「財政政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

骨太方針:成長重視の功罪と当面の財政政策への示唆 ~「成長重視」であればこそ、社会保障改革の早期実施が必要だ~

骨太方針:成長重視の功罪と当面の財政政策への示唆 ~「成長重視」であればこそ、社会保障改革の早期実施が必要だ~

2015年6月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は金融・財政政策を総動員するほど危機意識があるか

中国は金融・財政政策を総動員するほど危機意識があるか

アベノミクスの振り返りです。

アベノミクスは失敗だったのか?

1.今月のグラフ ~自動車の輸出台数の動向2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:アベノミクスは失敗だったのか? (1)機動的な財政政策と成長戦略の効果(2)大胆な金融緩和の効果とアベノミクスに対する期待感(3)アベノミクス効果の限界

2014年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 勢いを失ったドイツ景気

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 勢いを失ったドイツ景気投資促進を目指す政策の具体化は12月か ◆世界的な株価急落の一因となったドイツの8月の鉱工業生産の急失速の背景には、今年に限って自動車工場の夏休みが8月に集中し、生産が急減したという特殊事情があった。9月の自動車生産台数は7月の水準まで持ち直しており、ドイツ経済の急失速を懸念するのは行き過ぎであろう。もっとも、企業景況感の悪化は秋になっても継続しているため、ユーロ

2014年5月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界を成長重視に向けざるをえないのはなぜ?

リサーチ TODAY2014 年 5 月 26 日世界を成長重視に向けざるをえないのはなぜ?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創16日にみずほ総合研究所は四半期毎に作成している『内外経済見通し』を発表したが、その見通しは2014年当初の見通しと比べ弱くなった1。年初には日米欧が主導する改善基調を2014年の基本シナリオとしたが、その後米欧の成長力に想定ほどの迫力がなく、さらに予想以上の新興国不安や地政学的な不安が世界各地で生じたことから見通しを下方修正した。2007年以降、米欧を中心に世界

2014年5月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

反EU勢力の躍進が懸念される欧州議会選挙をどう見るか

みずほインサイト欧 州2014 年 5 月 21 日反 EU 勢力の躍進が懸念される欧州議会選挙をどう見るかみずほ総合研究所調査本部欧米調査部03-3591-1400○ 目前に迫る欧州議会選挙(5/22~25)は、議会の権限が強化されたリスボン条約下で初めてということに加えて、反EU政党が大幅に躍進する可能性があることから注目度が高まっている。○ 選挙直前の世論調査では反EU政党の議席数が3割近くに達するとの予測が出ている。どこまで議席を伸ばすかは注目点の一つだが、より警戒すべき点は各国政治への

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 悪天候からの回復に格差

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 悪天候からの回復に格差2015年以降の不透明な政策要因が見通せるには時間がかかる ◆足下の経済指標は、住宅着工や耐久財受注など悪天候の反動で押し上げられたものもあれば、小売売上高や鉱工業生産のように反動増が一服したものもあった。他にも、引き続き軟調な住宅販売など、経済指標の回復は一様ではない。◆しかし、雇用の量的改善は続いており、個人消費も増加傾向にある。軟調な住宅市場にも緩やかな改善

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究

ノンテクニカルサマリー 国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究 前岡 健一郎 (防衛省) 神田 佑亮 (京都大学) 中野 剛志 (コンサルティングフェロー) 久米 功一 (リクルートワークス研究所) 藤井 聡 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成25年度 新興国での新中間層獲得による日本再生事業(ミャンマー政府の財政政策及び債務受入れに関する検討課題調査)調査報告書

平成25年度 新興国での新中間層獲得による日本再生事業(ミャンマー政府の財政政策及び債務受入れに関する検討課題調査)調査報告書

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

第2の矢の活用で成長力底上げの基盤づくりを ~積極的労働市場政策などサービス拡充も一案~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:第2の矢の活用で成長力底上げの基盤づくりを発表日:2013年10月30日(水)~積極的労働市場政策などサービス拡充も一案~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)○第 2 の矢による景気押し上げアベノミクス第 2 の矢は機動的な財政政策だ。景気の下支え役として公共事業は 2013 年第 2四半期まで 6 四半期連続で前期比プラスと経済成長率を約 0.2%pt 押し上げた(内閣府『国民経済計算

2013年10月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

建設業は19年ぶりの水準、持続性は?

リサーチ TODAY2013 年 10 月 22 日建設業は 19 年ぶりの水準、持続性は?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創10月1日に発表された日銀短観(9月調査)は全般に強めの内容になり、幅広い規模・業種の業況判断DIに改善が見られたが、特に下記の図表に示されるように建設業(全規模ベース)の業況判断DIは6月調査から7ポイント改善し、1994年以来、初の+10%Ptとなった。これは、実に19年ぶりの水準である。1997年以降、長らくマイナス圏で推移していた建設業の業況判断DIがこれ

2013年4月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済見通し 財政政策の迷走が下押し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 財政政策の迷走が下押し2014年の中間選挙まで財政政策の不透明感が続く可能性 ◆2013年度(2012年10月~2013年9月)の暫定予算が成立したが、緊縮財政であることは変わらない。財政問題に関して、短期的には5月に到来する連邦債務の上限問題が課題であり、7月にかけて話題となろう。◆2014年度(2013年10月~2014年9月)予算は、上院、下院、オバマ大統領の予算教書でアイディア

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ