「費用運用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ROEと「日本版スチュワードシップ・コード」

ROEと「日本版スチュワードシップ・コード」 ■ROEとは、株主の持分である自己資本に対する利益率を指し、どれだけ効率よく利益を上げているかを株主の目線で見た指標です。ROEは株式投資において以前からたびたび注目されていましたが、それでも「数ある株価指標の中の一つ」という感がぬぐえませんでした。 ■昨今のROE重視の動きは、政府による様々な働きかけを伴う点で、これまでとは大きく異なっています。例えば、政府は「日本版スチュワードシップ・コード」やコーポレートガバナンス・コードの導入など、さまざまな

『ブラジル・レアル』の現状

『ブラジル・レアル』の現状はブラジル・レアルの為替相場である。レアルは1999年に変動相場制に移行したあと、2002年に最安値を記録した。当時のブラジルは債務返済危機の最中にあり、IMFからの金融支援を受けていた。足元のレアルは2014年以降、下げ足を早めており、2002年の安値水準に接近しつつある。3月20日にはザラ場で1米ドル=3.32レアルまで下落した。はブラジルの経済環境を『2002年』と『現在』で比較したものである。インフレ率を加味しても経済のファンダメンタルズは

No.153 『カナダ・ドル』反転のタイミングを模索

“⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM情報提供資料2015年2月17日No.153『カナダ・ドル』反転のタイミングを模索■ 『カナダ・ドル』底入れの兆し 1月28日、『カナダ・ドル』は対米ドルで0.80米ドルを割り込み、6年ぶりの安値をつけた【図表1】。前回、『カナダ・ドル』が0.80米ドルを割り込んだのはリーマン・ショック後の金融危機の最中(2008~09年)であった。今回の『カナダ・ドル』の下落は原油価格の急落が背景と高コストのシェール・オイルのリグ(石

2014年9月 ブラジルウォッチ

情報提供資料〜主な指標をななめ読み〜⾦利・為替物価通貨レアルに底打ち感インフレ圧⼒は根強いが、政策⾦利は11%に据え置き⾦利上昇(債券価格は下落)傾向も⼀服75(円/ブラジル・レアル)(2007年1月末~2014年8月末)(%)181616651414601255105084564404235'07/120'07/1円/ブラジル・レアル(左軸)2年国債利回り(右軸)70'09/1'10/1'11/1'12/1'13/1'14/1※税金等諸費用は考慮していません。※外貨建資産には為替リスク等があり

『カナダ』の成長戦略~アジア向け輸出インフラの構築~

情報提供資料2014年9月1日No.140『カナダ』の成長戦略~アジア向け輸出インフラの構築~カナダの『ノーザン・ゲートウェイ(北の玄関口)』パイプラインインフラ整備が急がれる。石油需要の伸びが著しい計画【図表1】が政府から承認された。同計画は、中国・インド【図表3】を含むアジア向けの輸出基地とカナダで最大のオイルサンド埋蔵量を有するアルバータ州して、『キティマト』が輸出戦略の要となりそうだ。(集積地:エドモントン)から、太平洋岸の輸出基地となる『キティマト』までハ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ