「財政再建」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

日本の財政についてのレポートです。

財政再建に関する最近の論点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 財政再建に関する最近の論点やはり容易ではない基礎的財政収支の黒字化 ◆2020年度に基礎的財政収支(PB)黒字化を実現するための新しい財政健全化計画がまもなく示されることから、数回にわたるシリーズレポートで財政問題にフォーカスする。◆財政健全化を議論する際のベースになっている内閣府試算の経済再生ケースでは、PB赤字が続いても公債等残高GDP比が低下する見通しである。だが、それはこれまでの金利低下や負債

2015年6月1日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

社会保障と財政についてのレポートです。

経済トレンド 社会保障改革でどこまで財政再建できるか ~6月公表の「新」財政再建計画を考える~

経済トレンド社会保障改革でどこまで財政再建できるか~6月公表の「新」財政再建計画を考える~経済調査部 エコノミスト 星野卓也(ほしの たくや)●6月末までに政府から新しい財政再建計画が示される。政府目標の「2020年度基礎的財政収支要旨の黒字化」には何らかの政策対応が必要であり、「歳出削減」を中心に施策が打ち出される見込みだ。●中でも、政府歳出の多くを占める社会保障改革への注目度は高い。医療・介護費は今後「高齢者の高齢化」に伴って累増することが見込まれ、ますます財政を圧迫することになる。●「75

財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」

財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」 | ニッセイ基礎研究所 財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」 経済研究部 研究理事 チーフエコノミスト 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2020年度までの財政健全化計画に新たな目標を設定するとの見方が浮上している。従来の基礎的財政収支(以下、プライマリーバランス)の2020年度黒字化という目標に、新たに債

2015年3月6日言論NPOフィードバック数:0社会/政治

「2015年度予算を検証する」有識者アンケート

「2015年度予算を検証する」有識者アンケート調査の概要 言論NPOは、「2015年度予算を検証する」と題して、有識者を対象にアンケート調査を行いました。調査は言論NPOの活動にこれまで参加していただいた全国の有識者約6000人を対象に、2015年3月2日から3月3日までの期間でメールの送付によって行われ、ご回答いただいた100人分のアンケート結果を集計し、分析しました。回答者の属性※各属性で示されている数値以外は無回答の割合。この頁以降、数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100%

2015年2月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは日本経済中期予測(2015年2月)3章 ◆財政再建には歳出削減は不可欠であり、特に社会保障の膨張の抑制が必要である。◆医療・介護では、まずは自己負担のあり方や保険給付の適用範囲の見直しなどを進めるべきだろう。子育て支援の充実化を行うには、利用者の選択肢を拡大させるような競争環境の整備が考えられよう。◆インフラ関連費用は公共インフラの民営化とガバナンスの強化で抑制

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2015年2月)デフレ脱却と財政再建、時間との戦い ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年間(2015~2024年度)の成長率を、年率平均で名目+1.2%、実質+1.0%と予測する。物価上昇率は総じて緩やかに加速する見通しだが、日銀のインフレ目標の達成は困難である。短期金利はゼロに据え置かれ、量的な金融緩和も継続されると予測する。◆世界経済の平均成長率は3.3%

2014年12月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

敗戦から70年、財政再建の道筋を示せるか

新春特別コラム:2015年の日本経済を読む 敗戦から70年、財政再建の道筋を示せるか2015年は太平洋戦争での敗戦からちょうど、70年の節目の年である。1945年8月15日正午、無条件降伏を盛り込んだポツダム宣言受諾の聖断を前日に下した天皇は、国民にラジオ放送により終戦の詔勅を発した。敗戦直前まで、政府は戦費調達のために大量の戦時国債を発行した。戦争中に政府が命令や契約の形で国民に支払いを約束した「戦時補償債務」は累積し、1945年頃には政府債務(対GDP)は約200%に達していた。これは明らか

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気はようやく上向くのか ~政策選択の楽観にはご注意~

Economic Trends経済関連レポート景気はようやく上向くのか発表日:2014年11月28日(金)~政策選択の楽観にはご注意~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)10 月の鉱工業生産指数が 2 か月連続で上昇した。生産予測指数に基づくと、11・12 月も生産拡大は続く公算である。仮に、2014 年 2~8 月が景気後退局面になっていたとしても、2014 年 9 月以降は後退局面を抜け出すという展開になると期待できる。一方、7~9 月の実質 GDP

2014年11月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

もたつく景気と消費再増税の判断-デフレ脱却と財政再建をどう両立するか

もたつく景気と消費再増税の判断-デフレ脱却と財政再建をどう両立するか

2014年10月21日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治

世代会計の分析から見えてくること

研究ノート2014/10/20世代会計の分析から見えてくること北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。---------本稿では、財政の持続可能性を考慮した世代会計の分析を下に報告を行う。分析の詳細は「財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析」(世界平和研究所ディスカッションペーパー)を参照されたい。本稿の主な結論は以下の4点である。第1に、現在の政策の継続を前提にすると、現在の若年世代を代表するゼロ歳世代は1318万円の受益超過(生涯受益額8880万円、生涯負担額7561万円の差。生涯

2014年9月2日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

下期の経済政策です。

2014年度下期の経済政策運営の焦点-正念場迎える成長戦略・財政再建・金融政策

2014年度下期の経済政策運営の焦点-正念場迎える成長戦略・財政再建・金融政策

【マレーシア4-6月期GDP】前年同期比+6.4%~内需鈍化も輸出拡大で加速~

【マレーシア4-6月期GDP】前年同期比+6.4%~内需鈍化も輸出拡大で加速~ | ニッセイ基礎研究所 【マレーシア4-6月期GDP】前年同期比+6.4%~内需鈍化も輸出拡大で加速~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら マレーシア統計庁(DOSM)は8月15 日に2014 年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は

2013年12月28日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治

様々な人口推計の下での日本の政府支出の長期予測と財政再建規模の分析

様々な人口推計の下での日本の政府支出の長期予測と財政再建規模の分析

2013年12月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

財政再建の一里塚、2014年度予算を問う ~基礎的財政収支は一般会計ベースで▲5.2兆円改善~

財政再建の一里塚、2014年度予算を問う ~基礎的財政収支は一般会計ベースで▲5.2兆円改善~

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス発進から1年。変わったか ~期待から実績。金融から実体。緩和から増税~

Economic Trends経済関連レポートアベノミクス発進から1年。変わったか発表日:2013年11月14日(木)~期待から実績。金融から実体。緩和から増税~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)筆者の理解では、アベノミクスは 2012 年 11 月 14 日の野田首相の解散発言から始まったとみる。当初は期待先行による円安・株高の影響力に依存していた。2013 年 10 月 1 日以降、アベノミクスの中核は、消費増税のハードルを乗り越えるための政策動員に

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

波紋を呼ぶ消費税先送り論(後編) ~先送り観測に隠れたデフレ心理~

Financial Trends経済関連レポート波紋を呼ぶ消費税先送り論(後編) 発表日:2013年7月31日(水)~先送り観測に隠れたデフレ心理~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費税率の引き上げを先送りしたいと感じてしまう背景には、価格転嫁がうまくいかず企業収益などに悪影響が呼ぶのではないかという懸念がある。デフレ心理と親密な意識が、先送りの誘因にはあるかもしれない。2014 年 4月の増税を見直したとして、いつのタイミングが好ましいと考えるべきな

2013年7月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【次世代の国づくり】財政再建にどう取り組むか-国内外の重債務国の歴史的経験を踏まえたわが国財政の立ち位置と、中期財政計画の課題

【次世代の国づくり】財政再建にどう取り組むか-国内外の重債務国の歴史的経験を踏まえたわが国財政の立ち位置と、中期財政計画の課題

2013年3月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:5社会/政治

政府の財政再建の取り組みと今後の諸方策

政府の財政再建の取り組みと今後の諸方策 | ニッセイ基礎研究所 政府の財政再建の取り組みと今後の諸方策 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――財政赤字拡大の要因と政府の取り組み3――第2次安倍内閣の財政再建の枠組み4――財政健全化に有効な諸方策5――おわりに第二次安倍内閣は、「機動的な財政政策」を掲げ、短期では10兆円

2013年3月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

勝ち組ドイツに潜む不安

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 勝ち組ドイツに潜む不安~ 2013年総選挙の争点から~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載 財政再建に苦しむ国が多い欧州諸国の中で、財政収支はほぼ均衡、失業率は20年ぶりの低水準と、例外的に好成績の国がドイツである。実はわずか10年前のドイツは「欧州の病人」と言われていたのだが、2000年代半ばに大胆な雇用コスト削減策を実施し、それが輸出競争力の向上と財政再建につながった。とはいえ

2013年2月7日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:3社会/政治

国債を中心に日本の財政について分析しています。

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは?

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? | ニッセイ基礎研究所 日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――日本国債の神話の背景3――中長期的な財政状況のシミュレーション4――今後求められる財政再建に必要な経済政策5――おわりに欧州債務問題を発端に、金融市場において各国

2011年12月21日内閣府フィードバック数:1社会/政治

緊張続く欧州政府債務問題―市場と世論のジレンマに立たされるユーロ圏―

に開催されたたEU首脳会 議後も、依然然欧州政府債債務問題は収収束の兆しをを見せ1.112 月初旬にず、、緊張が続いいている。本本稿では、ここうした欧州州政府債務問問題を巡る最最近の動きをを中心に、、その背景やや問題の所在在を明らかににすることととしたい。ギリシャをははじめとするる南欧諸国等等では、ユーロ参加によるる為替リスククの消滅によより、2.ギユーーロ圏諸国等等からの資本本流入が加速速した(図11)。この資本本流入によりり、南欧諸国国等の企業業や家計におおいては資金金調達が以前前よりも容易

2011年12月7日内閣府★フィードバック数:3社会/政治

内閣府による世界経済情勢についてのレポートです。

世界経済の潮流 2011年 II 減速する世界経済、狭まる政策余地

世界経済の潮流2011年 II<2011年下半期 世界経済報告> 目次第1章 減速する世界経済、狭まる政策余地1.世界経済の動向:再び減速する兆し2.金融資本市場の緊張:質への逃避1.金融危機対応で拡大した財政赤字・債務残高2.世界的な財政再建への流れ:更なる財政出動には期待できず1.世界的な物価上昇とスタグフレーション懸念2.緩和を続けざるを得ない先進国、引き締め続けざるを得ない新興国1.財政政策上の論点2.金融政策上の論点3.論点を踏まえた各国の現状の評価1.経済の見通し(メインシナリオ)

2011年9月4日日経BPフィードバック数:5社会/政治

「マニフェスト大幅改正を」39%

「マニフェスト大幅改正を」39%【12:詳細版】今後の民主党政権かくあるべし※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose 8月29日に開かれた民主党両院議員総会で代表に野田佳彦氏が選出された。30日には菅直人首相に代わる第95代首相が誕生した。 日経ビジネスオンライン、日経ビジネス編集部では、代表選に先立ち読者を対象にアンケート調査を実施。同時に新政権に対する市場関係者の見方を聞いた。 新政権に取り組んでもらいたい政策としては、「震災復興支援」や「福島原発事故の収束」といっ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ