「貸出条件」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRB銀行上級貸出担当者調査(2015年1月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FRB銀行上級貸出担当者調査(2015年1月)貸出基準はほぼ変わらず、大・中堅企業向けの借入需要が増加 ◆2015年1月の調査によると、商工ローンの貸出基準はほぼ変わらず、前回の調査に比べ、価格条件または非価格条件を緩和した銀行は少なかった。借入需要は大・中堅企業向けが増加した。◆商業用不動産ローンにおける貸出基準もほぼ変化がなかった。商業用不動産ローンの借入需要は増加した。◆住宅ローンにおいては、消

2013年6月13日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

第二地銀の「貸出条件緩和債権」が4割増

公開日付:2013.06.12国内113銀行の2013年3月期のリスク管理債権合計は11兆2,631億円(前年同期比1.0%増)で、2年連続で増加した。業態別では、大手行(前年同期比2.7%増)と第二地銀(同1.4%増)で増加したが、地方銀行(同0.7%減)は減少した。また、リスク管理債権のうち、第二地銀の「貸出条件緩和債権」が前年同期比35.8%増と、他業態に比べ増加率が突出した。また、113銀行の「貸倒引当金」は4兆6,684億円(同4.4%減)と、4年連続で減少した。ただ、2013年3月期

2012年12月14日帝国データバンクフィードバック数:5ビジネス

金融円滑化法に関する金融機関アンケート調査

2012年12月10日特別企画 : 金融円滑化法に関する金融機関アンケート調査 計画目標達成企業の割合、金融機関の過半数が「4割以下」と回答 〜 今後の倒産減少を見込む金融機関はゼロ 〜 多くの中小企業の資金繰りを助け、倒産を回避させてきた金融円滑化法の適用期限(2013年3月末日)まで、あと3ヵ月余り。11月1日に金融担当大臣が改めて談話を発表したとおり、同法の期限到来後も「借り手である中小企業の状況を把握し、円滑な資金供給に努めるべき」という金融機関のスタンスは何ら変わらない見通しである。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ