「貿易赤字」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を維持・貿易赤字はいったん解消へ財務省が3月18日に公表した貿易統計によると、15年2月の貿易収支は▲4,246億円の赤字となったが、赤字幅は市場予想(QUICK集計:▲10,150億円、当社予想は▲5,973億円)を大きく下回った。輸出は前年比2.4%(1月:同17.0%)

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(8) ~貿易赤字の縮小

シリーズ:原油安の影響⑧~貿易赤字の縮小 原油価格が低下したことによって、貿易収支が改善に向かう可能性が高い。これまで赤字幅を拡大させてきた原油など鉱物性燃料の輸入代金が低下するからだ。ただし、年間を通じて貿易収支が黒字に転じるためには、原油価格の先行きとともに、輸出がどこまで回復するかが注目点になると考えられる。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグローバルネットワークを通じ、さまざまな業界で実務経験を積

2015年2月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年1月) ~貿易赤字が大幅縮小~

貿易統計(2015年1月) ~貿易赤字が大幅縮小~

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を強める・貿易赤字はいったん解消へ財務省が2月19日に公表した貿易統計によると、15年1月の貿易収支は▲11,775億円の赤字となったが、赤

2015年1月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安・円安の波及効果の整理~現水準なら貿易赤字半減、実質GDP1%強押し上げ~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>2月18日(土)8:00 ~ 2月18日(土)12:00(予定) みずほ総合研究所株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2055号

貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ

貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字は大幅に縮小・原油価格の大幅下落で貿易赤字の縮小が続く公算・輸出は持ち直し、輸入は低調財務省が12月17日に公表した貿易統計によると、14年11月の貿易収支は▲8,919億円の赤字となったが、赤字幅は市場予想(QUICK集計:▲9,960億円、当社予想は▲9,313億円)を下回った。輸出が前年比4.9%(10月:同9.

2014年11月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油下落メリットと貿易収支 ~うまくいけば貿易赤字は半減~

原油下落メリットと貿易収支 ~うまくいけば貿易赤字は半減~

2014年11月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、民間製造業PMIは辛うじて50を維持(Asia Weekly (11/17~11/21)) ~インドの貿易は足踏みするも、貿易赤字幅は縮小~

中国、民間製造業PMIは辛うじて50を維持(Asia Weekly (11/17~11/21)) ~インドの貿易は足踏みするも、貿易赤字幅は縮小~

貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し

貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字は大幅に縮小・原油価格の大幅下落で貿易赤字の縮小が続く公算・輸出は全ての地域向けに増加財務省が11月20日に公表した貿易統計によると、14年10月の貿易収支は▲7,100億円の赤字となったが、赤字幅は市場予想(QUICK集計:▲10,224億円、当社予想は▲10,649億円)を大きく下回った。輸出の伸びが9月の前年比6.9%から同9.6%へと高ま

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・輸出入ともに増加に転じる・原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ・輸出は横這い圏の動きが続く・7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.1%程度のマイナスへ財務省が10月22日に公表した貿易統計によると、14年9月の貿易収支は▲9,583億円の赤字となった。輸出(8月:前年比▲1.3%→9月:同6.9%

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続

【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続 | ニッセイ基礎研究所 【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続 研究員 高山 武士9月4日、米商務省の国勢調査局および経済分析局(BEA)は7月の貿易統計(速報値)を公表した。7月の財・サービスを合計した輸出額(季節調整済、国際収支ベース)はl980.23億ドル、輸入額(同)は2385.68億ドルとなり、貿易収支は▲405.46億ドル(前月改定値:▲408.10億ドル)であった。市場は7月の貿易収支で▲424億ドル(Bloombe

貿易統計14年7月~米国向け自動車輸出の落ち込みが続く

貿易統計14年7月~米国向け自動車輸出の落ち込みが続く | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年7月~米国向け自動車輸出の落ち込みが続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字は市場予想を大きく上回る・米国向け自動車輸出の減少が続く財務省が8月20日に公表した貿易統計によると、14年7月の貿易収支は▲9,640億円の赤字となり、赤字幅は市場予想(QUICK集計:▲7,050億円、当社予想は▲7,472億円)を大きく上回った。ただし、輸出が前年比3.9%(6月:同▲1.9%)と2ヵ月ぶりの

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小

【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小 | ニッセイ基礎研究所 【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8月6日、米商務省の国勢調査局および経済分析局(BEA)は6月の貿易統計(速報値)を公表した。6月の財・サービスを合計した輸出額(季節調整済 、国際収支ベース )は1958.63億ドル、輸入額(同

2014年6月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

EYのレポートです。

円安の日本経済への影響

円安の日本経済への影響2012年末から為替レートが円安に転じたことで、いずれ輸出が増えて、貿易収支が改善に向かうと期待されてきた。しかし、その期待に反して輸出は伸び悩み、貿易赤字が続いている。こうした現状を踏まえて、円安になっても輸出が伸びず、日本経済は成長しにくくなったという見方が増えてきた。本当に、円安になっても輸出は伸びないのだろうか。また、そうであるのならば、何が変わったのだろうか。こうした問題意識から本稿では、2012年以降を中心に輸出の動きを確認した。次に、その背景を整理した上で、為

2014年5月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

パキスタン 貿易赤字増-輸出入構造の変化

パキスタン 貿易赤字増-輸出入構造の変化

2014年5月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年4月) ~貿易赤字が大幅縮小~

貿易統計(2014年4月) ~貿易赤字が大幅縮小~

貿易統計14年4月~駆け込み需要の反動を背景に輸入が急減し、貿易赤字が大きく縮小

貿易統計14年4月~駆け込み需要の反動を背景に輸入が急減し、貿易赤字が大きく縮小 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年4月~駆け込み需要の反動を背景に輸入が急減し、貿易赤字が大きく縮小 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸入数量の急減を主因に貿易赤字が縮小・輸出の回復ペースは引き続き緩やか・4月の経常収支(季節調整値)は4

2014年4月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

オバマ大統領来日とTPP ~貿易赤字国の輸出促進~

オバマ大統領来日とTPP ~貿易赤字国の輸出促進~

2014年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年3月) ~輸出低迷、輸入大幅増加で貿易赤字は拡大~

貿易統計(2014年3月) ~輸出低迷、輸入大幅増加で貿易赤字は拡大~

貿易統計14年3月~輸出の低迷と駆け込み需要に伴う輸入の急増から貿易赤字がさらに拡大

貿易統計14年3月~輸出の低迷と駆け込み需要に伴う輸入の急増から貿易赤字がさらに拡大 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年3月~輸出の低迷と駆け込み需要に伴う輸入の急増から貿易赤字がさらに拡大 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字がさらに拡大・輸出は一進一退が続く・3月の経常収支(季節調整値)は赤字幅拡大の公算財務省が4月21日に公表した貿易統計によると、14年3月の貿易収支は▲14,463億円の赤字となった。輸出の伸びが2月の前年比9.8%から同1.8%へと低下する一方、輸入が2

2014年4月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

潜在成長力が高まらずに起こること ~投資・雇用の停滞が貿易赤字の遠因~

潜在成長力が高まらずに起こること ~投資・雇用の停滞が貿易赤字の遠因~

トルコ・リラを巡る投資環境について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月2日トルコでは、エルドアン政権への信任投票と位置づけられていた、3月30日投開票の統一地方選挙で、同首相率いる公正発展党(AKP)が勝利しました。これを受けて、通貨リラは31日に大きく上昇し、足元では昨年末頃の水準を回復しています。エルドアン政権は、強権姿勢などに対する抗議や汚職疑惑などの逆風にさらされてきましたが、今回の統一地方選挙でのAKPの得票率は40%台半ばと、最大野党の得票率を20ポイント近く上回りました。また、特に

電気機器に見る日本の貿易構造の変化―円高修正でも輸入超過が常態化

経済百葉箱 第71号日本経済研究センター経済予測班では、経済予測・分析の中で見えたトピックスに焦点を絞ったリポート、「経済百葉箱」を創刊します。経済はしばしば気象にたとえられますが、「百葉箱」はご存知のように、気温や湿度を正確に測定するための箱であり、「観測」の原点となる存在です。本リポートは随時掲載します。電気機器に見る日本の貿易構造の変化 ― 円高修正でも輸入超過が常態化 ―小泉俊一郎 、森脇敬介 、高橋えり子 、<監修>短期予測班主査:愛宕 伸康、主任研究員:小野寺 敬 2008年9月の

2014年3月31日日本総研フィードバック数:0社会/政治

わが国輸出入の構造変化を探る-貿易赤字はピークアウトも黒字化には時間

わが国輸出入の構造変化を探る-貿易赤字はピークアウトも黒字化には時間

2014年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年2月) ~引き続き貿易赤字は高水準~

貿易統計(2014年2月) ~引き続き貿易赤字は高水準~

貿易統計14年2月~高水準の貿易赤字が続く

貿易統計14年2月~高水準の貿易赤字が続く | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年2月~高水準の貿易赤字が続く 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・輸入の伸びが急低下・アジア新興国向けの輸出が低調・2月の経常収支(季節調整値)は赤字継続の公算財務省が3月19日に公表した貿易統計によると、14年2月の貿易収支は▲8,003億円の赤字となった。輸出が前月とほぼ同じ伸び(1月:前年比9.5%→2月:同9.8%)となる一方、輸入の伸びが大きく低下(1月:前年比25.1%→2月:同9.0%)したため、

2014年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2014年1月) ~貿易赤字拡大が引き続き経常収支の下押しに~

国際収支(2014年1月) ~貿易赤字拡大が引き続き経常収支の下押しに~

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の実感に近い景況感はどちら?(Asia Weekly (3/1~3/6)) ~未加工鉱石禁輸の影響でインドネシアは再び貿易赤字に転じる~

中国の実感に近い景況感はどちら?(Asia Weekly (3/1~3/6)) ~未加工鉱石禁輸の影響でインドネシアは再び貿易赤字に転じる~

昨今の貿易収支の分析です。

貿易収支赤字拡大はなぜ生じているのか?

2014/02/26経済・社会政策部 片岡剛士今年の2月20日に財務省から発表された2014年1月分の貿易統計(速報値)は、季節調整を行わない原数値で、輸出額は5兆2,528億円、輸入額は8兆428億円となり、差額である貿易収支は2兆7,900億円の赤字となった。輸出額・輸入額ともに前年比でそれぞれ9.5%増、25%増であるものの、貿易収支の赤字となったのは19カ月連続。かつ1カ月の貿易赤字として初めて2兆円を超える状況となっている。貿易収支赤字の拡大は、貿易収支、サービス収支、所得収支、経常移

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支統計の見直しで貿易赤字が1兆円以上縮小? ~2014年1月分より国際収支統計は新基準に~

国際収支統計の見直しで貿易赤字が1兆円以上縮小? ~2014年1月分より国際収支統計は新基準に~

貿易統計14年1月~貿易赤字の拡大に歯止めがかからず

貿易統計14年1月~貿易赤字の拡大に歯止めがかからず | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年1月~貿易赤字の拡大に歯止めがかからず 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字が急増・アジア新興国向けの輸出が低調・13年度末までは経常赤字が続く公算財務省が2月20日に公表した貿易統計によると、14年1月の貿易収支は▲27,900億円の赤字となった。輸出が前年比9.5%(12月:同15.3%)と7ヵ月ぶりに前年比で一桁の伸びにとどまる一方、輸入が前年比25.0%(12月:同24.7%)と4ヵ月

2014年2月19日JETRO★★フィードバック数:0ビジネス

JETROのレポートです。

2013年の日中貿易

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 2014年1月に発表さ

2014年2月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の輸出低迷・貿易赤字拡大は転換に

日本の輸出低迷・貿易赤字拡大は転換に

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支(2013年12月) ~13年度は貿易赤字による下押し継続。14年度以降の推移に注目~

国際収支(2013年12月) ~13年度は貿易赤字による下押し継続。14年度以降の推移に注目~

貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ

貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字は拡大傾向が続く・貿易収支は3年で18.1兆円の悪化・10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ財務省が1月27日に公表した貿易統計によると、13年12月の貿易収支は▲13,021億円と18ヵ月連続の赤

2014年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

内需主導の景気拡大と貿易赤字

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貿易赤字の拡大傾向が続いている。2013年11月の貿易赤字額は1兆2,941億円と、1979年の統計開始以来、3番目の赤字幅となった。また、赤字幅が2ヶ月連続で1兆円台となったのは統計開始以来初めてのことである。貿易赤字の拡大傾向が続いている最大の理由は、2012年末以降、円安傾向が続いているにもかかわらず輸出数量がそれほど伸びていないことであろう。円安が進むと、円建て換算の輸入価格が上昇するため、一

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安でも復元しない貿易赤字 ~製品輸入が増えるとJカーブ効果は働きにくい~

円安でも復元しない貿易赤字 ~製品輸入が増えるとJカーブ効果は働きにくい~

2013年12月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易赤字拡大の背景にあるもの ~構造的に輸入が増えやすくなっている~

貿易赤字拡大の背景にあるもの ~構造的に輸入が増えやすくなっている~

貿易統計13年11月~13年度末にかけて高水準の貿易赤字が続く見込み

貿易統計13年11月~13年度末にかけて高水準の貿易赤字が続く見込み | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年11月~13年度末にかけて高水準の貿易赤字が続く見込み 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字は拡大傾向が続く・外需が景気の牽引役となることは期待できず財務省が12月18日に公表した貿易統計によると、13年11月の貿易収支は▲12,929億円と17ヵ月連続の赤字となり、赤字幅はほぼ事前の市場予想(QUICK集計:▲13,218億円、当社予想は▲14,184億円)通りとなった。円安

貿易統計13年10月 ~貿易赤字は13年度末にかけてさらに拡大する可能性

貿易統計13年10月 ~貿易赤字は13年度末にかけてさらに拡大する可能性 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年10月 ~貿易赤字は13年度末にかけてさらに拡大する可能性 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・大幅な貿易赤字が続く・輸出は持ち直すも外需が景気の牽引役となることは期待できず財務省が11月20日に公表した貿易統計によると、13年10月の貿易収支は▲10,907億円と16ヵ月連続の赤字となり、赤字幅は事前の市場予想(QUICK集計:▲8,100億円、当社予想は▲9,032億円)を大き

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業PMI改善も持続性には不透明さ(Asia Weekly (9/1~9/6)) ~インドネシア、貿易赤字拡大はルピア売り圧力に繋がる懸念も~

中国、製造業PMI改善も持続性には不透明さ(Asia Weekly (9/1~9/6)) ~インドネシア、貿易赤字拡大はルピア売り圧力に繋がる懸念も~

貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大

貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字(季節調整値)が再び拡大・EU向け輸出が持ち直し財務省が8月19日に公表した貿易統計によると、13年7月の貿易収支は▲10,024億円と13ヵ月連続の赤字となり、赤字幅は事前の市場予想(QUICK集計:▲7,800億円、当社予想は▲8,148億円)を大きく上回った。輸出は6月の前年比7.4%から同12.2%へと伸びを高めたが、輸入の伸びが6月

貿易統計13年6月 ~4-6月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに

貿易統計13年6月 ~4-6月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年6月 ~4-6月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字(季節調整値)は縮小傾向・米国向けが輸出を牽引・4-6月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに財務省が

2013年6月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

中国景気は内外需の低迷で一段と不透明に(Asia Weekly (6/17~6/21)) ~金融市場の混乱が続く中、貿易赤字拡大もインドルピーの悪材料に~

中国景気は内外需の低迷で一段と不透明に(Asia Weekly (6/17~6/21)) ~金融市場の混乱が続く中、貿易赤字拡大もインドルピーの悪材料に~

貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに

貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年5月 ~円安の影響で輸出入ともに高い伸びに 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出が1年ぶりに前年比で二桁の伸びに・輸出の持ち直しが継続財務省が6月19日に公表した貿易統計によると、13年5月の貿易収支は▲9,939億円と11ヵ月

貿易統計13年4月 ~輸出は米国向けを中心に持ち直し

貿易統計13年4月 ~輸出は米国向けを中心に持ち直し | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年4月 ~輸出は米国向けを中心に持ち直し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字(季節調整値)は2ヵ月連続で縮小・米国向け輸出が自動車を中心に好調財務省が5月22日に公表した貿易統計によると、13年4月の貿易収支は▲8,799億円と10ヵ月連続の赤字となり、赤字幅は事前の市場予想(QUICK集計:▲6,200億円、当社予想は▲6,211億円)を上回った。輸出入とも前月から伸びを高めたが、輸入が前年

貿易統計13年3月~1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに

貿易統計13年3月~1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年3月~1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大幅な貿易赤字が続く・輸出数量は持ち直すも、貿易赤字の縮小は夏頃の公算・1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラ

貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算

貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・貿易赤字は原数値では過去最大に・当面貿易赤字の拡大傾向が続く公算財務省が2月20日に公表した貿易統計によると、13年1月の貿易収支は▲16,294億円と7ヵ月連続の赤字となり、赤字幅は事前の市場予想(QUICK集計:▲13,722億円、当社予想は▲14,929億円)を大きく上回った。輸出が前年比6.4%(12月:同▲5.8%)

2013年2月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:6社会/政治

円安で貿易収支はどこまで改善するのか

円安で貿易収支はどこまで改善するのか | ニッセイ基礎研究所 円安で貿易収支はどこまで改善するのか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 貿易収支は東日本大震災以降、2年近くにわたって赤字が続いており、2012年10-12月期の貿易赤字は▲9.1兆円(季節調整済・年率換算値)となった。貿易赤字の長期化を受けて、このまま貿易赤字が定

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ