調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 貿易収支黒字

「貿易収支黒字」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

ICT産業の貿易収支とサービス収支が示す課題

Issue(巻頭”論”)ICT産業の貿易収支とサービス収支が示す課題平田 正之(株)情報通信総合研究所 顧問 情報通信総合研究所では、情報通信(ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために「InfoCom ICT経済報告」を四半期毎に公表しています。2014年4-6月期について、9月に「ICT経済、想像以上だった消費税増税後の反動減―アベノミクス下での回復力が問われる来期―」との標題で発表したところです(詳しくは当社ホームページをご覧ください)。次回の7-9月期の報告発表は、この11月号の

2013年12月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本経済の安定のためにも訪日外客数増加は重要

経済@貯蓄~投資NO.48(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)日本経済の安定のためにも訪日外客数増加は重要常務取締役経済調査部長佐久間 啓経常収支の構成項目の一つである旅行収支は 長らく大幅な赤字が続いていたものの、官民一 体での「ビジット・ジャパン事業」の推進、円 安による訪日外国人数の増加もありこのところ 赤字の縮小が目立っている(資料1) 。 日本の経常収支は黒字を維持しているものの その中身は貿易収支黒字、所得収支黒字、サー ビス収支赤字という局面からLNGの輸入増加 を背景

2012年2月17日内閣府フィードバック数:5社会/政治

貿易赤字に関する考察

※1.目的2011年の貿易収支(通関ベース)は、第二次オイルショック以来、31年ぶりの赤字となった。また、貿易・サービス収支も、現行の国際収支統計(1985年~)では初の赤字となった(図1)。本論では、2011年における貿易赤字化の要因を分析するとともに、中長期的な観点から見た場合の貿易収支にいかなる構造変化がみられるかを分析する。なお、中長期の経常収支を分析する際には、国内の貯蓄・投資バランスに着目した手法も考えられるが、ここでは貿易、サービス、所得の各収支に着目した分析を行う。(図1)貿易サ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ