なくない。朴槿恵(パク・クネ)政権も経済政策で目立った成果がなく、韓国経済は低迷が続きそうだ。昨年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ