「貿易収支」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年11月13日財務省★★フィードバック数:0社会/政治

平成27年度上期中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成27年11月10日財務省平成27年度上期中 国際収支状況(速報)の概要I 経常収支「経常収支」は、「貿易・サービス収支」が赤字幅を縮小し、「第一次所得収支」が黒字幅を拡大したこと等から、黒字幅を拡大した。 1.貿易・サービス収支:▲1兆2,173億円の赤字(前年同期比+5兆418億円 赤字幅縮小)「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を縮小したことから、「貿易・サービス収支」は、赤字幅を縮小した。 (1) 貿易収支:▲4,197億円の赤字(前年同期比+4兆369億円 赤字幅縮

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出数量、輸入数量ともに落ち込む・海外経済の減速が輸出を下押し・貿易赤字は今後拡大へ財務省が6月17日に公表した貿易統計によると、15年5月の貿易収支は▲2,160億円と2ヵ月連続の赤字となっ

2015年6月4日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル経済動向レポート(2015年5月)

第1四半期GDP:2015年第1四半期のGDPが29日に発表され、前期比▲0.2%、前年同期比▲1.6%、直近4四半期比▲0.9%で、実額(2010年基準)はR$1兆4,080億(前期比▲2.6%、前年同期比+6.5%)であった(グラフ1)。市場の予想ほど悪くはなかったものの、第1四半期GDPはやはりマイナスを記録し、前年同期比に関しては世界主要33カ国中、ブラジルは31番目であった(日本は32番目)。Levy財務大臣は、悪いGDPは年のはじめの先行き不透明感を反映したものだと発言し、緊縮財政法

2015年5月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年4月) ~貿易収支は再び赤字に。当面は一進一退の推移が続く見込み~

貿易統計(2015年4月) ~貿易収支は再び赤字に。当面は一進一退の推移が続く見込み~

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支は再び赤字に・アジア向け輸出が弱含み・貿易黒字の定着には至らず財務省が5月25日に公表した貿易統計によると、15年4月の貿易収支は▲

2015年4月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

「貿易立国」は復活できるか-貿易収支の行方と円安が促す新たな成長モデル

「貿易立国」は復活できるか-貿易収支の行方と円安が促す新たな成長モデル

「33ヵ月ぶり」日本の2015年3月の貿易収支の黒字化

「33ヵ月ぶり」日本の2015年3月の貿易収支の黒字化

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支(季節調整値)は東日本大震災以降では初の黒字に・輸出入ともに

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を維持・貿易赤字はいったん解消へ財務省が3月18日に公表した貿易統計によると、15年2月の貿易収支は▲4,2

国際マネーフローレポートNo.103

I.今月のトピックス~2014年の海外投資家の対米証券投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりま

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年3月2日~3月6日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2015年2月27日(金)指標名:主要経済指標予定(2015年3月2日~3月6日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4524(3 月 2 日~3 月 6 日の主なイベント、指標予定)指 標 名3月2日(月)8:5014:003月3日(火)市場予測市場予測レンジ前回結果売上高(前年比)―――+2.9%経常利益(前年比)―――+7.6%設備投資(除ソフトウェア)(前年比)―――+5.6%乗用

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(8) ~貿易赤字の縮小

シリーズ:原油安の影響⑧~貿易赤字の縮小 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 原油価格が低下したことによって、貿易収支が改善に向かう可能性が高い。これまで赤字幅を拡大させてきた原油など鉱物性燃料の輸入代金が低下するからだ。ただし、年間を通じて貿易収支が黒字に転じるためには、原油価格の先行きとともに、輸出がどこまで回復するかが注目点になると考えられる。 新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監

2015年2月24日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

春節による経済への影響です。

春節は2月貿易収支にとって3,000億の赤字圧力 ~春節による季節調整の歪みにご注意~

春節は2月貿易収支にとって3,000億の赤字圧力 ~春節による季節調整の歪みにご注意~

2015年2月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年1月) ~貿易赤字が大幅縮小~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2015年1月)発表日:2015年2月19日(木)~貿易赤字が大幅縮小~第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524貿易収支(億円)141月原数値▲ 27950輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 187039.525.1輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 0.26.35.5▲ 2.0前年比8.0アメリカEUアジア前年比前年比前年比15.3

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を強める・貿易赤字はいったん解消へ財務省が2月19日に公表した貿易統計によると、15年1月の貿易収支は▲11,775億円の赤字となったが、赤

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~

リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~ | ニッセイ基礎研究所 リンギ安進むマレーシア~原油安による経済への影響~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年9月頃から世界経済の景気減速懸念と原油安を背景とするリスク回避の動きが強まり、ASEAN4の中では産油国マレーシアの通貨リンギットが相対的に下落している。本稿では、原油安

2年で大幅に拡大した日本の金融資産

I.今月のトピックス~2年で大幅に拡大した日本の金融資産II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく

貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ

貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は大幅に縮小・原油価格の大幅下落で貿易赤字の縮小が続く公算・輸出は持ち直し、輸入は低調財務省が12月17日に公表した貿易統計によると、14年11月の貿易

Weekly金融市場 2014年12月12日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 12 月 12 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫日米で金融政策決定会合:米利上げに向けた動きに注目米国では 16∼17 日に FOMC が開催される。会合後、イエレン FRB 議長の記者会見、および最新の米経済見通しの発表が予定されており、市場関係者の注目度の高いが、今回の焦点は、ゼロ金利政策の期間をめぐって、声明文にある「相当な期間(considerable time)」の文言がどう変更されるか

国際マネーフローレポートNo.101

I.今月のトピックス~増加するマネタリーベースと金融市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく

2014年11月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油下落メリットと貿易収支 ~うまくいけば貿易赤字は半減~

原油下落メリットと貿易収支 ~うまくいけば貿易赤字は半減~

貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し

貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は大幅に縮小・原油価格の大幅下落で貿易赤字の縮小が続く公算・輸出は全ての地域向けに増加財務省が11月20日に公表した貿易統計によると、14年10月の貿易収支は▲7,100億円の赤字

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出入ともに増加に転じる・原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ・輸出は横這い圏の動きが続く・7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.

米国際収支統計からみた対外金融資産投資

I.今月のトピックス~米国際収支統計からみた対外金融資産投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとり

2014年10月8日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN・インド月報(2014年10月)

2014 年 10 月 6 日ASEAN・インド月報(2014 年 10 月)【目 次】■ASEAN・インドのマクロ経済動向インドネシア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1マレーシア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2フィリピン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3シンガポール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4タイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5ベトナム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6インド・・・・・・・・・・・

電気機器の輸出入の動向です。

電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に―

電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に― | ニッセイ基礎研究所 電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に― 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本の貿易収支は、リーマンショックにより海外経済が悪化した2008年度に黒字幅が2.1兆円(07年度:10.8兆円)と大幅

国際マネーフローレポートNo.99

I.今月のトピックス~米テーパリング進行下の新興国金融市場II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりま

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年8月の貿易統計は、輸出が伸び悩み、先行きの貿易収支の改善に対しても楽観視できない内容となった。輸出金額は前年比▲1.3%と市場コンセンサス(同▲2.6%)を上回ったものの、2ヶ月ぶりのマイナス。これは輸出価格が同+1.6%と2ヶ月連続のプラスとなった一方で、輸出数量が同▲2.9%と前年を大きく下回ったことによ

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続

【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続 | ニッセイ基礎研究所 【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月4日、米商務省の国勢調査局および経済分析局(BEA)は7月の貿易統計(速報値)を公表した。7月の財・サービスを合計した輸出額(季節調整済、国際収支ベース)はl980.23億ドル、輸

テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家

I.今月のトピックス~テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小

【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小 | ニッセイ基礎研究所 【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8月6日、米商務省の国勢調査局および経済分析局(BEA)は6月の貿易統計(速報値)を公表した。6月の財・サービスを合計した輸出額(季節調整済 、国際収支ベース )は1958.63億ドル、輸入額(同

海外投資家による最近の本邦株式投資動向

I.今月のトピックス~海外投資家による最近の本邦株式投資動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとり

貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少

貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・輸出入金額がともに前年比で減少・輸出は一進一退が続く財務省が6月18日に公表した貿易統計によると、14年5月の貿易収支は▲9,090億円の赤字となった。輸出が前年比▲2.7%(4月:同5.1%)、輸入が前年比▲3.6%(4月:同3.4%)とともに減少に転じたが、輸入の減少幅が輸出の減少幅を上

Weekly金融市場 2014年6月13日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 6 月 13 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫米 FOMC 開催:経済見通しとイエレン議長の記者会見に注目米連邦公開市場委員会(FOMC)が 17∼18 日に開催される。資産買入額の減額幅はこれまでと同様計 100 億ドルとなると予想される。今回は 3 ヶ月に 1 度発表される経済見通し、イエレン議長の記者会見が注目ポイントである。経済見通しでは、成長率、雇用、物価の見通しが示されるが、景気の現状

増加幅が拡大する本邦海外直接投資

I.今月のトピックス~増加幅が拡大する本邦海外直接投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資

資金循環統計でみる金融資産の状況

I.今月のトピックス~資金循環統計でみる金融資産の状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資

注目集まるニュージーランドドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月30日好調な国内景気などを背景に、他の先進国に先んじる形で、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は3月に政策金利を引き上げたのに続き、4月24日にも2ヵ月連続となる利上げに踏み切りました。足元の経済指標に堅調なものが目立つ中、物価上昇圧力を抑制することが目的とみられます。同国の政策金利は3%と、主要先進国の中で相対的に高い水準となっているほか、同準備銀行総裁が今後も利上げを継続する姿勢を示すなど同国の金利先高観が強まっているこ

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

貿易収支・経常収支の短期見通し~経常赤字は定着するか~

みずほインサイト日本経済2014 年 3 月 31 日貿易収支・経常収支の短期見通し経常赤字は定着するかみずほ総合研究所経済調査部03-3591-1243○ 輸出が伸び悩む背景には、海外生産比率上昇と日本メーカーの競争力低下という構造的要因。もっとも、円安による輸出数量押し上げ効果はまだ顕在化の途上。○ 原子力発電所停止に伴う燃料需要増、最終需要財における輸入浸透度上昇が輸入を押し上げ。足元は消費税率引き上げ前の駆け込み需要に対応した輸入増など特殊要因も。○ 2014年度に入ると輸入を押し上げて

資金流入となった2013年の日本の金融収支

I.今月のトピックス~資金流入となった2013年の日本の金融収支II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本を

Weekly金融市場 2014年3月14日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 3 月 14 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫米 FOMC 開催:今回も 100 億ドル減額の見通し、イエレン FRB 議長の記者会見に注目米 FOMC が 18~19 日に開催される。2 月の雇用統計は市場予想を上回る改善となり、寒波の影響も懸念されただけに、米雇用環境の力強さが確認される結果となった。このため、FOMC 開催のたびに減額している資産買い入れ額は、今回も 100 億ドルの減額を決定するとの

2013年の貿易動向

1.今月のグラフ ~アベノミクスによる消費者マインド改善の実態2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:2013年の貿易動向 ~なぜ円安進行で貿易収支が悪化するのか? (1)拡大する貿易収支の赤字幅~2013年は過去最大の赤字 (2)財別収支の動向~資本財で悪化が進む (3)地域別の貿易収支の動向~対アジアで悪化が進む

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年3月3日~3月7日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年2月28日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年3月3日~3月7日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4526(3 月 3 日~3 月 7 日の主なイベント、指標予定)3 月 3 日 (月)8:5014:003 月 4 日 (火)8:5010:303 月 5 日 (水)3 月 6 日 (木)3 月 7 日 (金) 14:0014:00(注)指標名当社予測10-12 月期法人

2014年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の課題-インドネシアの場合

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 過去に金融・通貨危機を経験した新興国は、短期の外貨建て債務比率を低下させ、外貨準備残高を増加させることでショックに対する一定の抵抗力を持つことに努めてきた。また一部の新興国は自国通貨建ての国債発行で海外から資金調達することが可能となり、通貨のミスマッチ問題はある程度緩和されている。そうしたことから何らかの理由によって国際金融市場が不安定化し、資金フローに逆流が生じたとしても、新興国がそのショックに簡単

新興国の金融マーケット動向

I.今月のトピックス~新興国の金融マーケット動向II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく資本移動

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支統計の見直しで貿易赤字が1兆円以上縮小? ~2014年1月分より国際収支統計は新基準に~

Economic Trends国際収支統計の見直しで貿易赤字が1兆円以上縮小?~2014年1月分より国際収支統計は新基準に~マクロ経済分析レポート発表日:2014年2月21日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○2014 年1月分(3月 10 日公表予定)より国際収支統計が見直される。これにより、貿易赤字が表面上縮小する可能性が高い。2013 年の改訂額は、1.8 兆円にも上る見込みだ。あくまで、国際収支統計内の項目組み替えに

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年1月) ~輸出は春節による下押しもあり減少~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2014年1月)発表日:2014年2月20日(木)~輸出は春節による下押しもあり減少~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524貿易収支(億円)1213輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 5058▲ 6.5▲ 1.5輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 8.51.2▲ 22.4▲ 7.1前年比▲ 0.5アメリカEUアジア前年比前年比前年比▲ 0

東京市場での投資部門別株式売買状況

I.今月のトピックス~東京市場での投資部門別株式売買状況II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとりまく

貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ

貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は拡大傾向が続く・貿易収支は3年で18.1兆円の悪化

2014年1月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月貿易統計輸出数量は3ヶ月ぶりに前月比減少、2013年は過去最大の貿易赤字に ◆2013年12月の貿易統計は、輸出金額が前年比+15.3%と10ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+18.0%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格が前年比+12.4%と、大幅な上昇が続いていることに加え、輸出数量が前年比+2.6%と3ヶ月連続で前年を上回ったことが輸出金額を押し上げ

2014年1月24日総務省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

技術貿易収支についての調査結果です。

世界に躍進する我が国の科学技術力

報道資料統計トピックスNo.77 世界に躍進する我が国の科学技術力 科学技術研究調査は、我が国における科学技術に関する研究活動の状態を把握することを目的として、毎年実施している調査です。今回は、本調査の結果から、我が国企業の技術貿易収支について御紹介します。技術貿易とは、諸外国との間における特許権、ノウハウの提供や技術指導等、技術の提供又は受入れのことをいいます。これらの技術は、科学技術に関する研究活動の成果でもあることから、技術貿易収支は、我が国企業の技術力・産業競争力を把握する重要な指標の一

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ