「賃上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月10日日本生産性本部フィードバック数:0社会/政治

生産性及び賃金と物価・消費に関する推計

公益財団法人日本生産性本部は6月29日、「生産性及び賃金と物価・消費に関する推計」を発表した。未来投資戦略2017(2017年6月)では、サービス産業の生産性上昇率を2%とする目標が掲げられている。また、賃上げや物価(CPI)を+2%とする取組みも並行して進んでいる。今回の推計は、こうした取組みがどのような関係にあるのかを定量的に推計したものである。推計にあたっては、日本生産性本部が早見均・慶應義塾大学教授を座長とする「生産性と雇用・物価・賃金に関する研究会」を立ち上げ、各種政府統計を利用しなが

2017年2月13日労務行政研究所フィードバック数:0大型消費/投資

賃上げに関するアンケート調査

賃上げに関するアンケート調査

2016年10月5日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年7~9月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年7~9月期 平成28年9月27日東京商工会議所中小企業部東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年8月20日から9月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,408社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は764社(回答率31.7%)。今回は、付帯調査として「賃金の動向」を併せて実施しております。 【東京の景況は低下傾向続く。回復を見込

2016年2月3日労務行政研究所フィードバック数:0社会/政治

2016年賃上げの見通し―労使および専門家495人アンケート

2016年賃上げの見通し―労使および専門家495人アンケート

2015年8月31日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

アメリカ: 賃金の動向

今週の指標 No.1125 アメリカ:賃金の動向 ポイント2015年8月31日アメリカでは、景気は弱めの動きもみられるが、回復が続いている。このような状況下、FRBは金融政策の正常化へ向けて舵を切ろうと、その前提条件となるデュアルマンデート(雇用最大化、物価の安定)の達成状況を注視している。今回は労働市場の状況について、賃金の動向を確認する。賃金の動向をみる主な指標としては、(1)平均時給(月次)、(2)雇用コスト指数(四半期)がある。雇用コスト指数はベネフィットコスト(残業代、保険・社会保障

2015年春季の賃金動向調査

平成 27 年 6 月 24 日2015 年春季の賃金動向調査「景気回復」の状況を把握するための重要な要素である「2015 年春季の賃金動向」についての特別調 査を、今回の第 65 回岐阜県景況調査(2015 年 4-6 月期実績、2015 年 7-9 月期見通し)に併せて実施 した。1.結果概要○県内で賃上げを実施した企業は、定期昇給等を含めると、全体の 5 割超。 ○賃上げの方法としては、ベースアップを実施した企業は 4 割超、定期昇給は 6 割超、賞与増額は 2 割弱。 〇賃金決定の理由は

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

もう一度、消費税増税の検証 ~所得増えないと実質消費は大きく減少したまま~

Economic Trends経済関連レポートもう一度、消費税増税の検証発表日:2015年6月16日(火)~所得増えないと実質消費は大きく減少したまま~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年 4 月の消費税増税の後、4 四半期分の GDP が発表されて、やや詳細な分析ができるようになった。増税後は、実質消費の水準が減って、大きく段差ができている。名目消費も、以前からのトレンドよりも下がっている。時間が経過すれば、自動的に消費が元に戻るという先入観

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年5月)

2015年06月08日○6月8日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の5月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差0.7ポイント上昇の53.2となった。6ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を4ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、5月は、前月差1.7ポイント上昇の53.2となり、6ヶ月連続で上昇した。企業動向関連と雇用関連からなるDIは、5月は、前月差1.4ポイント低下の53.2と2ヶ月連続

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え

景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・景気の現状判断DIは小幅ながら低下・インバウンド効果、資産効果が押し上げ・先行きは賃上げ期待から改善6月8日に内閣府から公表された15年5月の景気ウォッチャ

2015年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げが中小企業に波及しにくい、もう1つの理由

賃上げが中小企業に波及しにくい、もう1つの理由 | ニッセイ基礎研究所 賃上げが中小企業に波及しにくい、もう1つの理由 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2015年春闘は、昨年に続いて、賃金水準の底上げ(ベア)を実施する企業が相次いだが、中小企業では実施割合が低い。円安などの経済要因が費用増大を招い

埼玉県での調査です。

賃上げを実施する企業は62.9%、3年連続の増加-埼玉県内賃金改定状況調査-

賃上げを実施する企業は62.9%、3年連続の増加-埼玉県内賃金改定状況調査-

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年4月)

2015年05月13日○5月13日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の4月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差1.5ポイント上昇の52.5となった。5ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を3ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、4月は、前月差3.5ポイント上昇の51.5となり、5ヶ月連続で上昇した。一方、企業動向関連と雇用関連からなるDIは、4月は、前月差2.1ポイント低下の54.6とな

2015年5月15日浜銀総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年夏の県民ボーナスの見通し

浜銀総研News Release-1-2015年5月14日2015年 夏 の 神 奈 川 県 民 ボ ー ナ ス の 見 通 し── 民間1人あたりのボーナス支給額は前年比3.0%増に──------------------------------ 要 旨 -----------------------------○民間企業に勤める神奈川県民1人あたりの今夏のボーナスは、最近の賃上げの動きの広がりなどを反映して、前年比3.0%増の46.9万円になると予測した。また、雇用者数が増加し、ボーナス支給

2015年5月14日信金中央金庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足や賃上げについてのレポートです。

最近の雇用・所得環境と今後の見通し -人手不足感は根強いが、賃上げの波及ペースはなお緩やか-

最近の雇用・所得環境と今後の見通し -人手不足感は根強いが、賃上げの波及ペースはなお緩やか-

2015年5月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年4月結果

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、前年の反動から大幅改善。先行きは鈍さ残るも持ち直しを見込む(LOBO調査2015年4月結果) ニュースライン業況DIは、前年の反動から大幅改善。先行きは鈍さ残るも持ち直しを見込む(LOBO調査2015年4月結果)2015年4月30日 14:00日本商工会議所が30日に発表した4月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、4月の全産業合計の業況DIは、▲15.3と、前月から+9.4ポイントの大幅改善。ただし、比較対象の前年同月は、駆け込

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「賃上げの春」がやってきた!

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:「賃上げの春」がやってきた!アベノミクスによる好循環が日本経済を下支え ◆賃上げの春がやってきた!:アベノミクスによる経済の好循環が加速してきた。4月16日に経団連が発表した一次集計によれば、2015年の春闘における賃上げ率(ベースアップと定期昇給の合計)は2.59%と17年振りの高い伸びであった。ベースアップは概ね0.7%程度と見られており、当社のシミュレーションによれば、個人消費を

2015年4月13日みずほ総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

夏のボーナスの見通しです。

2015年夏季ボーナスの見通し

みずほインサイト日本経済2015 年 4 月 10 日2015 年夏季ボーナスの見通し経済調査部エコノミスト松浦大将03-3591-1435hiromasa.matsuura@mizuho-ri.co.jp○ 2015年夏の一人当たりボーナス支給額(民間企業)は前年比+1.9%と2年連続で増加する見通し。製造業を中心に企業収益が高水準であることや政府の賃上げ要請がボーナス増額を後押し。○ 公務員のボーナスは、2年連続の増加を予想。昨年の人事院勧告では7年ぶりに月例給与・ボーナス支給月数が引き上げ

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年3月)

2015年04月08日○4月8日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の3月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差0.4ポイント上昇の51.0となった。4ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を2ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、3月は、前月差0.8ポイント上昇の48.0となり、4ヶ月連続で上昇した。一方、企業動向関連と雇用関連からなるDIは、3月は、前月と同水準の56.7となり、横ばいを示

2015年3月30日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府のレポートです。

最近の賃上げの動きについて

今週の指標 No.1119 最近の賃上げの動きについて ポイント2015年3月30日連合「春闘生活闘争」によると、2014年度において、定期昇給分と賃金改善分を含む賃上げ率は2.07%(うち賃金改善分は0.39%)と15年ぶりの高水準となった。今年の春闘については、3月26日に公表された第2回「春季生活闘争」によると、賃上げ率が2.36%と昨年の第2回調査(2.23%)を0.13%ポイント上回った。第2回調査の賃上げ率の前年からの変化が、最終結果の前年からの変化と同程度となるとすれば、今年の賃

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げ2巡目の論点 交易条件の改善こそ本筋

賃上げ2巡目の論点 交易条件の改善こそ本筋第2次安倍晋三政権の成立以来、政府による経済団体に対する賃上げ要請が恒例化している。要請の機能は大きく分けて2通りある。1つは日銀がインフレ実現を目指して金融緩和を続けているので、歩調を合わせて名目的な賃上げを求めるというもの。もう1つは雇用の非正規化や利潤の内部留保を通じて実質的な労働分配率が下がっているので、その向上を目指し実質賃上げを求めるものである。ここでは、要請に意義があるとすれば第1の視点によるもので、第2の視点は根拠薄弱であることを論じたい

2015年3月24日第一生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げの動向です。

賃金上昇率の目途 ~連合集計値の着地を予想する~

Economic Trends賃金上昇率の目途経済関連レポート発表日:2015年3月23日(月)~連合集計値の着地を予想する~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)春闘交渉の結果について、連合は 3 月 20 日に第 1 回集計を発表している。定期昇給を含むと前年比2.43%であり、定期昇給を除いて前年比 0.80%という結果である。2014 年の第 1 回集計から最終集計までの遷移を振り返ると、着地は第 1 回集計を若干下回る数字で着地している。そう考える

2015年3月19日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

昨年以上の賃上げの機運 ~中小企業にも徐々に波及する気配~

昨年以上の賃上げの機運 ~中小企業にも徐々に波及する気配~

2015年3月9日日経BP★フィードバック数:0キャリアとスキル

日経ビジネスの調査です。

厳しい生活実感、消費増にはベア3%必要

厳しい生活実感、消費増にはベア3%必要※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose  本格的に進む2015年の春季労使交渉。労働組合側が求めるベースアップ(ベア、基本給の一律引き上げ)に経営側がどこまで応えるかが焦点だ。本誌ではこのタイミングを捉え、景況感や期待する賃金水準などを聞く読者アンケートを実施した。企業収益の拡大が続くわりに消費者の生活環境は上向いておらず、企業側が考える水準以上の賃上げを求める様子が浮かび上がってきた。 調査は2月27日から3月2日まで日経ビジネ

2015年3月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

過去5年間における税と社会保障の制度改正が家計に与えた影響

過去5年間における税と社会保障の制度改正が家計に与えた影響 | ニッセイ基礎研究所 過去5年間における税と社会保障の制度改正が家計に与えた影響 薮内 哲基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら デフレ脱却にさしかかった日本経済において、2015年の春闘は日本経済を占う上で注目イベントだ。政府は、デフレ脱却の完遂を目指し、政労使会議を通じて増益企業に賃上げを要請している。

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度の家計貯蓄率は、現在統計が利用可能な1955年度以降で初のマイナスとなった。

2015年3月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の実質賃金は1.2%増~中小企業の間でも賃上げの動きが拡大へ~

2015年度の実質賃金は1.2%増~中小企業の間でも賃上げの動きが拡大へ~

2015年3月3日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

【2015年春闘の展望と課題(2)】持続的賃上げの仕組みをどう再構築するか

【2015年春闘の展望と課題(2)】持続的賃上げの仕組みをどう再構築するか

2015年3月2日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

消費の分析です。

2014年に誰が消費を減らしたか ~事業世帯ではなく高齢・無職世帯~

Economic Trends経済関連レポート2014年に誰が消費を減らしたか発表日:2015年2月27日(金)~事業世帯ではなく高齢・無職世帯~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)今さらと思われるかもしれないが、2014 年の消費低迷を、詳細に分析しておきたい。総務省「家計調査」(単身世帯+2 人以上世帯)の世帯主の職業別内訳では、勤労者が微増、事業世帯が増加、その一方で高齢・無職世帯の減少が目立っていた。所得階層別には下位 20%、20~40%で高齢・

企業業績の改善などを背景に上昇が期待される賃金

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月13日企業業績の改善などを背景に上昇が期待される賃金 先日発表された、2014年の現金給与総額(毎月決まって支給される「定期給与」にボーナスなどの「特別給与」を加えた合計額)は前年比0.8%増と、4年ぶりに増加へ転じました。内訳を見ると、ボーナスなど特別給与が3.5%増、残業代など所定外給与が3.1%増と大きく上昇しており、企業業績の改善や人手不足を受けて、ボーナスなどの積み増しで社員に利益を還元する動きや、残業などの時間外

2015年2月13日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

企業が賃上げに歩み寄り ~昨年以上のベア実現の公算大。実質賃金は春以降、明確な上昇へ~

企業が賃上げに歩み寄り ~昨年以上のベア実現の公算大。実質賃金は春以降、明確な上昇へ~

2015年2月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2015年の展望-日本の経済 -実効性問われるアベノミクス-

■「中央調査報(No.687)」より ■ 2015年の展望―日本の経済 ―実効性問われるアベノミクス―時事通信社 経済部次長 橋本 一哉消費税増税の影響で失速した日本経済を再び上向かせ、デフレ脱却を実現できるのか。2015年は安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の実効性がまさに問われる1年になる。ただ、好調な企業収益が賃金に回って個人消費と設備投資を活発化させ、さらに企業業績を上向かせるという安倍政権が想定してきた「経済の好循環」の流れは依然弱い。本格的な好循環の実現に向けて、大企業に限らず中

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金上昇率が高まらない〝謎″ ~賃上げしない企業が多いからではない~

賃金上昇率が高まらない〝謎″ ~賃上げしない企業が多いからではない~

2015年1月29日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年賃上げの見通し―労使および専門家504人アンケート

2015年賃上げの見通し―労使および専門家504人アンケート

2015年の国内経済・金融展望

〈レポート〉経済・金融2015年の国内経済・金融展望研究員 多田忠義1  アベノミクス継続への是非をめぐって衆議院を解散し、総選挙を「社会保障と税の一体改革」の一環として、実施したが、結果は、与党が衆議院の3分の14年4月に消費税率は8%に引き上げられた。2を超える議席を獲得したことから、15年以しかし、消費税増税に対応するだけの経済的降もアベノミクスは継続される見通しだ。体力が回復していなかったため、増税後の日本経済は2四半期連続のマイナス成長に陥った。安倍内閣は、デフレからの脱却と成長促進に

2015年1月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今年はいよいよ変わるのか、やっぱり変わらないか

リサーチ TODAY2015 年 1 月 7 日今年はいよいよ変わるのか、やっぱり変わらないか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創時は2015年に移った。2015年の干支は「乙未(きのとひつじ)」である。「乙」は草木の芽が曲がりくねった形になるという象形文字で、新しい芽が地表に姿を現したものの、そのまま真っ直ぐには伸びていけない状況を表す。「未」は木の枝葉が茂って見通しが立ちづらいことを表す。これに基づけば、2015年は試行錯誤を繰り返しながら、いまだ明確には見通せない新たな成長への道を模

賃金動向についてのレポートです。

春闘の変遷と今後の展望

○1990年代終盤以降、賃上げのほとんどが定期昇給となる中、2014年の春闘は大企業を中心に数年ぶりにベースアップの実施が相次ぎ、賃上げ率は2.19%と13年ぶりに2%を超えた。背景には、(1)好調な企業業績、(2)労働需給のタイト化、(3)消費増税を見据えた政治的圧力、という要素があったと考えられる。○1990年代後半以降、日本経済は長い低成長とデフレに入り、賃上げ率が低下した。ベアが実施されていた1998年までは、物価上昇率と賃上げ率には正の相関関係がみられたが、1999年以降は物価上昇率に

2014~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2014~16 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~「14 年 度 :▲0.5%、15、16 年 度 :1.5%」は修 正 なし~調査第二部12 月 8 日に発表された 7~9 月期の GDPの、輸出や設備投資関連の持ち直し色が第 2 次速報(2 次 QE)および 13 年度確報強まっており、企業業績や景況感などになどを踏まえ、当総研は 11 月 20 日に公は底堅さもみられる。一部の業種や職種表した「2014~16 年度経済見通し」の見では引

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

今度こそ賃金は上昇するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今度こそ賃金は上昇するか逼迫した労働需給環境の維持と正規・非正規のミスマッチ解消を 2014年11月10日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司◆本稿では、デフレ脱却を実現するための条件について経済構造面から検討する。労働生産性の向上を通じた実質賃金の上昇はデフレ脱却を後押しすると期待されるが、生産性の伸び率の高低はデフレそのものの原因ではない。デフレ期の日本の労働生産性上昇率は海外主

2014年9月19日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府のまとめです。

最近の賃上げの動きと実質賃金の評価について

*【概要】1.本稿では、今年の賃上げの動向とその背景を分析するとともに、実質賃金をどのように評価するべきか検討を行った。2.今年の名目賃金は、政労使の取組による効果や経常利益の増加を背景に多くの業種・規模の事業所で近年にない賃金引上げの動きが広がっていることが明らかになった。3.賃金の長期的な動向をみると、1990 年代後半以降、実質賃金の伸びが抑制されていたが、これは雇用をはじめとする3つの過剰の調整に加え、交易損失が拡大し海外に所得が漏出したことが大きい。4.実質賃金を評価する際には、物価指

2014年9月11日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

徹底解剖・賃金上昇の現状 ~4割を占める中小企業の賃上げが鈍い~

徹底解剖・賃金上昇の現状 ~4割を占める中小企業の賃上げが鈍い~

2014年8月31日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年8月

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、横ばい圏内の動きが続く。先行きは回復見込むも、弱さが残る(LOBO調査2014年8月結果) ニュースライン業況DIは、横ばい圏内の動きが続く。先行きは回復見込むも、弱さが残る(LOBO調査2014年8月結果)2014年8月29日 14:00日本商工会議所が29日に発表した8月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、8月の全産業合計の業況DIは、▲20.5と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばいで推移。公共工事、自動車関連の下支えが続

2014年7月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

浮上しない消費分野について考える ~賃上げ・株高だけでは復元しない個人消費~

浮上しない消費分野について考える ~賃上げ・株高だけでは復元しない個人消費~

2014年7月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

今度こそ賃金は上昇するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年7月2日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司賃金がなかなか上昇しない。安倍政権は政労使会議を開いて賃金上昇の必要性を共有したり、春闘では異例ながらも企業にベアを促したりするなど、賃金上昇の実現に向けて積極的に取り組んできた。実際、ベアを行った企業は例年よりもかなり多く見られた。だが、マクロ統計で一般労働者(≒正規社員)の所定内給与をみると、4月は前年比0.1%と3月(同▲0

グラフで見る東海経済(2014年6月)

2014年06月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが続いているが、一部に駆け込み需要の反動がみられる。自動車を中心に輸出や生産が減少しているほか、個人消費にも反動が出ている。一方、雇用は底堅く推移し、春闘での賃上げ率の高まりにより所得面からの下支え効果が期待できるため、個人消費や住宅投資の落ち込みには歯止めがかかりつつある。公共投資と設備投資の増加基調も続き、景気は増税前の駆け込み需要の反動から脱しつつある。 今後は、大企業を中心とした賃上げ率の高まりや夏季賞与の増加など所得面の改善が見

2014年6月18日静岡県フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げ一時金要求・妥結状況

ここから本文です。夏季一時金要求・妥結状況平成29年夏季一時金要求・妥結状況調査結果公表日のお知らせ(予定日は変更される可能性があります。) 公表は15時00分頃を予定しております。平成29年夏季一時金要求・妥結状況概況(最終県内の調査対象民間労働組合500組合のうち、361組合から有効回答があり、そのうち、夏季一時金の要求を行った組合は360組合でした。これら360組合の平均要求額は、加重平均で755,003円、月数で2.56か月でした。また、360組合のうち、8月1日までに妥結した360組合

アベノミクスと公的年金の関係パートII-物価が上がり、賃上げの動きもあるが年金額はどうなっているか?

アベノミクスと公的年金の関係パートII-物価が上がり、賃上げの動きもあるが年金額はどうなっているか? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスと公的年金の関係パートII-物価が上がり、賃上げの動きもあるが年金額はどうなっているか? 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年の10月に行われた1%の年金額の引き下げと同じく、特例水準を解消するために4月にも年金額

グラフで見る東海経済(2014年5月)

2014年05月28日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが続いているが、一部に駆け込み需要の反動がみられる。輸出は横ばい圏で推移しているが、駆け込み需要の反動に伴い、生産が調整している。住宅投資の減少傾向も続いているが、雇用が横ばい圏で推移するほか、春闘での賃上げ率の高まりにより所得面からの景気下支え効果が期待できる。個人消費の落ち込みも想定内にとどまっており、消費増税前の駆け込み需要の反動は一時的とみられる。今後は、大企業を中心とした賃上げ率の高まりや夏季賞与の増加など所得面の改善が見込まれ

2014年5月9日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

到来しつつある人手不足局面の特徴と課題-賃金上昇・生産性向上の好循環に向けた鍵は正社員改革

Research Focushttp://www.jri.co.jp2014 年 5 月 9 日No.2014-007到来しつつある人手不足局面の特徴と課題~賃金上昇・生産性向上の好循環に向けた鍵は正社員改革~調査部 チーフエコノミスト 山田 久《要 点》 人手不足感が強まっているが、これまでのところ賃金上昇のモメンタムは弱い。この背景には、わが国では正社員と非正社員で労働市場が分断され、パート・アルバイトの賃金は正社員に比べて低いという事情がある。このため、企業の間には人件費抑制のための非正

2014年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

Global Market Outlook 米賃上げ ~USD/JPY上昇ドライバー~

Global Market Outlook 米賃上げ ~USD/JPY上昇ドライバー~

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

実質賃金の低下 ~物価上昇に対して賃金上昇が追いつかないとき~

Economic Trends経済関連レポート実質賃金の低下発表日:2014年4月25日(金)~物価上昇に対して賃金上昇が追いつかないとき~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)春闘によって名目賃金は上昇するが、消費者物価の伸び率には追いつかないだろう。そうすると、実質賃金は低下する。企業にとって、実質賃金の低下は人件費コストが相対的に低いと感じさせ、雇用拡大を促す。実質賃金が低いとき、需給逼迫感は解消されずに残って、賃上げ圧力となる。長期的にみると、賃上げ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ