「販売台数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月24日BCNフィードバック数:0デジタル家電

デジタル家電の2017年上半期販売数量 No.1メーカー

デジタル家電の2017年上半期販売数量 No.1メーカーがまとまる2017年7月13日 株式会社BCN(東京都千代田区、奥田喜久男会長兼社長)は7月13日、デジタル家電の実売データを集計する「BCNランキング」に基づき、主要な117のカテゴリ(ハードウェア85、ソフトウェア32)について、2017年上半期(1月-6月)に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。【2017年上半期のトピックス <概況>】今回集計した全117カテゴリでみた実売状況によると、2017年上半期のデジタ

2017年6月23日GfKフィードバック数:0デジタル家電

4Kテレビおよび有機ELテレビの販売動向

「4Kテレビおよび有機ELテレビの販売動向」  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店、総合量販店、インターネット通販における4Kテレビ及び有機ELテレビの販売動向を発表した※1。 【概要】・2017年1-4月の4Kテレビ販売台数は前年比76%増と拡大が継続。・2017年通年では140万台を見込む。 【4Kテレビ市場の成長が継続】4Kテレビ販売は、2017年も好調に推移しており、1-4月では数量前年比76%増、金額前年比40%増となった。同期間のテレビ販売における4Kテレビの構成比は

2017年6月12日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

Bluetooth効果でスピーカ市場は回復の兆し、戦略異なる2社が存在感

2016年以降、需要が落ち込んでいたスピーカ市場が、ここにきて、回復の兆しをみせている。家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」で分かった。スピーカ全体の販売台数伸び率は、16年1月以降前年割れが続いたが、この4月は久しぶりに、わずかとはいえプラスに転じたためだ。その背景には、Bluetooth対応比率が上昇し、高額モデルだけでなく、廉価モデルも売れ行きを高めるなど、多様化が進んでいるためだ。スピーカ市場全体における販売台数伸び率は、15年は前年を超える月も多く、それ

2017年5月15日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

4Kだけではない? テレビ市場が安定している理由

2015年から16年にかけて、縮小が続いていた液晶テレビ市場。16年3月には販売台数伸び率(前年同月比)が6割台まで低迷していたが、同年9月からは継続してプラスとなった。市場が堅調に推移し始めた大きな要因は、4K対応テレビの販売増だが、それ以外にも、非4K対応テレビの平均単価下落や使用耐用年数の経過に伴う買い替え意向増が影響していることが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から分かった。ここでは、市場安定化の要因とその動向について分析していく。まず、15年3月時

2016年11月3日GfKフィードバック数:0モバイル

2016年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向

「GfK調べ:2016年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」 【概要】 ・中南米は5四半期連続のマイナス成長から脱する ・EU離脱決定後のグレート・ブリテンはプラス成長 ・中国は携帯電話会社の補助削減により2017年には需要が縮小する見込み 2016年第3四半期(7-9月)におけるグローバルのスマートフォン販売台数は前年比7%増の3億5300万台、販売金額は同9%増の1040億USドルとなる見込みだ。中国が好調を維持していることに加え、北米以外のすべての地域でプラス成長となって

2016年3月12日GfKフィードバック数:0デジタル家電

コーヒーメーカーの販売動向

新機軸製品が需要を喚起し、市場は4年で1.3倍に拡大  GfK ジャパン(所在地:東京都中野区)は、全国有力家電量販店・総合量販店・インターネット通販等の販売実績を基に、コーヒーメーカー※の販売動向を発表した。※1 【概要】・コーヒーメーカーの年間販売台数は240万台に拡大。全自動タイプが新たに需要を喚起。 【コーヒーメーカー販売は前年比3%増の240万台】調理家電市場は、炊飯器と電子レンジの安定した買い替え需要に下支えされる一方で、健康・美容ブームなどによりヒット商品が生まれては立ち消える市場

2015年10月13日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アイドルストップシステム世界市場に関する調査結果 2015

2015年10月13日 アイドルストップシステム世界市場に関する調査結果 2015 ~回生技術やモータアシストも本格化、48V化も見据えハイブリッド車に迫る~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてアイドルストップシステムの世界市場について調査を実施した。1.調査期間: 2015年7月~9月2.調査対象: 自動車メーカ、カーエレクトロニクスメーカ等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<アイドルストップシステム市場とは>アイドル

平成27年(2015年)08月の中古車統計レポート(輸入車)

平成27年(2015年)08月の中古車統計レポート(輸入車) 2015年08月の輸入中古車市場概要国産車同様、販売台数を減少させた2015年8月の販売台数。前月より30台近く減少しています。ボディタイプ別販売割合を見てみるとコンパクト/ハッチバックタイプが最も大きな割合を占め、次にステーションワゴン、セダン/ハードトップ、クーペ、SUV/クロカンと続きます。前月と比較しながら車種ごとの販売台数を見てみると、販売台数の増減が特別大きかった車種はありませんでした。ただし、どの車種の販売台数もやや減少

平成27年(2015年)08月の中古車統計レポート(国産車)

平成27年(2015年)08月の中古車統計レポート(国産車) 中古車なら車選び.com!最大100枚画像&動画で中古車検索 2015年08月の国産中古車市場概要毎年8月は販売台数が落ち込む月間ではありますが、今年も例年同様、販売台数は前月と比較し大きく減少しました。ボディタイプ別に見てみると、軽自動車では、毎月売り上げ不動の1位を誇るワゴンRの販売台数が前月より30台近く落ちています。ミニバン/ワンボックスタイプの車を見てみましょう。ここ数ヶ月の間、人気車種にランクインする車に変動はあれど、第1

2015年7月16日マークラインズフィードバック数:0大型消費/投資

2015年6月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,市場予測 自動車 自動車販売 自動車販売予測

2015年4月17日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年3月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,グローバル 自動車 自動車販売予測 販売予測

最近の米国経済について

情 報 報 告●最近の米国経済について○2014 年 12 月の米貿易赤字は前月比 17.1%増の 466 億ドルシカゴ商務省は、2014 年 12 月の貿易統計を 2015 年 2 月 5 日に発表した。輸出(サービスを含む国 際収支ベース、季節調整済み)は前月比 0.8%減(前年同月比 1.1%増)の 1,949 億ドル、輸入は 2.2%増(同 4.9%増)の 2,414 億ドルとなった。その結果、貿易赤字は 17.1%増(同 24.5%増) の 466 億ドルとなり、専門家の予測の 380

2015年3月17日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年2月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,予測 世界自動車販売 自動車市場 自動車販売予測

2015年1月9日BCNフィードバック数:0デジタル家電

BCN AWARD 2015

デジタル家電やパソコンなどの販売台数年間No.1メーカー決まる ――「BCN AWARD 2015」 受賞社発表 ~あわせて「BCN ITジュニア賞 2015」受賞者を発表~2015年1月9日デジタル家電やパソコンなどの販売台数年間No.1メーカー決まる――「BCN AWARD 2015」 受賞社発表~あわせて「BCN ITジュニア賞 2015」受賞者を発表~株式会社BCN(本社:東京都千代田区、佐藤敏明社長)は1月9日、「BCN AWARD 2015」の受賞社を発表した。全国の主要家電量販店や

2014年12月16日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年11月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,グローバル 予測 自動車 自動車販売 自動車販売予測

2014年11月17日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,自動車販売 自動車市場予測 グローバル販売

2014年10月17日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,予測 自動車 自動車販売 世界自動車販売 グローバル自動車販売 自動車市場予測

2014年9月18日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年8月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,グローバル 予測 自動車 自動車世界販売 自動車販売予測 自動車予測 自動車世界販売予測

2014年8月25日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年7月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,販売 グローバル市場 自動車市場予測 自動車販売予測 グローバル販売

2014年5月19日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年4月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,自動車 予測 世界自動車販売 自動車市場

2014年5月11日JETRO★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2013年 主要国の自動車生産・販売動向(2014年5月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 2013年 主要国の

2013年10月18日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「エアコン販売動向」 - 2013年度上半期の販売台数は前年を7%上回る

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

2013年7月19日BCN★フィードバック数:0デジタル家電

100を超えるジャンルごとのNo.1がわかります。

パソコン・デジタル家電の2013年上半期 No.1メーカー

パソコン・デジタル家電の2013年上半期 No.1メーカーがまとまる2013年7月19日パソコン・デジタル家電の2013年上半期 No.1メーカーがまとまる株式会社BCN(東京都千代田区、取締役社長:佐藤敏明)は7月19日、パソコン・デジタル家電の実売データを集計する「BCNランキング」に基づき、116アイテムについて2013年上半期(1月-6月)に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。スマートフォンは、アップルがシェア34.6%でメーカー別販売台数1位を獲得し、2位のソニ

2012年度 携帯電話販売代理店の動向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング2012年度 携帯電話販売代理店の動向調査 ◆ 2012年度の販売台数は、上位・有力30社中、上位10社が52.6%、有力20社が10.8%を占める。◆ 2012年度の売上高は上位・有力30社合計2兆2,144億円。対前年比5.9%増加。※携帯電話販売代理店上位・有力30社を集中分析市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、携帯電話販売代理店の現状及び将来動向を調査

2012年7月24日BCN★フィードバック数:5大型消費/投資

デジタル家電の市場データです。

PC・デジタル家電の2012年上半期 No.1メーカー

PC・デジタル家電の2012年上半期 No.1メーカーがまとまる2012年7月24日PC・デジタル家電の2012年上半期 No.1メーカーがまとまる株式会社BCN(東京都千代田区、代表取締役:奥田喜久男)は7月24日、PC・デジタル家電の実売データを集計する「BCNランキング」に基づき、107アイテムについて2012年上半期(1月-6月)に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。上半期PC・デジタル家電市場のトピック 2011年に終焉を迎えた地デジ化特需の反動で、2012年上

2011年10月14日BCNフィードバック数:0モバイル

2年で10倍増と急拡大しているスマートフォンアクセサリ市場

2年で10倍増と急拡大しているスマートフォンアクセサリ市場2011年10月13日2年で10倍増と急拡大しているスマートフォンアクセサリ市場――スマートフォンの活況が関連市場を活性化、無線LAN市場も伸び続く前年同月比で207.1%(2011年9月現在)と大きく伸びているスマートフォン市場だが、この影響で関連アクセサリや無線LANといった周辺市場も活況を呈している。特にケースや保護フィルムといったスマートフォンのアクセサリ市場の伸びは大きく、この2年で10倍以上に急拡大した。全国主要家電量販店の実

2011年7月25日BCN★フィードバック数:2デジタル家電

アナログ停波により地デジチューナーの売れ行きが14倍だそうです。

地デジ化でチューナーが最大14倍超の売れ行き

地デジ化でチューナーが最大14倍超の売れ行き2011年7月25日地デジ化でチューナーが最大14倍超の売れ行き――テレビは最大2.8倍、レコーダーは2.9倍、地デジ化特需最終局面でテレビのアナログ停波が実施され地デジ化特需の最終局面を迎えた7月24日。テレビやデジタルチューナー、レコーダーの関連3製品の販売が山を越えた。7月第3週(18-24日)の販売台数前年同週比では、テレビが218.7%、デジタルチューナーが717.4%、レコーダーは285.6%を記録し、売り上げを大きく伸ばした。しかし7月に

2011年版 携帯電話販売代理店・全国/地域別流通の現状及び将来動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 2011年版 携帯電話販売代理店・全国/地域別流通の現状及び将来動向• 携帯電話販売代理店上位・有力30社を集中分析携帯販売台数、売上高、利益と利益率、及びキャリア別・地域別、販売チャネルの動向等を分析• 販売台数は、上位・有力30社中、全国系上位代理店10社が47%、それ以外20社が10%を占める。• 売上高は上位・有力30社合計1兆8,284億円、対前年比6.7%増加。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・

2010年10月19日MMDLaboフィードバック数:76モバイル

日本国内のスマートフォン市場に関する有識者アンケート調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 日本国内のスマートフォン市場に関する有識者アンケート調査 日本国内のスマートフォン市場に関する有識者アンケート調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、IT・モバイルジャーナリスト、IT関連メディア、スマートフォン関連書籍関係者、IT・情報・工学専攻の大学教授といった、有識者の20人にご協力いただき、「日本国内のスマー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ