「財政規律」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

PB黒字化未達でも国債暴落はないが良い金利上昇はある

リサーチ TODAY2015 年 6 月 18 日PB 黒字化未達でも国債暴落はないが良い金利上昇はある常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本国債のCDSプレミアムの推移を示したものである。その水準は2009年頃までは欧米と同等の水準にあったものの、2011年3月の東日本大震災以降は、欧米より高めとなっている。このところ日本のCDSプレミアムに若干上昇の気配はあるが、基本的には落ち着いた水準にある。昨年末に、消費税率引上げが2017年4月まで先送りされたので、財政規律への不安

2014年12月10日日本総研フィードバック数:0社会/政治

放置されたままの将来世代へのツケ回し 政府・日銀の一体化で失われた財政規律

放置されたままの将来世代へのツケ回し 政府・日銀の一体化で失われた財政規律

2014年4月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

おかずも食べる体質改善の猶予期間にいる金融機関

リサーチ TODAY2014 年 4 月 22 日おかずも食べる体質改善の猶予期間にいる金融機関常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本国債の保有額推移である。過去1年の異次元の金融緩和による大きな転換は、預金取り扱い金融機関の国債保有が減少し、日銀の保有が増加したことにある。「異次元の金融緩和」は日銀が国債の発行の約7割を購入することにより市場機能を低下させ、半ば管理相場化された「異次元の国債市場」を作り上げることにある。国債金利は現在0.6%の低水準にあり、投資家が投資を行

2013年9月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費税に関する集中点検会合で示した論点

リサーチ TODAY2013 年 9 月 3 日消費税に関する集中点検会合で示した論点常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創消費税率を引き上げた場合の景気等への影響について、8月26日から31日まで60人が参加して集中点検会合が開催された。筆者も最終の31日に参加した。2012年8月に成立した「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律」では、消費税率を2014年4月に8%へ、2015年10月に10%へ二段階で引き上げることが既に定められ

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:「アベノミクス」が抱える3つの課題①財政規律の維持、②規制緩和など成長戦略、③雇用者所得の増加 ◆:2013年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+3.1%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.7%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第177回 日本経済予測(改訂版)」(2013年6月10日)参照)。

2013年5月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

第177回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第177回日本経済予測「アベノミクス」の中間評価~現状と今後の課題を検証する~ :2013年1-3月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+2.7%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.4%)である。日銀の金融緩和を受けた円安進行に伴う輸出環境の改善や、株高を背景とする個人消費の増加などを勘案し、経済見通しを上方修正した。

2013年3月11日大和総研フィードバック数:5社会/政治

第176回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第176回日本経済予測(改訂版)「アベノミクス」で日本経済は再生するか? :2012年10-12月期GDP二次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2012年度が前年度比+1.0%(前回:同+0.9%)、2013年度が同+2.7%(同:同+2.7%)、2014年度が同+0.4%(同:同+0.4%)である。「アベノミクス」で日本経済は再生するか?:本予測では、安

2013年2月20日大和総研★フィードバック数:2社会/政治

アベノミクスのリスクを検証しています。

日本経済見通し:「アベノミクス」に対する4つの懸念を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:「アベノミクス」に対する4つの懸念を検証する「財政規律の維持」と「成長戦略の強化」がカギ ◆:2012年10-12月期GDP一次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。当社は、1月18日に安倍政権成立の影響を勘案し経済見通しを暫定的に上方修正している。今回の改訂後の実質GDP予想は2012年度が前年度比+0.9%(1月18日時点の暫定予想:同+1.3%。安倍政権成立前の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ