調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 貿易収支赤字

「貿易収支赤字」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

貿易収支の動向です。

最近のわが国の輸出入動向について

分析レポート国内経済金融最 近 のわが国 の輸 出 入 動 向 について南 武志1960 年代末以降、わが国の貿易収支は量(もしくは実質輸出)はほとんど増加石油危機などの場面を除けば、一貫してしなかったと推察される。黒字状態が続いてきたが、2011 年 3 月に一方の輸入額は同 17.4%の 84.6 兆円発生した東日本大震災(以下、大震災)であった。輸出と同様に円安効果で金額以降は赤字状態が続いている。当初は原が膨らんだほか、資源・エネルギー価格発事故に伴う原油・LNG 輸入の急増がそそのもの

2014年4月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

変化しつつある米国の貿易・投資構造

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 変化しつつある米国の貿易・投資構造今後は米国の魅力が高まればさらなる変化も 2014年4月25日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平◆2013年の米国経常収支赤字は2年連続で縮小した。背景には、貿易収支赤字の縮小があり、輸出増加のほか、シェール革命の影響とみられるエネルギー関連の輸入減少が寄与した。◆サービス収支、第一次所得収支の黒字拡大も経常収支赤字の縮小に寄与した。対外純債務は拡

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経常収支の先行きをどう見るか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経常収支の先行きをどう見るか 第一次所得収支黒字幅の拡大を主因として経常収支は黒字幅拡大へ ◆2013年の経常収支黒字幅が過去最小となったこと、足下で季節調整済みの経常収支が過去最大の赤字幅を記録したことで、経常収支赤字が定着するのではないかという声が多く聞かれるようになった。◆第一次所得収支は、世界一の対外純資産を背景に黒字幅の拡大が続いている。なかでも、証券投資収益配当金や直接投資収益出資所得など

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年2月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月貿易統計輸出数量は3ヶ月ぶりに前月から増加、貿易収支赤字幅は縮小 ◆2014年2月の貿易統計は、輸出金額が前年比+9.8%と12ヶ月連続の増加となった。市場コンセンサス(同+12.4%)を下回ったものの、良好な結果と判断している。輸出価格が前年比+4.2%と、上昇幅が前月から縮小した一方で、輸出数量が同+5.4%と2ヶ月ぶりに前年を上回ったことが、輸出の押し上げ要因となっている。輸出金額を季節調整

2014年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(3)~円安効果、Jカーブ効果の現状

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貿易収支赤字の要因③~円安効果、Jカーブ効果の現状円安による輸出押し上げ効果は徐々に生じ始めている ◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、比較可能な中で過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第3弾である。また、本レポートでは、円安が日本の輸出入に与えた影響を分析すると同時に、輸出低迷の要因、さらに輸出の先行きについても分析を行う。◆2012年末以降為替レート

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(2)~空洞化が赤字拡大の主因

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貿易収支赤字の要因②~空洞化が赤字拡大の主因空洞化の影響で貿易収支赤字は7兆円程度拡大 ◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第2弾である。◆貿易収支赤字幅の拡大には様々な要因があるが、筆者は空洞化が赤字幅拡大のもっとも大きな要因であると考えている。リーマン・ショック以降、日本の輸出金額と海外現地法人の売上高の動きには乖

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(1)~原発停止で4兆円赤字拡大

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貿易収支赤字の要因①~原発停止で4兆円赤字拡大原発停止は2013年のエネルギー輸入金額を4兆円程度押し上げ ◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、比較可能な中で過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第1弾である。◆原発が停止してから、火力発電への依存度は急速に高まり、液化天然ガス(LNG)の輸入量が急増した。さらに、LNG調達の急増は、スポット取引の増加を通

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月貿易統計輸出の伸びは想定を下回り、貿易収支赤字幅は単月で過去最大に ◆2014年1月の貿易統計は、輸出金額が前年比+9.5%と11ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+12.7%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格は前年比+9.7%と、上昇が続いている。一方で、輸出数量が前年比▲0.2%と4ヶ月ぶりに前年を下回ったことが、輸出金額の下振れ要因となった格好である。

2013年10月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

輸出の増勢に一服感がみられる背景について

2013年に入り、我が国の輸出には持ち直しの動きがみられたものの、このところ増加ペースが鈍化しており、おおむね横ばいとなっている。本稿では、2012年秋以降の貿易収支の推移、これまでの円安方向への動きなどが貿易収支に与えた影響を確認し、輸出の動向を整理するとともに、輸出先国における対日輸入のシェアの動きに着目し、輸出の増勢が鈍化している背景を探る。1.2012年秋以降の貿易収支及び輸出数量の動向(貿易収支赤字は縮小傾向にあったものの、4月以降は横ばい)我が国の貿易収支(通関ベース)赤字は2013

2012年5月11日財務省フィードバック数:34社会/政治

平成23年度中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成24年5月10日財務省平成23年度中 国際収支状況(速報)の概要 経常収支「所得収支」の黒字幅は対前年度比で拡大したものの、「貿易・サービス収支」が赤字に転じたことから、経常収支の黒字幅は縮小した(経常収支の黒字幅縮小は3年ぶり。前年度:16兆6,593億円の黒字)。1.貿易・サービス収支:▲5兆3,020億円の赤字(前年度比▲10兆5,246億円 赤字に転化) 「貿易収支」が赤字に転じ、また、「サービス収支」の赤字幅が拡大したことから、貿易・サービス収支は赤字に転じた(貿易・サービ

2012年2月9日財務省フィードバック数:67社会/政治

平成23年中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成24年2月8日財務省平成23年中 国際収支状況(速報)の概要【ポイント】 所得収支黒字は拡大したものの、貿易・サービス収支が赤字に転じた結果、経常収支黒字は2年ぶりに縮小(前年比)。 (別添)国際収支の推移表(PDF形式) 経常収支経常収支:9兆6,289億円の黒字(前年比▲7兆5,418億円[▲43.9%]黒字幅縮小) 「所得収支」の黒字幅は拡大したものの、「貿易・サービス収支」が赤字に転じたことから、経常収支の黒字幅は縮小した(経常収支の黒字幅縮小は2年ぶり)。1.貿易・サービス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ