「販売数量」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月3日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2017年上半期における玩具の販売動向

「2017年上半期における玩具の販売動向」 - 金額前年比11%増と好調に推移  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2017年上半期の玩具※販売動向を発表した。※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品、雑貨等を含まない純玩具。なお、シミュレーション・カードゲームも含まない。 【概要】・ 2017年上半期の純玩具販売額は前年比11%増と成長が続く。・「それいけ!アンパンマン」をはじめ、主要キャラクターの販売も前年の実績を上回る。・ 純玩具

2017年7月24日BCNフィードバック数:0デジタル家電

デジタル家電の2017年上半期販売数量 No.1メーカー

記事本文および記事中の画像・グラフ等の無断転載を禁じます。 また、各記事の内容は執筆時のものです。現在とは異なる可能性がありますが、ご了承ください。

2017年3月1日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2016年のゴルフ用品販売動向

GfKジャパン(東京:中野区)は全国有力ゴルフ用品取扱店の実店舗およびインターネット通販における販売実績を基に2016年の主要ゴルフ用品の小売販売動向を発表した。 【概要】・2016年の主要ゴルフ用品の小売販売金額は前年比5%減。インターネット通販は同3%増と成長。 【2016年のゴルフ用品小売市場規模は前年比5%減】2016年の主要ゴルフ用品小売市場規模※1は、前年比5%減の1,302億円となった(図1)。市場の6割を占めるクラブは同4%減、ボール、用品類※2も市場規模が縮小した。こうした中、

2017年2月26日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2016年 家電・IT市場動向

GfKジャパン(東京:中野区)は、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データ等を基に、2016年の家電およびIT市場の販売動向を発表した※1。 【国内家電流通】2016年の家電小売市場規模は前年比1.5%減の7兆円となった。分類別では大型生活家電が洗濯機やエアコンなどの平均価格の上昇に下支えされ金額前年比2%増。小型生活家電も空気清浄器、ドライヤー、オーブントースターなどが成長し前年を上回った。一方、IT関連製品はパソコン本体と周辺機器の需要減が続きマイナス成長となった。AV関連製品は、4Kテレ

2016年9月4日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2016年上半期 ゴルフ用品小売市場動向

GfKジャパン(東京:中野区)は全国有力ゴルフ用品取扱店の実店舗およびインターネット通販における販売実績を基に2016年上半期(1月~6月)の主要ゴルフ用品の販売動向を発表した。 【概要】・2016年上半期の主要ゴルフ用品小売市場は金額前年比1%増。・クラブは同5%増で、ユーティリティやクラブセットの伸びが顕著。用品類とボールはマイナス成長。【2016年上半期のゴルフ用品小売市場はクラブがけん引し微増】2016年上半期(1月-6月)の主要ゴルフ用品小売り市場※1は、金額前年比1%増の671億円と

2016年8月7日GfKフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアクセサリーの販売動向

「スマートフォンアクセサリーの販売動向」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、家電量販店におけるスマートフォンアクセサリー※1の販売動向※2 を発表した。 【概要】・上半期のスマートフォンアクセサリー販売は数量ベースでは前年比1%減となるも、金額では同8%増・縮小基調にあった充電器だが、「Pokémon GO」の配信開始週では販売数が前年の1.6倍に急伸 【高価格帯製品の伸びにより上半期は金額規模で拡大】2016年上半期(1-6月)の家電量販店におけるスマートフォンアクセサリー販売は、数

2016年5月18日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

「ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、ウェアラブル端末※1の販売動向※2、および購入・利用実態調査※3の結果を発表した。 【概要】・2015年度のウェアラブル端末の販売台数は前年の1.8倍。高機能モデルの伸長により平均単価は5割上昇。・今後の購入は女性、中高齢者など幅広い層へ。 【ウェアラブル端末の販売数は前年比83%増 】2015年度(2015年4月~2016年3月)のウェアラブル端末販売は、参入メーカーと発売モデルの増加により、数量前年

2016年2月14日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2015年 家電・IT市場動向

GfKジャパン株式会社(東京:中野区)は、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データ等を基に、2015年の家電およびIT市場の販売動向を発表した※1。 【国内家電流通】2015年の家電小売市場規模は前年比5.7%減の7兆1,100億円となった。IT関連製品は前年のWindows XPサポート終了以降消費が上向かず、また、大型生活家電や季節家電では冷夏・暖冬がマイナス要因となった。話題となったインバウンド需要も、局地的には影響が見られたものの、市場全体では明確な押し上げ要因とはならなかった。こうし

2015年6月30日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年5月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年5月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年5月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年5月末)」、「民間在庫の推移(平成27年5月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2015年5月29日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年4月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年4月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年4月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年4月末)」、「民間在庫の推移(平成27年4月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2015年4月29日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年3月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年3月) 農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年3月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年3月末)」、「民間在庫の推移(平成27年3月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりき

2015年3月31日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年2月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年2月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年2月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年2月末)」、「民間在庫の推移(平成27年2月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2015年2月27日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年1月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年1月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成27年1月)」、「産地別契約・販売状況(平成27年1月末)」、「民間在庫の推移(平成27年1月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2015年1月30日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年12月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年12月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成26年12月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年12月末)」、「民間在庫の推移(平成26年12月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係る

2014年12月28日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年11月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年11月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成26年11月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年11月末)」、「民間在庫の推移(平成26年11月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係る

2014年11月28日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年10月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年10月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成26年10月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年10月末)」、「民間在庫の推移(平成26年10月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係る

2014年11月2日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年9月)

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年9月)農林水産省は、平成26年産米の「相対取引価格・数量(平成26年9月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年9月末)」、「民間在庫の推移(平成26年9月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2014年9月30日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

ブランドごとの価格が見られます。

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年8月)農林水産省は、平成25年産米の「相対取引価格・数量(平成26年8月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年8月末)」、「民間在庫の推移(平成26年8月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2014年8月31日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年7月)

平成25年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成26年7月)農林水産省は、平成25年産米の「相対取引価格・数量(平成26年7月)」、「産地別契約・販売状況(平成26年7月末)」、「民間在庫の推移(平成26年7月末)」等について取りまとめました。 背景今回の米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回鉄鋼今回コメント中国鋼材市況の上昇や、自動車メーカー向け鋼材の値上げ実施、コスト削減進展が業績の下支え要因となり、今後1年間は増益となる見通し。非鉄・電線電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、競争環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、自動車向けは回復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、総じて今後1年程度は横ばいとなる見通し。化学石油化学は、供給過剰や中国需要の減速を背景にアジア市場のマージンが低迷、今後も収益の持

2013年10月4日JTフィードバック数:0ライフスタイル

国内紙巻たばこ販売実績速報(2013年8月)

2013 年 9 月 13 日各位会 社 名日本たばこ産業株式会社代 表 者 名 代表取締役社長 小泉 光臣(コード番号 2914 東証問合せ先第一部)IR広報部(TEL 03-3582-3111(代表))国内紙巻たばこ販売実績速報(2013 年 8 月)について2013 年 8 月における当社の国内紙巻たばこ販売実績速報につきまして、下記のとおりお知らせします。記(億本、億円単位未満四捨五入)2012 年度販売数量(注)2013 年度単月(8 月)累計(4-8 月)単月(8 月)累計(4-8

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ