「財務省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月11日浜銀総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

中古車輸出月次統計(2017年2月)

浜銀総合研究所 調査部2017年4月3日調 査 速 報中古車輸出月次統計(2017年2月)中古車輸出台数は増勢続くも、市況改善が鈍く収益環境は依然厳しい。電動中古車輸出の存在感は高まる。主任研究員深尾 三四郎045-225-2375fukao@yokohama-ri.co.jp要 約 乗用車も商用車も2月中古車輸出台数(季調値)は前月比減少だが、トレンドは増勢続く。 しかし、金額ベースでは前年割れ継続。収益環境は依然厳しい。 2月電動中古車輸出金額シェアは14.4%。スリランカ、ニュージー

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年5月) ~実質輸出は前月比▲4.4%と大幅減少~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2015年5月)発表日:2015年6月17日(水)~実質輸出は前月比▲4.4%と大幅減少~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト高橋 大輝TEL:03-5221-4524担当貿易収支(億円)14151月原数値▲ 27951輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 177659.425.1輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 0.26.35.5▲ 2.0前年比8.0アメリカEUアジア前年比前

「33ヵ月ぶり」日本の2015年3月の貿易収支の黒字化

ご参考資料この数字はなんだ?Vol.88ナンバー・ナンダー2015年4月28日日 本の2015年3月の339.6貿易収支の黒字化ですヵ月ぶり財務省が22日に発表した3月の貿易統計(速報)によると、輸出金額から輸入金額を引いた貿易収支は2,293億円と、33ヵ月(2年9ヵ月)ぶりに黒字化しました。足元の円安を受け輸出金額が増加したほか、原油価格の下落を受けエネルギーの輸入金額が減少していることが背景にあります。輸出金額は、円安傾向や米国の景気回復基調などを背景に、自動車が好調となったことなどから、

2014年6月11日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

44年ぶりに黒字となった旅行収支 ~旅行収支の改善は今後も続く見込み~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート44年ぶりに黒字となった旅行収支~旅行収支の改善は今後も続く見込み~発表日:2014年6月10日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○2013 年の経常収支は、貿易収支の大幅赤字を背景に 3.2 兆円と過去最小の黒字になった。そうした中、着々と改善を続けているのが旅行収支である。2014 年4月には原数値ではあるが、44 年ぶりの黒字となった。今後、人口減少による経済の停滞が

2014年5月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2014年3月) ~2013年度は過去最小の黒字額に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:国際収支(2014年3月)発表日2014年5月12日(月)~2013年度は過去最小の黒字額に~第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524原数値経常収支季調値経常収支(億円)(億円)貿易・サービス収支第一次所得収支貿易収支2013▲ 3,4846,49712,8315,5741,6292,019▲ 7,545▲ 11,186▲ 9,875▲ 4,225▲ 8,241▲ 7,00

2013年12月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国債市場歳時記、年末の季語は国債発行計画

リサーチ TODAY2013 年 12 月 18 日国債市場歳時記、年末の季語は国債発行計画常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創年末になってきた。債券市場歳時記、「年末の季語」は次年度の国債発行計画策定にある。2014年度予算にそって月末に財務省は国債発行計画を発表するが、その決定プロセスにおける儀式として市場との対話を行うべく一連の会合が開催されることになる1。2014年度の発行計画におけるポイントとしては、発行年限の長期化が挙げられている。同時に、今年から発行が再開された物価連動国債の

2013年9月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2013-4】4~6月期法人企業統計の評価と2次QE予測

No.2013-0152013年9月2日http://www.jri.co.jp≪QE予測シリーズ No.2013-4≫4~6月期法人企業統計の評価と2次QE予測(1)4~6月期の法人企業統計季報によると、売上高(全産業、以下同じ)は、前期比+0.6%と増   勢加速(図表1)。製造業は減収となったものの、非製造業は政策効果などを受けて堅調に推   移。経常利益は、同+10.5%と4四半期連続で増加。製造業は2012年10~12月期に増益に転じ   て以降2ケタの伸びが続くほか、非製造業でも増益

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 債券市場での海外投資家

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.47債券市場での海外投資家佐久間 啓常務取締役経済調査部長日本の財政状況が表面上はギリシャ以上に悪場での海外投資家の存在感に比べるとストックいにもかかわらず、債券市場が安定しているのでのそれはまだ大きくないが、彼らの投資スタは国債の海外保有比率が低いことが一因であるンス、戦略が日本の債券市場を大きく動かすこと言われてきた。一方で、最近は海外投資家のとは間違いない。表面的な数字に踊らされるこ保有比率がじりじり上昇しており、警戒が

2013年8月4日国際社会経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

財務省の貿易統計からの分析です。

ICT統計を創る3「貿易統計」

Please note that JavaScript and style sheet are used in this website, Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original. Even in such a case, however, the contents can be used safely.今回も既存

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2013年3月) ~円安を背景に所得収支の黒字が拡大傾向~

Economic Indicators指標名:国際収支(2013年3月) ~円安を背景に所得収支の黒字が拡大傾向~定例経済指標レポート発表日2013年5月10日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 大塚 崇広 TEL:03-5221-4525原数値 経常収支 (億円) 2012 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2013 1月 2月 3月 ▲ 4,556 12,026 13,074 3,735 3,421 4,221 6,625 4

2013年4月22日日本銀行フィードバック数:8社会/政治

銀行券および貨幣受払高等(枚数ベース)(2012年度)

銀行券および貨幣受払高等(2012年度、枚数ベース)2013年4月19日 日本銀行発券局1.銀行券受払高等2012年度(平成24年度) 前年度比(%) 受入高 支払高 鑑査高 消却高 発注高 (億枚) (億枚) (億枚) (億枚) (億枚) 98.0 101.0 96.4 29.1 31.5 3.6 0.5 3.5 ▲1.3 12.0 ▲4.5 ▲11.9引換高(百万枚)2.貨幣受払高等2012年度(平成24年度) 前年度比(%) 受入高 支払高 (億枚) (億枚) 28.3 25.7 9.1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ