「買い控え」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月17日LiBフィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍推進政策、約85%が「働きやすくなった実感はない」 一方で、「最も女性の活躍を推進してくれそうな政党」は自民党という結果に

ハイキャリア女性の転職サイト『リブズキャリア』×主婦に特化した人材サイト『しゅふJOB』共同調査女性の活躍推進政策、約85%が「働きやすくなった実感はない」 一方で、「最も女性の活躍を推進してくれそうな政党」は自民党という結果に 2014年12月16日2014年も様々なニュースがありました。セクハラやじ、消費税増税、女性官僚のダブル辞任...。安倍政権の女性活躍推進政策が打ち出されたことによって、働く女性に関するニュースが増えた一年でもありました。そのような背景を受け、働く女性は自身の生活に直結

2014年7月29日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

主婦対象の調査です。

「増税後の主婦の消費意識」調査

NEWS博報堂消費税対策研究プロジェクト、「増税後の主婦の消費意識」調査 2014年07月29日 増税後に買い控えしたのは57.6%。価格表示の変更も大きな影響■買い控えの理由:「商品の値ごろ感が分からなくなった=76.0%」「価格表示が分からなくなった=74.0%」■メリハリ消費の意識高まる:「たまの外食は、おいしいものを食べたい=85.4%」2014年7月29日博報堂は、2014年4月より実施された消費増税に関し、増税後の消費行動について20代~60代の主婦500人に調査し速報をまとめました

2014年7月27日マインドシェアフィードバック数:0ライフスタイル

約70%が影響あり!? 消費税増税の家計へのダメージは?

2014年4月1日の消費税増税時には、 一時期「駆け込み消費」や「買い控え」が話題になりましたが、 その後の家計への影響って実際どうなのでしょうか?増税の前と後を振り返ってみてのリアルな感想を 家計を握るママたちにたずねてみました!『消費税増税で家計に影響出ている?』(2014年5月時点) 1位 「ちょっと影響が出ている」45% 2位 「かなり影響が出ている」25% 3位 「あまり影響が出ていない」20% 4位 「考えたことがない」6% 5位 「全く影響が出ていない」1%「ちょっと影響が出ている

「物価と消費に関するアンケート」(滋賀県内在住者)

しがぎん経済文化センター 「2014 年夏季、物価と消費に関するアンケート」(県内在住者)2014 年7月「物価と消費に関するアンケート」結果暮らし向きは3年ぶりに悪化、世帯収入は小幅改善物価は連続上昇、今後も高い水準が続く見通し円安による輸入価格の上昇や燃料・光熱費の上昇、消費税増税も相まって物価は大幅に上昇している。このような状況が、家計や個人消費の動向にどのような影響を及ぼしているのかを調査するため、県内の滋賀銀行店頭にご来店の女性を対象に「2014 年夏季、物価と消費に関するアンケート」

2014年6月1日國學院大學フィードバック数:0ライフスタイル

渋谷の大学生に聞く消費増税 1 ヶ月の意識

【独自調査】渋谷の大学生に聞く消費増税 1 ヶ月の意識ー大学生の 8 割が増税意識、買い控えが3 割―2014年5月29日更新5月30日に総務省から家計調査4 月分が公表されるのを前に、國學院大學(学長:赤井益久)では、本学学生を対象に4 月の消費増税後の消費に関するアンケート調査を実施し651名から有効回答を得ました。主な調査結果・調査概要は下記のとおりです。 ◎ 大学生全体の 8 割が消費増税を意識 ◎ 増税直後の「買い控え」行動は大学生の 3 人に1 人 ◎ 飲食・交際費において全体の消費

2014年5月8日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年5月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・5月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年05月07日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●5月は [消費意欲指数=44.3点][デフレ生活指数=63.3点]2014年5月7日 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【5月の消費動向】(消費意欲・デフレ

2014年4月24日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

『消費税増税 影響分析プロジェクト』 レポート第3弾

小売店の販売前年比は4月7日週で下げ止まり増税後の反動は6%減にとどまる日常生活に必要な品目では買い控えは限定的一方、嗜好品では買い控え品目が多い増税による個人消費への影響度は3月より改善 株式会社インテージは、『消費税増税 影響分析プロジェクト』(※1)の一環として、「増税後3週間経過しての小売店販売実態と消費者購買意識調査」を実施しました。本調査は、当社の “SRI(全国小売店パネル調査)”(※2)から沖縄を除いた全国のスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアの生活必需品(※3)の販売

2014年4月24日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

『消費税増税 影響分析プロジェクト』 レポート第2弾

増税による食品・日用品への影響は限定的増税前のまとめ買い購入者は46.5%まとめ買い品目は、オムツやトイレットペーパーなど“腐らない”日用雑貨品が上位増税後の買い控え検討者は23.8%買い控え品目は、食糧や飲料では嗜好品が上位 株式会社インテージは、「消費税増税 影響分析プロジェクト」(※1)の一環として、『増税直前の消費者購買意識調査』を実施しました。本調査は、消費税増税直前の2014年3月29日~30日にインテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち、全国20~69才の男女1,141人を

2014年4月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・4月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・4月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年04月02日 ●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●4月は [消費意欲指数=43.7点][デフレ生活指数=62.8点]2014年4月2日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【4月の消費動向】(消費意欲・デフレ

2013年10月27日ドゥ・ハウスフィードバック数:0マーケティング

値上がり後の主婦の気持ちの変化

値上がり後の主婦の気持ちの変化 節約が習慣化しており、値上がりにも大きく動じない冷静な買い物をしている 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役:稲垣佳伸)は全国の20歳以上の既婚女性にWEBアンケートを実施。937名から回答を得ました。2013年4月より食品や公共料金等さまざまな商品・サービスにおいて値上げが行われ、今後も各分野での値上げが相次いでいく可能性があります。4月の値上げから3ヵ月経った7月時点で、家計を預かる主婦の買い物と家庭における気持ちと行動の変化を探りました。※詳細は、

2008年11月17日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

今年買った最高額商品、4割半がネットでゲット

今年買った最高額商品、4割半がネットでゲット 高額商品に関する意識調査 今年買った最高額商品、4割半がネットでゲット相次ぐ値上げや株価の下落などの影響で落ち込む個人消費。実際のところ、ネットユーザーは高額品をどの程度購入しているのだろうか。20代から40代を中心とする男女374名の回答を集計した。今年購入した最も高価な商品の金額は、「5万円未満」が48.4%と半数近く。次いで「5万円~10万円未満」が20.3%、「10万円~20万円未満」が17.4%で続いた。男女別、年代別でも「5万円未満」がト

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ