「財政赤字」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南アフリカ、計画停電の余波で経済は大打撃 ~電力不足解消の道は遠いなか、外的要因による不透明感も残る~

1/3World Trends南アフリカ、計画停電の余波で経済は大打撃~電力不足解消の道は遠いなか、外的要因による不透明感も残る~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年5月27日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主席エコノミスト 西濵 商品市況の動向に左右されやすい南アフリカ経済だが、年明け以降の市況底入れは好機になると期待され る一方、昨秋以降顕在化した電力不足の影響は景気の足かせとなっている。能力不足の問題も依然解消出 来ないなか、先行

2015年4月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

原油安下のマレーシア財政~支出削減で財政赤字は抑制も歳入面での改革が必要~

原油安下のマレーシア財政~支出削減で財政赤字は抑制も歳入面での改革が必要~

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~

リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~ | ニッセイ基礎研究所 リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠昨年9月頃から世界経済の景気減速懸念と原油安を背景とするリスク回避の動きが強まり、ASEAN4の中では産油国マレーシアの通貨リンギットが相対的に下落している。本稿では、原油安がマレーシアのファンダメンタルズに与える影響について考える。マレーシアは産油国であるが、原油・石油製品の貿易黒字は僅かであり、原油よりも天然ガスやパーム油の価格下落の方

第41回(中間報告)中期経済予測(2014-25年度)「財政不安を抱える経済成長」

第41回(中間報告)中期経済予測(2014-25年度)財政不安を抱える経済成長 日本経済研究センターは、2025年度までの第41回中期経済予測をまとめた。我が国が人口減少局面に入ってからすでに数年がたち、今後はその加速が予測されている。高齢化も進み、労働力人口の減少も、当面は避けられない状況にある。この状況下で財政再建が急務となっている。人口の局面転換は世界的なトレンドであり、決して容易に解決できるものではないが、先進国の中には、このトレンドを脱却した国も少なくなく、解決の道筋が見えないわけでは

2014年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年9月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月貿易統計輸出数量は横ばい圏、円安進行で輸出金額は増勢を強める 2014年10月22日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年9月の貿易統計では、輸出金額は前年比+6.9%と市場コンセンサス(同+6.5%)を上回り、2ヶ月ぶりの増加となった。これは輸出数量が同+2.8%と2ヶ月ぶりの増加に転じたことに加えて、円安が進んだことで輸出価格が同+4.0%と上昇幅を拡大さ

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か?

経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か?経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か? 経済研究部 専務理事 櫨(はじ) 浩一2013年度の日本の経常収支は、かろうじて黒字を維持したものの、その金額は約7900億円に縮小した。2007年度には24.3兆円もの黒字があったが、その3%程度に縮小しており、黒字金額が名目GDPの0.2%という水準は、ほぼゼロと言っても良い状況だ。経常収支が赤字に

経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か?

経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か? | ニッセイ基礎研究所 経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か? 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一2013年度の日本の経常収支は、かろうじて黒字を維持したものの、その金額は約7900億円に縮小した。2007年度には24.3兆円もの黒字があったが、その3%程度に縮小しており、黒字金額が名目GDPの0.2%という水準は、ほぼゼロと言っても良い状況だ。経常収支が赤字になったのは第二次石油危機の1980年度以来で、1980年

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障(その2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 SNA中心で見た社会保障(その②)給付増は高齢化の影響だけではない ◆個別分野を見ると、年金保険は高齢者数増の影響が支配的である。なお、個別世帯では減額でも、高齢者数増によりマクロでは増加するため財政赤字に直結する。また、社会保障の中でも年金の赤字が最大であるが、特に、国民年金保険は給付と負担の差が大きく、突出している上、未納・免除が4分の3を占め、もはや「保険」とは言えない状況にある。◆医療保険は、

中間選挙を意識した2015年度の米国「予算教書」~財政赤字は引き続き改善する見通し~

中間選挙を意識した2015年度の米国「予算教書」~財政赤字は引き続き改善する見通し~

2014年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(3)~円安効果、Jカーブ効果の現状

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貿易収支赤字の要因③~円安効果、Jカーブ効果の現状円安による輸出押し上げ効果は徐々に生じ始めている ◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、比較可能な中で過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第3弾である。また、本レポートでは、円安が日本の輸出入に与えた影響を分析すると同時に、輸出低迷の要因、さらに輸出の先行きについても分析を行う。◆2012年末以降為替レート

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第180回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第180回日本経済予測(改訂版)日本経済に関する4つの論点を検証する~①賃上げ、②日銀の物価目標、③経常赤字、④格差問題~ :2013年10-12月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.2%(前回:同+2.3%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。今後の日本経済は、①米国経済

2014年1月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア:通貨安の背景

今週の指標 No.1087 インドネシア:通貨安の背景 ポイント2014年1月20日インドネシアでは、2013年7~9月期の実質経済成長率は前年比5.6%と、2期連続6%の水準を下回っており、景気の拡大テンポは緩やかなものとなっている(図1)。その中、5月下旬にFRBの金融緩和縮小観測が生じて以来、新興国をめぐる国際金融資本市場は大きく変動し、中でもインド及びインドネシアの通貨の下落幅は比較的大きいものとなった(図2)。インドは輸出の回復や金の輸入規制策等が奏功し、通貨安に歯止めがかかり戻す一方

チェコ経済の現状と今後の展望~ 早期のユーロ導入はあるのか? ~

○チェコは、EU加盟によって経済的には「ドイツの一州」のような性格が強まり、生産・輸出を通じて、ドイツ経済の影響を強く受けるようになっている。チェコの足元の景気後退は、ドイツ経済の不調とチェコ政府の緊縮財政という2つの要因による影響が大きいと言える。○チェコのマクロ経済の特徴は、財政金融部門が比較的健全で安定していることである。チェコの財政赤字や政府債務残高の対GDP比率等の指標を見ても、近隣諸国よりも健全である。また、インフレ率も、近隣諸国に比べて低く安定している。チェコの財政・物価等のファン

観光業に目を向けよう ~財政危機緩和の一翼を担うかも?

観光業に目を向けよう ~財政危機緩和の一翼を担うかも? | ニッセイ基礎研究所 観光業に目を向けよう ~財政危機緩和の一翼を担うかも? 谷本 忠和2014年度税制改正要望に、国土交通省から「外国旅行者向け消費税免税制度に係る対象品目の拡大等及び手続きの簡素化」が盛り込まれました。免税品を増やし世界の観光需要を取り込むことにより、地域経済の活性化、雇用機会の増大につなぐことがその狙いです。この観光業が日本の財政危機緩和の一翼を担うかもしれません。「財政問題は晴れません」今年も残り2ヶ月となりまし

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNAで見た近年の財政

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 SNAで見た近年の財政我が国財政の総合的・整合的把握 ◆財政状況の分析には通常、予算書・決算書等が使用されるが、必ずしも分析のために作られているものではなく、本稿は敢えてSNA統計中心に近年の財政の動向を分析する試みである。◆その結果、まず、一般政府を見ると、支出面では、社会保障給付は高齢者人口の増加に伴い増加を続けてきた一方、1990年代半ば以降は、総固定資本形成の大幅減や、低金利による財産所得の支

2013年6月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

ファンダメンタルズの脆弱な国に容赦ない海外資金 ~経常赤字・財政赤字国では政策余地が乏しく、影響が大きく出やすい~

ファンダメンタルズの脆弱な国に容赦ない海外資金 ~経常赤字・財政赤字国では政策余地が乏しく、影響が大きく出やすい~

インド経済の現状と今後の展望

インド経済の現状と今後の展望~ 鈍化するインド経済は、高成長軌道に復帰するのか? ~ ○インド経済は、2000年代半ばに、1947年の独立以来初めての高成長局面を迎えた。また、リーマンショック直後には、多くの新興国で経済成長率がマイナス転落する中、インドは、中国とともに経済が堅調に推移し、世界から注目された。しかし、2011年以降、インド経済は急速に鈍化している。○インド経済を足元で減速させている直接的な要因のひとつは、金利上昇である。金利上昇の背景となったのはインフレ率の上昇であった。金利上昇

政府債務残高が家計金融資産残高を超える日

政府債務残高が家計金融資産残高を超える日 | ニッセイ基礎研究所 政府債務残高が家計金融資産残高を超える日 経済研究部 主任研究員 石川 達哉日本銀行が“異次元金融緩和”に踏み切って以来、インフレ率と長期金利の先行きに対して様々な見方が交錯し、長期金利が一時期激しく変動することとなった。それでも、政府債務残高の名目GDP比がGIIPS諸国より大きい国の10年物国債利回りが1%に達していないのは、僥倖と言ってもよいだろう。これまで、国内資金による国債の安定的な保有が続いてきたことは、前向きの理由

2013年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月貿易統計輸出は下げ止まるも、やや物足りない印象 ◆2013年1月の貿易統計では、輸出金額は前年比+6.4%と、8ヶ月ぶりの増加に転じ、市場コンセンサス(同+5.6%)を上回った。輸出金額を季節調整値で見ても前月比+3.6%と3ヶ月連続の増加となっており、輸出は下げ止まりつつあると言える。ただし、輸出数量は同▲6.0%と前年割れが続いている。鉱工業生産等の国内景気は輸出数量との連動性が高いことに鑑み

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ