「貯蓄率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容

【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米個人所得・消費支出】消費支出は09年8月以来の高い伸び。消費の堅調を確認する内容。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:個人消費支出は前月から伸びが加速6月25日、米商務省の経済分析局(BEA)

米国・欧州主要国の景気概況(2015年6月)

I.米国経済【景気概況】 景気は緩やかに拡大しているが、弱めの動きが目立つ【トピック】 年始以降の貯蓄率の上昇をどう評価するか【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに回復している【トピック】 緊迫感を強めるギリシャ情勢【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気は減速しているが、底堅さを維持している【英国の主要経済指標】

2015年4月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

高い貯蓄率が今後の消費加速を物語る

高い貯蓄率が今後の消費加速を物語る

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

マイナスの家計貯蓄率 国債消化 焦点は企業貯蓄

マイナスの家計貯蓄率 国債消化 焦点は企業貯蓄内閣府が昨年末に発表した2013年度の国民経済計算で、家計貯蓄率がマイナス1.3%となったことが大きく報じられた。エコノミストらの間では1年ほど前から指摘され、日本経済の先行きに与える影響についても議論が繰り広げられてきた。直近の家計貯蓄率は11年度の2.2%から2年で3.5ポイント低下している。大きな数字のように思えるが、実は00年代初頭には、1999年度の8.1%から01年度の3.5%へと、2年で4.6ポイントもの低下が起きていた。過去2回の大幅

2014年8月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

反動減にとどまらない消費増税の影響は、なぜ「想定外」だったのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 反動減にとどまらない消費増税の影響は、なぜ「想定外」だったのか 消費増税は、「代替効果」と「所得効果」の2つの効果を通じて消費に影響を与える。「代替効果」は消費増税前の駆け込み需要と、その反動である。駆け込み需要と反動は概ね同等になると考えられ、この意味では代替効果が「想定内」となるのも当然だ。他方で本質的に重要な意味を持つのは「所得効果」である。これは消費増税によって物価が上昇した分だけ、実質所得が

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

合理は不合理、不合理は合理

よく分かる!経済のツボ合理は不合理、不合理は合理経済調査部貯蓄は“美”か?藤代 宏一るからです。個々人が貯蓄を優先しないこと貯蓄とは「収入-支出」です。私たち日本人が、結果的に全体の良い結果に繋がった訳では貯蓄と聞くと「無駄使いをせず倹約に努める」す。バブル崩壊後の日本では生活防衛意識のといったような堅実で良いイメージを持ちます。高まりによって貯蓄が優先された結果、経済派手な消費よりも貯蓄を“美”とする文化的背が縮小均衡してしまいましたが、現在の米国景があるようにも感じられます。また、「将来ので

2014年5月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国の貯蓄率はなぜ高いのか-中国リスクのもうひとつの見方

中国の貯蓄率はなぜ高いのか-中国リスクのもうひとつの見方

2013年12月22日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

貯蓄率・貯蓄の低下には高齢化ではなく賃金・俸給の減少等が大きく影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貯蓄率・貯蓄の低下には高齢化ではなく賃金・俸給の減少等が大きく影響貯蓄率・貯蓄再考 ◆我が国のSNAベースのマクロの家計貯蓄率は低下傾向を続けており、その主因として、ライフサイクル仮説に基づき、高齢化の進展があげられてきた。しかし、分子と分母に分けて見ると、様相はかなり異なり、1990年代後半からの分子の貯蓄額の低下が目立つ。◆1998年以降のデフレ期におけるマクロの貯蓄額の減少には、雇用者報酬受取の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ