「財政問題」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

解体された社会保障・税一体改革 ~増税先送りだけで済まない財政問題~

解体された社会保障・税一体改革 ~増税先送りだけで済まない財政問題~

米国の長期財政見通し~中間選挙後の米議会で財政問題が再浮上へ~

米国の長期財政見通し~中間選挙後の米議会で財政問題が再浮上へ~

2014年8月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の深刻な財政問題は解消されたか

米国の深刻な財政問題は解消されたか

2014年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の財政問題は解消されたのか~財政の長期見通しを巡る議論~

米国の財政問題は解消されたのか~財政の長期見通しを巡る議論~

2013年10月21日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:財政問題先送りで失速リスク低下、加速も後ずれ

BTMU Focus USA Weekly:財政問題先送りで失速リスク低下、加速も後ずれ

米景気に漂う先行き不透明感~財政問題の短期先送りが重石に

米景気に漂う先行き不透明感~財政問題の短期先送りが重石に | ニッセイ基礎研究所 米景気に漂う先行き不透明感~財政問題の短期先送りが重石に 土肥原 晋10月17日がデッドラインとされていた政府債務の上限問題では、来年2月までの国債発行が可能となり、政府の閉鎖も1月15日までの再開で合意に達した。今回の合意は、デフォルトを避けるために、短期的に問題を先送りした形となっており、上記の期限到来時には、今回同様の事態が再来する可能性が残されている。<金融政策と景

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 政策不透明感VS民間部門

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 政策不透明感VS民間部門自律的回復は続くが、財政問題が長引き繰り返されることは懸念材料 ◆10月1日以降、一部の連邦政府機関が閉鎖された。債務上限問題を含め、土壇場で妥協案が成立したため当面の問題は回避され、経済的な影響はネガティブながら軽微なものと考えられよう。ただし、年末年始にかけて、再び話題になる可能性は高い。財政政策の不透明感は続くだろう。◆次期FRB議長にイエレン副議長が指名

米国・欧州主要国の景気概況(2013年10月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く中でFRBはQE3縮小を見送る【トピック】 不透明感を高める米国の財政問題【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかに持ち直すユーロ圏景気【トピック】 景気持ち直しの萌芽がみられるイタリアとスペイン【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 生産・消費の両面で緩やかな回復が続く【英国の主要経済指標】

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 財政政策の話題再び

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 財政政策の話題再び底堅いがQE3の規模を維持させた金利上昇と財政問題は懸念材料 ◆財政問題では、10月以降の新たな会計年度の予算、歳出の強制削減への対応、債務上限問題などの議論が行われなければならない。シリア情勢など議会で議論すべき課題は多いにもかかわらず、ねじれ議会の下では、課題は山積したままである。◆金利上昇と財政問題の不透明感などを背景に、9月は金融政策に変更はなかった。資産買い

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 政策の逆風が強まるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 政策の逆風が強まるか近づく財政問題論議、QE3 縮小開始、FRB の人事 ◆4-6月期の実質GDP速報値は、財政問題の逆風の割に国内の民間需要は堅調だった。当面は緩やかな自律回復の継続が想定されるが、財政問題や、金融政策の今後、FRBの議長や理事人事などは、多くが9月以降に結果が出る予定である。◆議会の夏休みは9月第2週に明ける予定で、財政問題では、10月以降の新たな会計年度の予算、歳

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカGDP:逆風のわりには民需が堅調

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカGDP:逆風のわりには民需が堅調2013年4-6月期の実質GDP成長率は1.7%増 2013年8月1日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平◆2013年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率1.7%増となり、2011年4-6月期から続くプラス成長を維持した。推計方法の変更などにより従来の見え方と異なるが、財政問題など懸念材料があったわりには、民需の拡大により緩やかな改善が続い

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

FOMC:資産買い入れ規模は流動的と強調

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:資産買い入れ規模は流動的と強調今後は財政問題と資産買い入れの「効果」と「コスト」に注目 ◆2013年2回目のFOMCでは、政策変更はなく、事実上のゼロ金利政策とQE3の資産買い入れ規模が維持された。声明文では、経済活動が緩やかな成長に戻ったと現状認識を上方修正した。◆Fedメンバーによる金利見通しでは、利上げのタイミングを2013年と予想する者が一人減り、2014年と予想する者が一人増えた。

2013年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 財政問題の議論は本番へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 財政問題の議論は本番へ前向きな家計、企業と財政緊縮の綱引きの勝者は? ◆米国財政に関しては、3月から連邦政府の歳出の強制削減が始まり、5月の債務上限問題、当面の予算など、短期的な課題が多い。中長期的な財政運営の方針が未定であることが、これらの不透明感を長引かせている背景と言える。◆年始の増税により、鈍化が懸念された個人消費は底堅い推移となり、住宅市場も改善傾向が持続している。労働市場の

財政問題の不透明感はあるものの、回復が続く米国経済

財政問題の不透明感はあるものの、回復が続く米国経済

2013年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 国内民間需要はしっかり

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 国内民間需要はしっかり影を落とし続ける財政問題 ◆2012年10-12月期の実質GDPはマイナス成長となった。下押し要因は、政府支出、在庫投資、純輸出であり、国内の民間需要は堅調であった。財政問題は、政府支出の減少のみならず、家計や企業にもマイナスの影響を与えていると考えられる。◆財政問題では、債務上限問題が先送りされたが、3月1日に歳出の強制一律削減が開始されることになったままである

暫定措置を講じた米国の財政問題

暫定措置を講じた米国の財政問題

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ