「賃料上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

『J-REIT』には長期的な支援材料が豊富

『J-REIT』には長期的な支援材料が豊富■ 1月からのスピード調整は最終局面を示唆今年1月からのJ-REITは、昨年の上昇相場から一転、上値の重い横バイの相場が続いている。昨年10月の日銀の追加金融緩和以降、J-REITは僅か3カ月で+25%の急騰を演じた。さすがに上昇ピッチが早く過熱感が強まり、スピード調整を必要としていた。今年に入ってJ-REITの資金調達の株式発行が増加、需給懸念が生じたことが調整のキッカケとなったようだ。その株式発行のブームも既にピーク・アウトしており、

米国REIT:『賃貸不動産』の市場動向

米国REIT:『賃貸不動産』の市場動向■ 『オフィス』『商業施設』賃料の上昇ピッチが加速金融危機以降のセクター別の賃料推移を比較すると、『集合住宅』は2009年に底入れし、2010年から上昇に転じ、セクターの中で最も早い回復を遂げた。『オフィス』賃料は2010年に底入れし、2011年から上昇に転じた。『商業施設』は2011年に底入れし、2012年から上昇に転じた。『オフィス』『商業施設』はやや遅れての回復であったが、足元の賃料は上昇ピッチを加速させている。景気の回復に伴って、不動産需要が広が

2015年4月8日都市未来総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

不動産トピックス2015年4月号

20154Aprilトピックス12015年度の不動産市況を読む ��������� 2トピックス2インバウンド消費に勢いづく都市型商業施設への投資������������� 6マンスリーウォッチャー近年の業種別土地保有動向������������ 82015 年度の不動産市況を読む2014年度の不動産市況は、投資市場では、金融緩和と円安が進展し外資系法人を含む投資需要が伸長したことから売買総額が増加しました。オフィス賃貸市場では、耐震性に優れたビルや大規模フロアへのテナント需要が高まった一方、大

2015年3月11日三幸エステートフィードバック数:0ビジネス

オフィスマーケットレポート(東京都心5区)3月号

2015年3月 東京オフィス市況のマーケットレポート オフィスマーケットレポート2015年3月号 東京都心5区(大規模ビル) 空室を抱えた新築ビル竣⼯で 空室率4%台に上昇 低下傾向が続いた空室率だが、2⽉はまとまった空室床を抱えた⼤規模ビルの竣⼯で、6ヶ⽉ぶりに需給バランスが悪化、再び4%台に上昇した。堅調な需要に変化は⾒られないが、現空⾯積も再び210,000坪台まで上昇し、需給バランス改善の動きは⼀旦途切れている。賃料はわずかに低下したが、先⽉に続いて19,000円/坪台は維持してい

利上げが意識されはじめた米国リート市場

利上げが意識されはじめた米国リート市場2015年3月9日<市場動向〜上昇に転じた長期国債利回りなどが足元のリート市場のマイナス要因>米国リート市場は、1月は過去最高値を更新する展開となりましたが、その後は反落しています。足元の下落の背景としては、�@米国の利上げが視野に入ってきたことで長期国債利回りが上昇に転じたこと、�A一部リートの2015年業績見通しが年初ということもあり市場予想に比べ慎重な内容となったこと、�B大手リートによる大型増資に応募するための資金手当て用の換金売りによる市場の需給悪

市場データです。

東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2015年)-2015年~2021年のオフィス賃料・空室率

東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2015年)-2015年~2021年のオフィス賃料・空室率 | ニッセイ基礎研究所 東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2015年)-2015年~2021年のオフィス賃料・空室率 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1― はじめに2― 東京都心部Aクラスビルの空室率・賃料

住宅セクターに不安残るも賃貸、投資市場は堅調を維持-不動産クォータリー・レビュー2014年第3四半期

住宅セクターに不安残るも賃貸、投資市場は堅調を維持-不動産クォータリー・レビュー2014年第3四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 住宅セクターに不安残るも賃貸、投資市場は堅調を維持-不動産クォータリー・レビュー2014年第3四半期住宅セクターに不安残るも賃貸、投資市場は堅調を維持-不動産クォータリー・レビュー2014年第3四半期 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配

Main Streets Across the World 2014-2015

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、世界のブランドショップ街の賃料動向に関する年次調査レポート「Main Streets Across the World 2014-2015」を公表しました。1988年にはじまったこの調査は、世界65カ国330地点の一等地のブランド街を賃料水準(注)に基づいてランク付けし、世界のリテール不動産市場動向の指標となるものです。本レポートの要約は以下のとおりです。 (注)2014年9月末時点の賃料。以下、文中の%表示は前年同期比の現地

2014年10月10日三幸エステートフィードバック数:0ビジネス

オフィスマーケットレポート(東京都心5区)2014年10月号

http://www.sanko-e.co.jp/2014年 10⽉号 東京都⼼5区 ⼤規模ビル2014年9⽉末現在および各年12⽉31⽇時点 チーフアナリスト 今関 豊和マクロ経済(図表1)主要経済指標データ (図表1) 2014年度 (予測) 実質GDP成⻑率(⽮印:対前年度⽐較)遅れが⽬⽴ち始めた、消費税増税後の景気回復4-6⽉期実質GDP速報値(内閣府)の下⽅修正を受け、ニッセイ基礎 研究所も2014年度予想成⻑率を0.1ポイント引き下げた。消費税増税 後の消費抑制、夏場の天候不順による

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期

不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメ

3大都市の主要オフィスエリアにおける自然空室率

3大都市の主要オフィスエリアにおける自然空室率~東京では渋谷区が千代田区を下回って最も低い水準に~ 東京ビジネス地区全体の自然空室率(オフィス賃料反転の目安となる空室率の水準)は、近年では7%程度に上昇しているとみられるが、詳細なエリアレベルの分析によると、各エリアとも自然空室率は上昇傾向にあるものの、その上昇度合いは異なり、近年は渋谷区が千代田区を下回って最も低い結果となった。 エリア別の自然空室率の推計結果を実際の空室率と比較すると、足元までの空室率低下を受け、渋谷区や新宿区を中心に空室率ギ

昨年の高値に迫るJリート~収益力がさらに高まる可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月28日昨年の高値に迫るJリート~収益力がさらに高まる可能性 最近のJリート市場は、国内景気の回復傾向やそれに伴なう不動産市況の回復期待などを背景に、堅調な推移となっています。 Jリート全体の値動きを示す東証REIT指数は、昨年3月には1,700ポイントと近年の高値をつけましたが、足元では1,600ポイントを超えた水準で推移し、昨年の高値に迫る展開となっています。その背景としては、Jリートの分配金利回りが株式など国内の他資産と

息の長い上昇局面に向かう米国リート市場

息の長い上昇局面に向かう米国リート市場2014年7月29日<市場動向>米国リート市場は、昨年12月中旬を底に上昇基調に転じた後、足元では最高値を更新する展開になっています。主な背景としては次の2点が挙げられます。1点目は米国の利上げに対する警戒の後退と長期金利の低下が挙げられます。FRB(米国連邦準備制度理事会)は量的金融緩和策の縮小を進めており、今年10月の会合で資産購入プログラムの終了が発表される見込みですが、量的金融緩和策の終了後も「相当な期間」低金利を維持する方針を再三にわたって示してい

良好な不動産市況を背景に上昇が期待されるアジアREIT

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月23日良好な不動産市況を背景に上昇が期待されるアジアREIT アジアREITを代表するシンガポールREITと香港REITは、年初来好調なパフォーマンスとなっており、特に7月以降、世界株式が概ね横ばいで推移するなか、アジアREITは上昇を維持して推移しています。その背景として、アジアREITの成長期待の高まりと同時に、中国の成長鈍化への懸念が後退したことが挙げられます。7月に中国で発表された経済指標は、6月の製造業購買担当者景

北京のオフィス市場~アジア最大の賃料上昇を経て供給増加局面へ~

北京のオフィス市場~アジア最大の賃料上昇を経て供給増加局面へ~ | ニッセイ基礎研究所 北京のオフィス市場~アジア最大の賃料上昇を経て供給増加局面へ~ 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の首都である北京は、かつては上海に比べ経済的発展が遅れていたものの、2008年のオリンピック開催などを経て著しい経済成長を遂げた。オリンピック

2014年6月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期 | ニッセイ基礎研究所 Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期 金融研究部 不動産運用調査室長 加藤 えり子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 13年度の実質GDPは、アベノミクスと消費税率引き上げ前の駆け込み

プロパティ クロック(不動産時計)2014年第1四半期

「ジャパン プロパティ ダイジェスト 2017 年第2 四半期」 東京Aグレードオフィス空室率2.9%、賃料21四半期連続上昇大阪Aグレードオフィス空室率2.7%、賃料12四半期連続上昇[確報:日本の商業用不動産投資額 2017年上半期] 上半期は前年同期比15%増の2兆1,950億円、第2四半期は13%増の9,070億円2017年通年の投資額は3.7兆 - 4.0兆円程度と予測JLL東京・大阪Aグレードオフィス プロパティ クロック 2017年第2四半期東京は5四半期連続で緩やかに賃料上昇、大

シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月27日シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国 最近の米国では、景気回復の動きが進んでいることや、企業業績が改善していることなども相俟って、オフィス需要が増加しています。そうした中、シェール革命によってシェールガスやシェールオイルの生産量が急増し、その恩恵を受ける傾向にある製造業やエネルギー関連企業の活動が活発化していることなどがオフィス需要増に大きく貢献しており、米国の主要都市では力強いオフィス賃料の上昇が見込

世界一賃料が高いオフィス街はロンドン、東京は5位

クリックすると拡大します・ロンドンは2年連続で、世界で最も賃料が高いオフィス街・前年に引き続き香港が2位、東京は5位・昨年の世界のオフィス賃料は、全体で前年比3%上昇クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドはこのほど、2013年の世界のオフィス市場の賃料動向に関する年次調査レポート「OFFICE SPACE ACROSS THE WORLD 2014」を公表しました。このレポートによると、ロンドンのウエスト・エンド地区が2年連続で「世界一賃料が高いオフィス市場」となりました。同地区では、旺盛な需

東京のオフィス市況は底を打ったと思いますか?-2013年のオフィス市況と今後について

東京のオフィス市況は底を打ったと思いますか?-2013年のオフィス市況と今後について | ニッセイ基礎研究所 東京のオフィス市況は底を打ったと思いますか?-2013年のオフィス市況と今後について 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 東京のオフィス市況は底を打ったと思われますか?セミナーなどでこの質問させていただくと、出席者

リテール不動産市場レポート25周年記念号

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、世界のブランドショップ街の賃料動向に関する年次調査レポート「Main Streets Across the World」を公表しました。1988年にはじまり、今年で25周年となるこの調査は、世界64カ国334か所の一等地のブランドショップ街を賃料水準(注)に基づいてランク付けしており、世界のリテール不動産市場動向の指標となるものです。本レポートの要約は以下のとおりです。 (注)2013年6月末時点の賃料。以下、文中の%表示は前

プロパティ クロック(不動産時計)2013年第3四半期

「ジャパン プロパティ ダイジェスト 2017 年第2 四半期」 東京Aグレードオフィス空室率2.9%、賃料21四半期連続上昇大阪Aグレードオフィス空室率2.7%、賃料12四半期連続上昇[確報:日本の商業用不動産投資額 2017年上半期] 上半期は前年同期比15%増の2兆1,950億円、第2四半期は13%増の9,070億円2017年通年の投資額は3.7兆 - 4.0兆円程度と予測JLL東京・大阪Aグレードオフィス プロパティ クロック 2017年第2四半期東京は5四半期連続で緩やかに賃料上昇、大

東京オリンピック:ホテルマーケットへのインパクト

「ジャパン プロパティ ダイジェスト 2017 年第2 四半期」 東京Aグレードオフィス空室率2.9%、賃料21四半期連続上昇大阪Aグレードオフィス空室率2.7%、賃料12四半期連続上昇[確報:日本の商業用不動産投資額 2017年上半期] 上半期は前年同期比15%増の2兆1,950億円、第2四半期は13%増の9,070億円2017年通年の投資額は3.7兆 - 4.0兆円程度と予測JLL東京・大阪Aグレードオフィス プロパティ クロック 2017年第2四半期東京は5四半期連続で緩やかに賃料上昇、大

オリンピックとホテル市場に関する分析レポート ロンドン、北京

「ジャパン プロパティ ダイジェスト 2017 年第2 四半期」 東京Aグレードオフィス空室率2.9%、賃料21四半期連続上昇大阪Aグレードオフィス空室率2.7%、賃料12四半期連続上昇[確報:日本の商業用不動産投資額 2017年上半期] 上半期は前年同期比15%増の2兆1,950億円、第2四半期は13%増の9,070億円2017年通年の投資額は3.7兆 - 4.0兆円程度と予測JLL東京・大阪Aグレードオフィス プロパティ クロック 2017年第2四半期東京は5四半期連続で緩やかに賃料上昇、大

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善-不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期

景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善-不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善-不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善-不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせ

東京Bグレードオフィスレポート

「ジャパン プロパティ ダイジェスト 2017 年第2 四半期」 東京Aグレードオフィス空室率2.9%、賃料21四半期連続上昇大阪Aグレードオフィス空室率2.7%、賃料12四半期連続上昇[確報:日本の商業用不動産投資額 2017年上半期] 上半期は前年同期比15%増の2兆1,950億円、第2四半期は13%増の9,070億円2017年通年の投資額は3.7兆 - 4.0兆円程度と予測JLL東京・大阪Aグレードオフィス プロパティ クロック 2017年第2四半期東京は5四半期連続で緩やかに賃料上昇、大

景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善 - 不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期

景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善 - 不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期 | ニッセイ基礎研究所 景気回復の本格化と不動産市況の着実な改善 - 不動産クォータリー・レビュー2013年第2四半期 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月以降、株式市場と為替相場が不安定な動きをする一方で、1-3月の実質G

2013年6月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:5ビジネス

大幅上昇となった東京都心Aクラスオフィス賃料-不動産クォータリー・レビュー2013年第1四半期

大幅上昇となった東京都心Aクラスオフィス賃料-不動産クォータリー・レビュー2013年第1四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 大幅上昇となった東京都心Aクラスオフィス賃料-不動産クォータリー・レビュー2013年第1四半期大幅上昇となった東京都心Aクラスオフィス賃料-不動産クォータリー・レビュー2013年第1四半期 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメー

企業対象の調査です。

企業不動産(CRE)のトレンド調査

「ジャパン プロパティ ダイジェスト 2017 年第2 四半期」 東京Aグレードオフィス空室率2.9%、賃料21四半期連続上昇大阪Aグレードオフィス空室率2.7%、賃料12四半期連続上昇[確報:日本の商業用不動産投資額 2017年上半期] 上半期は前年同期比15%増の2兆1,950億円、第2四半期は13%増の9,070億円2017年通年の投資額は3.7兆 - 4.0兆円程度と予測JLL東京・大阪Aグレードオフィス プロパティ クロック 2017年第2四半期東京は5四半期連続で緩やかに賃料上昇、大

プロパティ クロック(不動産時計)2013年第1四半期

[確報:日本の商業用不動産投資額 2017年上半期] 上半期は前年同期比15%増の2兆1,950億円、第2四半期は13%増の9,070億円2017年通年の投資額は3.7兆 - 4.0兆円程度と予測JLL東京・大阪Aグレードオフィス プロパティ クロック 2017年第2四半期東京は5四半期連続で緩やかに賃料上昇、大阪は12四半期連続で賃料上昇率が加速JLL 2017年7月末時点の東京オフィス空室率・賃料を発表 メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミュニケーション​ メール: PR.Jap

大幅上昇となった東京都心Aクラスオフィス賃料 -不動産クォータリー・レビュー2013年第1四半期

大幅上昇となった東京都心Aクラスオフィス賃料 -不動産クォータリー・レビュー2013年第1四半期 | ニッセイ基礎研究所 大幅上昇となった東京都心Aクラスオフィス賃料 -不動産クォータリー・レビュー2013年第1四半期 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年末に発足した第二次安倍内閣の「アベノミクス」に伴う、急速な

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ