「買い時」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月14日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第38回マンション購入に対する意識調査

第38回マンション購入に対する意識調査の公表【要旨】■価格が「高い」が67.6%、「買い時ではない」も+4ポイント増■一年後の価格予測は「横ばい」が+8ポイント増加し54.8%と半数を超え、大きな値崩れ予想は少数■東京23区では74.8%が「価格が高い」と回答、その他のエリアに対し17ポイントの差、23区への割高感が強い新築分譲マンション購入・売却検討者20万人を有する不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」は、今回で38回目となるマンション購入検討者の定例意識調査を行いました。「住

2017年6月7日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

不動産投資に関する意識調査(第7回)

2017年の不動産投資市場「売り時?買い時?」「売り時」の回...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 2017年の不動産投資市場「売り時?買い時?」 「売り時」の回答が過半数。理由は「価格の高騰」85.2%不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、同サイトの会員を対象とした「不動産投資に関する意識調査(第7回)」を実施いたしました。売り時の期限は「2018年まで」が最多健美家の行っ

2017年5月12日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第37回マンション購入に対する意識調査

第37回マンション購入に対する意識調査の公表【要旨】■買い時DIは-29.0ポイントと、過去最低値に。買い時感が低迷している■購入検討者のマンション価格予測、1年後「上がる」が前回より大幅減少不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、自社が運営する「住まいサーフィン」にて、マンション購入検討者の定例意識調査を実施いたしましたので公表します。本調査は、自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員のうち、直近3か月間に新築マンションの

住宅購入に関する意識調査(第12回)

「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた44.6%が「買い時」と回答し、前回調査(2016年7月)と比べると3.5ポイント減少した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く68.7%、「今後、消費税の引き上げが予定されている」44.9%、「今後、住宅ローンの金利が上がると思われる」32.3%と続く。 今後の不動産の価格については、「上がると思う」は23.2%となり前回比で1.4ポイント減少した。 「横ばいで推移すると思う」は35.1%で前回

2016年11月8日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第35回マンション購入に対する意識調査

第35回マンション購入に対する意識調査の公表【要旨】■購入検討者の7割が現在のマンション価格を「高い」と回答■「買い時である」と思う人は金利の低さを、「買い時ではない」と思う人は価格の高さを理由に挙げている不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、自社が運営する「住まいサーフィン」にて、マンション購入検討者の定例意識調査を実施いたしましたので公表します。本調査は、自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員のうち、直近3か月間に新

住宅購入に関する意識調査(第11回)

2016 年 8 月 3 日野村不動産アーバンネット株式会社報道関係者各位不動産情報サイト「ノムコム」住宅購入に関する意識調査(第 11 回)を実施~「不動産は買い時」との回答は 48.1%となり、前回比 6.8 ポイント上昇~マイナス金利導入に伴う住宅ローン金利の低下が、購入検討者のマインドに影響野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:前田 研一)は 2016 年 7 月 8 日(金)~7 月 14 日(木)、不動産情報サイト「ノムコム」(http://www.nom

不動産購入に関する意識調査アンケート 第10回調査

「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた41.3%が「買い時」と回答し、前回調査(2015年7月)と比べると4.9ポイント減少した。 居住地別の回答結果を見ると、埼玉県、千葉県においては「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた約5割の方が「買い時」と回答している。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く69.1%(前回比4.7ポイント増加)、「今後、10%への消費税の引き上げが予定されている」51.5%(前回比11.3ポ

住宅購入に関する意識調査アンケート第9回

不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ46.2%が「買い時」と回答し、前回調査(2015年1月)と比べると7.3ポイント減少した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く64.4%、「今後、10%への消費税の引き上げが予定されている」40.2%、「今後、不動産価格が上がると思われる」39.6%と続く。 買い時だと思わない理由については、「不動産価格が高くなった」が最も多く64.9%、「今後、不動産価格は下がると思われる」が4

2015年8月4日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

マンション価格指数および購入に対する意識調査

マンション価格指数および購入に対する意識調査の公表について【要旨】 ■マンション価格指数は新築、中古ともに2002年以降で最高値に ■価格の高さを実感する人が増えているが、1年後の価格上昇を見込み、購入意欲が維持されている不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を実施いたしましたので公表します。今回から、新築および中古マンションの価格指数推移の公表も同時に行います。■新築、中古マンション価格指数スタイルア

第7回-住宅購入に関するアンケート調査

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 第7回−住宅購入に関するアンケート調査 (ページ:1/1)景況感は回復せずとも、住宅の買い時感は回復傾向 マイホームは“夢の実現”より“現実思考”調査概要1) 調査名 :「住宅購入に関するアンケート調査」2) 調査方法 :「ハッピーリッチ・アカデミー」、「二世帯住宅大作戦」、「住宅ローン大作戦」 「土地活用大作戦」上でのアンケートにて選択式にて回答を得た。3) 調査対象 :住宅購入前、住宅購入後のそれぞれのイ

不動産投資についての調査です。

第7回 不動産投資に関する意識調査

不動産投資・収益物件、投資用不動産のことなら 第7回 不動産投資に関する意識調査 調査時期2015年5月20日(水)~5月26日(火) 投資用物件の買い時感については、「買い時だと思う」「間もなく買い時が来ると思う」を合わせると56.3%で半数以上が買い時と回答、「買い時だと思う」が1年前の前回調査に比べ2.2ポイント減少し40.1%、「買い時はしばらく来ないと思う」が前回調査より2.3ポイント増加し43.6%という結果となった。買い時だと思う理由金利が低いため金融機関が融資に積極的なためオリン

2015年3月31日住宅金融支援機構★フィードバック数:0大型消費/投資

市場動向アンケートです。

平成27年度における住宅市場動向調査結果

平成27年度における住宅市場動向について平成27年3月余白■調査のポイント①調査の概要住宅事業者、一般消費者及びファイナンシャルプランナーの三者に対し、今後の住宅市場に関する事項についてアンケート調査を実施し、その結果を取りまとめた資料です。②調査結果の主なポイント【平成27年度の住宅市場】■住宅事業者の平成27年度(平成27年4月~平成28年3月)の受注・販売等の見込みは以下のとおりです。・「平成26年度(平成26年4月~平成27年3月)と同程度」が47.4%と最も多かったが、「平成26年度と

住宅の購入やローンについての調査です。

第8回 住宅購入に関する意識調査アンケート[ 2015年1月 ]

不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ53.5%が「買い時」と回答し、前回調査(2014年7月)と比べると0.1ポイント増加した。 買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く73.4%。「10%への消費税の引き上げが予定されている」41.5%、「今後、不動産価格が上がると思われる」34.2%と続く。 今後の不動産の価格については、「上がると思う」が最も多く39.6%と前回比で4.6ポイント減少した。 「横ばいで推移すると思う」が30

住宅購入に関するアンケート 2014

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 第6回−住宅購入に関するアンケート調査 (ページ:1/1)消費者マインドの冷え込み!住宅の買い時感は下降実際の住宅購入検討層では7割強が「買い時である」とし乖離調査概要 1) 調査名 :「住宅購入に関するアンケート調査」 2) 調査方法 :ハイアス運営サイト「二世帯住宅大作戦」、「住宅ローン大作戦」、 「土地活用大作戦」上でのアンケートにて選択式にて回答を得た。 3) 調査対象 :住宅購入前、住宅購入後のそれ

不動産投資に関する意識調査(第6回)

2014 年 6 月 5 日野村不動産アーバンネット株式会社報道関係者各位投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」不動産投資に関する意識調査(第 6 回)を実施~買い時感は下がったが、購入意向(投資マインド)は旺盛~これから有望な投資エリアの 1 位は「品川・泉岳寺」、2 位~4 位は東京湾岸エリア!野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島 青史)は、2014 年 5 月 16 日~5 月 22 日、投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」(http://www.nomu.

2014年3月30日住宅金融支援機構★フィードバック数:0大型消費/投資

住宅市場についてのアンケートです。

平成26年度における住宅市場動向調査

平成26年度における住宅市場動向について平成26年3月■調査のポイント①調査の概要一般消費者、住宅事業者及びファイナンシャルプランナーの三者に対し、今後の住宅市場に関する事項についてアンケート調査を実施し、その結果を取りまとめた資料です。②調査結果の主なポイント【一般消費者】•住宅取得を検討している人のうち75.7%が、「これから1年間(平成26年度)は住宅の買い時」だと回答•住宅事業者選びで重視するポイントは「省エネや耐震などの性能面」が最も多く、51.2%【住宅事業者】•平成26年度の受注・

消費税もテーマになっています。

住宅購入に関する意識調査(第6回)

2014 年 1 月 22 日野村不動産アーバンネット株式会社報道関係者各位不動産情報サイト「ノムコム」住宅購入に関する意識調査(第 6 回)を実施~「不動産は買い時」と 62.4%が回答~東京五輪開催は「不動産価格を押し上げる効果がある」と 68.1%が回答野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島 青史)は、2014 年 1 月 7 日(火)~1 月 13 日(月)、不動産情報サイト「ノムコム」(http://www.nomu.com/)の会員を対象とした「住宅購

第23回 マンション購入に対する意識調査

「1年後の価格が上がる」と予想する人が7割、建築費や土地価格の上昇が価格UP要因の上位に。購入意欲は高い状態が続いているが、買い時感は、価格上昇傾向を嫌った消費者が増え微減した。不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較している。(第1回は2008年4月、今回で23回目) 自

住宅購入についての調査です。

第5回 住宅購入に関するアンケート調査

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 第5回−住宅購入に関するアンケート調査 (ページ:1/1)アベノミクス効果!?マイホームの買い時感に回復傾向「マイホームの夢」を取り戻す調査概要1) 調査名 :「住宅購入に関するアンケート調査」2) 調査方法 :ハイアス運営サイト「二世帯住宅大作戦」、「住宅ローン大作戦」、「土地活用大作戦」上でのアンケートにて選択式にて回答を得た。3) 調査対象 :住宅購入前、住宅購入後のそれぞれのインターネットユーザー4)

マンション購入意欲です。

第22回 マンション購入に対する意識調査

「購入意欲」は前回より更に上昇、「不動産情報サイト接触」は第2次安倍政権発足後に急増消費税増税よりインフレ懸念が購入意向を後押ししている不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入者側の価格への意識などを中心に購入検討者心理を四半期単位で時系列比較している。(今回で22回目) 自社インターネットサイト「住まいサー

住宅購入についての意識調査です。

住宅購入に関する意識調査(第5回)

2013 年 7 月 24 日野村不動産アーバンネット株式会社報道関係者各位不動産情報サイト「ノムコム」住宅購入に関する意識調査(第 5 回)を実施~「不動産は買い時」と 63.3%が回答~「不動産価格は上がる」、「住宅ローン金利は上がる」の回答が大幅増加野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島 青史)は、2013 年 7 月 2 日(火)~7 月 8 日(月)、不動産情報サイト「ノムコム」(http://www.nomu.com/)の会員を対象とした「住宅購入に関

2013年5月7日長谷工アーベストフィードバック数:0大型消費/投資

長谷工アーベスト「お客様意識調査(4月)」

2013 年 4 月 22 日「景気回復への期待感」、「マンション価格の先高感」を背景に住宅の買い時感は 2008 年のリーマンショック以降最も高い水準へ。~長谷工アーベスト「お客様意識調査(4 月)」より~㈱長谷工アーベスト(本社:東京都港区・関西支社:大阪市中央区、社長:岡 正德)が、近畿圏居住者(モニター)を対象に 2013 年 4 月に実施した WEB アンケート「お客様意識調査」を集計・分析しました。「今後の景気動向」については、株価上昇・円安傾向の影響もあり、「次第に良くなる」と思う

第21回 マンション購入に対する意識調査

「今は買い時」という意識は大幅に上昇、調査開始以来の最高となった「購入意欲」も上昇しており、「今は買い時」と同様に過去最高を更新した物件価格の上昇懸念も過去最高となり、インフレ期待で前倒し購入を考える層は4割を超えた不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入者側の価格への意識などを中心に購入検討者心理を四半期単位

2013年4月9日オークファン★フィードバック数:0マーケティング

商品ごとに独自のバリュースコア(再販価値数)を算出しています。

バリュースコア(再販価値数)「value fan」

商品の価格比較買う時売る時の価格を 各マーケットで一括比較できます 商品のスコアづけオークファンのデータを使用して 独自に商品の価値をスコア付けします 買い時/売り時を把握商品の価格予測を基に 商品の買い時や売りどきを表示します。Copyright©ネットオークション落札価格相場統計検索サイト「オークファン」aucfan Co., Ltd. All Rights Reserved.

住宅の購入やリフォームについての調査です。

住宅購入に関する意識調査(第3回)

不動産について、「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせ60.4%が「買い時」と回答し、前回調査(2012年1月)から10.7ポイント増加した。1年前の2011年7月調査からは2回連続で「買い時」の回答が増加する結果となった。 買い時と判断する理由については、「今後、消費税が引き上げられる可能性が高い」が58.6%と前回比で6.7ポイント増加した。また、前回調査と同様に「住宅ローン金利が低水準」の回答が77.3%と最も多く、前回比で4.5ポイント増加した。 不動産の価

不動産投資サイトの会員調査です。

不動産投資に関する意識調査(第4回)

不動産投資・収益物件、投資用不動産のことなら 第4回 不動産投資に関する意識調査 調査時期2012年5月22日(火)~5月27日(日) 投資用物件は「買い時だと思う」の49.5%と「間もなく買い時が来る」の29.2%を合わせて78.7%の投資家は現在のマーケットを「買い時」と回答。1 年前の前回調査と比べると4.5 ポイント減少しているものの投資用物件の「買い時」感は高い水準で推移している。 1年後の不動産価格の予測は、「上がる」が13.9%と前回調査より2.6 ポイント減少し、「横ばいで推移

不動産購入についての意識調査です。

第2回 住宅購入に関する意識調査アンケート

消費税の引き上げが決定した場合、「住宅購入計画に影響を受ける」と58.0%が回答。一方で「影響は受けない」との回答は18.1%に留まり、「わからない」の回答が23.9%あった。 住宅購入計画に影響を受けると回答した方に「どのような影響を受けるか」を問う設問では、「できるだけ消費税引き上げ前に購入したい」の回答が45.6%と最も多く、「予算等の購入計画を見直したい」が35.9%、「購入自体を見送る」という回答も16.9%あった。消費税の増税が決定した場合は、購入計画の前倒しを検討する方が出るこ

不動産投資に関する意識調査

不動産投資・収益物件、投資用不動産のことなら 投資物件は「今が買い時」、「間もなく買い時が来る」を合わせて約9割が「買い時」と回答。 物件価格の底は、「既に底を打っている」が約2割。「半年以内」「1年以内」の底打ち予想が5割弱。 昨今の不動産価格下落の影響で、利回りは右肩上がりで上昇していますが、今年の3月以降、利回りの上昇に一服感がでており、頭打ちの状態になっています。この平均利回り推移表からも、今のマーケットが「買い時」と読み取れるかもしれません。 約9割の投資家が今のマーケットを「買い

2009年1月26日楽天リサーチフィードバック数:3大型消費/投資

不動産に関する日中調査

2009年1月21日楽天リサーチ株式会社(代表取締役社長:森 学、本社:東京都品川区)は、不動産に関するインターネット調査を日本と中国で同時に実施した。今回の調査は、楽天リサーチ登録モニター(約160万人)のうち、日本全国の20~49歳の男女計1,000人(男女各500人)と、中華人民共和国の北京、上海および広州に在住の20~49歳の男女480人を対象にしたもの。12月19日から22日にかけて実施した。 ■「様子見」思考の日本人と、購買のタイミングを計る中国人 ・居住地域の5年後の不動産価格の予

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ