「貸出態度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの長い冬、ロシア経済の悪化は続く

リサーチ TODAY2015 年 5 月 29 日ロシアの長い冬、ロシア経済の悪化は続く常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ロシアでは2014年に実質GDP成長率が+0.6%と、かろうじてプラス成長を維持したものの、2015年入り後は、内需を中心に景気悪化が急速に進行している。内需悪化の直接的な要因は、実質賃金の減少、銀行貸し出しの減速、企業収益の悪化などである。みずほ総合研究所は原油価格下落のロシア経済への影響に関するリポートを発表している1。そこではウクライナ危機の長期化や原油安の継続

2014年10月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月日銀短観から読み解く企業の資金繰り良好な資金調達環境も資金繰り判断DIは改善せず。 2014年10月2日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年9月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査と同じ10%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査から2%pt高い17%pt、借入金利水準判断DIは

2014年8月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

足踏みが続く米国住宅市場の行方-供給制約には緩和の兆しも、本格的な回復には所得環境の改善が不可欠

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 7 月 31 日 No.2014-023足踏みが続く米国住宅市場の行方― 供給制約には緩和の兆しも、本格的な回復には所得環境の改善が不可欠―調査部 研究員 芝亮行《要 点》 米国住宅市場の回復は、2013 年半ば以降、足踏み状態が続いている。発端は、2013 年5月にバーナンキFRB議長 (当時) が金融緩和の縮小に言及したことをきっかけ に長期金利および住宅ローン金利が大幅に上昇したことにある。  もっとも、

2013年4月29日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業景況調査(2013年4月調査)

中小企業景況調査(2013年4月調査) 要約版[概況] 中小企業の売上げDIは、マイナス幅が拡大~売上げ見通しDIは、3カ月連続のプラス水準~1売上げ4月の売上げDI(「増加」-「減少」)は、▲1.2から▲3.9へとマイナス幅が拡大した。売上げ見通しDI(「増加」-「減少」)は、4.7から3.7へと低下した。2利益利益額DIは、2.5から▲7.9へと低下した。3価格販売価格DI(「上昇」-「低下」)は、▲1.2から▲0.6へと上昇した。仕入価格DI(「上昇」-「低下」)は、26.2から27.0へ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ