「賃金上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月10日日本生産性本部フィードバック数:0社会/政治

生産性及び賃金と物価・消費に関する推計

公益財団法人日本生産性本部は6月29日、「生産性及び賃金と物価・消費に関する推計」を発表した。未来投資戦略2017(2017年6月)では、サービス産業の生産性上昇率を2%とする目標が掲げられている。また、賃上げや物価(CPI)を+2%とする取組みも並行して進んでいる。今回の推計は、こうした取組みがどのような関係にあるのかを定量的に推計したものである。推計にあたっては、日本生産性本部が早見均・慶應義塾大学教授を座長とする「生産性と雇用・物価・賃金に関する研究会」を立ち上げ、各種政府統計を利用しなが

2017年6月6日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「ミドルの賃金上昇」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース62%の転職コンサルタントが 「ミドル対象の求人は給与がアップしている」と回答。 ―『ミドルの転職』コンサルタントアンケート「ミドルの賃金上昇」集計結果― 62%の転職コンサルタントが 「ミドル対象の求人は給与がアップしている」と回答。 『ミドルの転職』コンサルタントアンケート「ミドルの賃金上昇」集計結果人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締

2015年6月25日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

非正規賃金の上昇圧力 ~20歳代の人口減少がじわじわ~

Economic Trends経済関連レポート非正規賃金の上昇圧力発表日:2015年6月24日(水)~ 20歳 代 の 人 口 減 少 が じ わ じ わ ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)パート・アルバイトなど非正規雇用者の賃金が上昇してきている。長い目でみれば、20 歳代を中心とした若者人口の減少によって、労働需給がタイト化する効果が効いている。20 歳代の非正規雇用者の賃金は、賃金体系のベースラインになっているので、その賃金上昇が全体の報酬改善圧

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 内需が主役の景気回復

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 内需が主役の景気回復デフレ懸念は後退したが、インフレ懸念にはまだ早い ◆ユーロ圏の2015年1-3月期のGDP成長率は、前期比+0.4%の堅調な伸びとなった。個人消費(同+0.5%)のみならず、固定資本形成(同+0.8%)と政府消費(同+0.6%)も成長に貢献した。消費回復には原油安効果に加えて、就業者増と賃金上昇率の加速も追い風となっている。なお、4月以降の消費者信頼感は改善が頭打ち

2015年6月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果

【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは2ヵ月連続で20万人超6月5日、米国労働省(BLS)は5月の雇用統計を

2015年5月21日富士通フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂)

【PRESS RELEASE】2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂)2015年5月20日 株式会社富士通総研2015・2016年度経済見通し(2015年5月改訂) -賃金上昇を起点とした好循環へ-当社は、2015年1~3月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカの回復やユーロ圏の持ち直しにより、引き続き緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は賃金上昇によって消費が回復し、円安による国内への生産回帰が設備投資を刺激し、加えて輸

2015年5月11日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 予想よりも弱い雇用情勢で賃金上昇率も抑制(15年4月雇用統計) ~早期利上げ観測がさらに後退~

米国 予想よりも弱い雇用情勢で賃金上昇率も抑制(15年4月雇用統計) ~早期利上げ観測がさらに後退~

2015年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

課題が残るマクロ経済スライド改正案

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年4月7日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司6月から支給が開始される2015年度の年金額は、14年度から0.9%引き上げられる。消費税増税や円安で最近の物価は上昇傾向にあるが、年金額は物価の変化に応じて変動するのが基本である。ただ14暦年の消費者物価上昇率は2.7%だったから、0.9%では物価に追いつかない。その理由は、デフレ下で払われ過ぎてきた分の調整、物価と賃金の上昇率

物価上昇が望ましいわけではない

2015/03/19 ◆円安がもたらした物価上昇変動が激しいとされるエネルギーと食料品を除いた項目を対象にした消費者物価指数(コアコア)は、まさに消費者物価の核をなす部分だと言える。この指数の推移をみると、十数年にわたって下落し続けている。まさにデフレが続いてきたわけだ(図1では2005年以来の推移を示した)。図1 消費者物価(コアコア)と円の名目実効レートその物価指数は、2012年末に底を打って上昇に転じ、14年の春に消費税率の引き上げを受けて急騰した後も上昇が続いている。つまり13年以降の2

2015年3月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用は堅調も賃金上昇率が鈍いまま(15年2月雇用統計) ~「忍耐強く」を削除しても利上げ開始までは時間がかかる可能性~

米国 雇用は堅調も賃金上昇率が鈍いまま(15年2月雇用統計) ~「忍耐強く」を削除しても利上げ開始までは時間がかかる可能性~

2015年3月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化

【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化 | ニッセイ基礎研究所 【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸び、失業率ともに予想を上回る結果3月6日、米国労働省(BLS)は2月の雇用統計を公表した。2月の非農業

2015年2月9日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用は堅調も賃金上昇率の加速は一時的(15年1月雇用統計) ~雇用の質は緩やかに改善~

米国 雇用は堅調も賃金上昇率の加速は一時的(15年1月雇用統計) ~雇用の質は緩やかに改善~

2015年2月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場

【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場 | ニッセイ基礎研究所 【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数は力強い伸びが持続2月6日、米国労働省(BLS)は1月の雇用統計を公表した。1月の非農業部門雇用者数は前月対比で+25.7万人

2015年2月4日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金上昇が中小企業に行き渡るには ~中小企業には小売・サービス・建設が多い~

賃金上昇が中小企業に行き渡るには ~中小企業には小売・サービス・建設が多い~

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金上昇率が高まらない〝謎″ ~賃上げしない企業が多いからではない~

賃金上昇率が高まらない〝謎″ ~賃上げしない企業が多いからではない~

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか原油価格の変動で実態が把握しにくいがインフレ圧力は限定的 2015年1月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆新たな連邦議会が始まった。オバマ大統領による一般教書演説と予算教書発表を経て、財政論議が本格化することになる。最初の課題となるのは、2015年度の暫定予算のうち、国土安全保障省関連の予算が2月末で切れることである。◆金融政策

【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び

【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び | ニッセイ基礎研究所 【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸び、失業率ともに予想を上回る結果1月9日、米国労働省(BLS)は12月の雇用統計を

2014年12月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:12月英国労働統計・MPC議事録 ~賃金上昇の芽を確認も、利上げを急ぐ必要はない~

欧州経済指標コメント:12月英国労働統計・MPC議事録 ~賃金上昇の芽を確認も、利上げを急ぐ必要はない~

2014年12月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費の回復は期待できるのか~消費停滞を脱するカギは低所得者対策と原油安~

みずほインサイト日本経済2014 年 12 月 19 日消費の回復は期待できるのかみずほ総合研究所消費停滞から脱するカギは低所得者対策と原油安調査本部経済調査部03-3591-1418○ 消費増税後の個人消費は、低所得者ほど回復の動きが弱い。この理由として、物価の上昇に対し、賃金の上昇ペースが鈍いことが挙げられる○ 労働者の約4割が働く中小企業は、円安に伴うコスト増もあって、人件費の増加に対し慎重なスタンスを崩していないとみられる○ 個人消費本格回復に向けた当面の課題として、即効性を重視した低所

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の欧州経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年の欧州経済見通し追加緩和に踏み込むECB、利上げ開始時期を探るBOE ◆2015年のユーロ圏経済は低空飛行を続け、GDP成長率は2014年の+0.8%(推定値)とほぼ同水準の+0.9%程度にとどまると予想する。原油価格下落とユーロ安が追い風となって、個人消費と輸出の緩やかな回復が続くと予想するが、投資の持ち直しは限定的となろう。2014年年央の景気停滞の主因だったドイツ、フランス、イタリアの

FRBの金融政策正常化と米国の個人消費

○米連邦準備制度理事会(FRB)は2015年中頃にも金融危機後初となる利上げを行い、肥大化したバランスシートの縮小に着手する見通しである(金融政策の正常化)。本レポートは、個人消費の周辺環境の現状を整理することを通じて、FRBの金融政策正常化に伴う金融環境の変化が景気に与える影響を展望する。○雇用・所得情勢に注目すると、雇用が改善する一方で賃金上昇が滞っている。背景には、非正規雇用化が進み、低賃金産業に従事する人々が増えたことがある。こうした環境の下で所得格差も拡大しており、消費のすそ野を担う中

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 失業率は変わらずも雇用者数が大幅増加(14年11月雇用統計) ~雇用の質が改善傾向にある一方で賃金上昇は依然抑制~

米国 失業率は変わらずも雇用者数が大幅増加(14年11月雇用統計) ~雇用の質が改善傾向にある一方で賃金上昇は依然抑制~

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金上昇は「どこで」起きた?~“都市部だけ”とも言い切れない~

賃金上昇は「どこで」起きた?~“都市部だけ”とも言い切れない~

2014年11月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年11月号

みずほ米国経済情報2014年11月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は、米国経済の拡大が続いていることを示している。市場では株価が持ち直す一方、ドル高と油価の下落が続いている。みずほ総合研究所の試算では、市場変動に伴う米経済の下ぶれリスクは小さい。◆企業業況は高水準を維持し、生産活動も拡大基調にある。雇用は堅調に拡大し、労働需給は改善している。9月に落ち込んだ個人消費は持ち直している。企業の設備投資は減速しつつも増加傾向を保っている。◆住宅市場では回復が続いている。住宅着工と住宅販売は底堅く推

2014年11月10日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用情勢は一段と改善(14年10月雇用統計) ~雇用の質は改善傾向も賃金上昇は依然抑制~

U.S.Indicators米国 雇用情勢は雇用情勢は一段と一段と改善(改善(14年10月10月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2014:2014年11月7日(金日(金)~雇用の質は雇用の質は改善傾向改善傾向も傾向も賃金上昇は賃金上昇は依然抑制依然抑制~抑制~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001米国雇用動向(The Employment Situation)失業率 非農業部門雇用者数製造業 建設業 サービス関連業小売業前月差四

2014年10月24日第一生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金上昇についてのレポートです。

賃金上昇は「どこで」起きた? ~“都市部だけ”とも言い切れない~

賃金上昇は「どこで」起きた? ~“都市部だけ”とも言い切れない~

2014年10月6日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 失業率は5.9%に低下も参加率が下げ止まらず(14年9月雇用統計) ~雇用の質改善はまちまちで賃金上昇も依然抑制~

米国 失業率は5.9%に低下も参加率が下げ止まらず(14年9月雇用統計) ~雇用の質改善はまちまちで賃金上昇も依然抑制~

2014年9月26日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足についてのレポートです。

人手不足は解消するか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 人手不足は解消するか?当面、人手不足が成長のボトルネックとなる可能性は低い 2014年9月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆有効求人倍率が1倍を上回る水準で推移していることにも表れているように、企業では人材確保が困難となり、機会損失の発生や人件費の増加など、人手不足による悪影響が問題となりつつある。本稿では、今回の景気拡大局面(2012年12月~)の動向を中心に、

改善が続く米国の雇用情勢と注目される雇用の質

〈レポート〉経済・金融改善が続く米国の雇用情勢と注目される雇用の質研究員 趙 玉亮1  はじめにいるとされる20万人増という基準を6か月連金融危機以後、大胆な金融緩和を続けている連邦準備制度理事会(FRB)はその解除の条続で超えたのは、17年ぶりで、雇用情勢の改善は続いているといえる(第1図)。件として、失業問題に焦点を当ててきた。このところ、失業率などの雇用指標が順調に改3  雇用情勢の質的改善は道半ば善し続けるなか、早ければ2015年上期にも利上述のように、非農業部門雇用者数の改善上げが行わ

2014年9月11日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

徹底解剖・賃金上昇の現状 ~4割を占める中小企業の賃上げが鈍い~

徹底解剖・賃金上昇の現状 ~4割を占める中小企業の賃上げが鈍い~

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 予想下振れも雇用は緩やかな増加基調を維持(14年8月雇用統計) ~雇用の質改善はまちまち、賃金上昇は依然抑制~

米国 予想下振れも雇用は緩やかな増加基調を維持(14年8月雇用統計) ~雇用の質改善はまちまち、賃金上昇は依然抑制~

2014年9月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 | ニッセイ基礎研究所 【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月5日、米国労働省(BLS)は8月の雇用統計を公表した。8月の非農業部門雇用者数は前月対比で14.2万人の増加 (前月改定値:+21.2万人)となり、

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は、1-3月期の実質成長率が季節調整済の年率換算で▲2.9%(3次改定値)となり、前期(+2.6%

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【2014年7月米雇用統計】悲観する内容ではないが…、「質」の改善は進んでいない

【7月米雇用統計】悲観する内容ではないが…、「質」の改善は進んでいない | ニッセイ基礎研究所 【7月米雇用統計】悲観する内容ではないが…、「質」の改善は進んでいない 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8月1日、米国労働省(BLS)は7月の雇用統計を公表した。7月の非農業部門雇用者数は前月対比で20.9万人の増加(前月改定値:+29.8万人)と

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済 ~インフレ安定を背景に早期引き締め回避~

米国経済 ~インフレ安定を背景に早期引き締め回避~経済調査部利上げ前倒し観測桂畑 誠治がスラックの残存を示すと発言したことで、市場米国では、悪天候や昨年後半の反動等により、では賃金の動きを注視している。賃金上昇率は、14年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率スラックが残っているような状況でも、小幅高ま▲2.9%と12四半期ぶりのマイナス成長となった。った。今後も失業率の低下に伴い上昇幅を拡大すしかし、雇用情勢の改善は続いており、失業率はると見込まれ、利上げ観測が強まり、市場金利の6月に6.1

【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向

【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向 | ニッセイ基礎研究所 【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は金融危機で失われた雇用の「量」の面での回復は進んできたが、「質」の面での回復が遅れている。「雇用の質」を反映する指標のなかでも、賃金上昇率の動向には注目が集まる。イエレンFRB議長が雇用環境の改善は最終的に

2014年7月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【2014年6月米雇用統計】雇用増28.8万、予想を大幅に上回る

【6月米雇用統計】雇用増28.8万、予想を大幅に上回る | ニッセイ基礎研究所 【6月米雇用統計】雇用増28.8万、予想を大幅に上回る 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 7月3日、米国労働省(BLS)は6月の雇用統計を公表した。6月の非農業部門雇用者数は前月対比で28.8万人の増加(前月改定値:+22.4万人)となり、雇用改善の目途となる20万

2014年7月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年央米欧経済見通し-米国では成長ペース加速へ、欧州では自律回復力になお脆弱さ

Research Reporthttp://www.jri.co.jp2014年7月2日No.2014-0012014年央米欧経済見通し~ 米国では成長ペース加速へ、欧州では自律回復力になお脆弱さ ~調査部 マクロ経済研究センター《要 点》◆ 米国経済は、回復傾向が持続。ただし、2013年半ば以降、住宅市場の回復が足踏み状態にあるほか、個人消費・設備投資ともに過去の景気回復局面と比べ力強さを欠く状況。欧州経済は、緩やかな回復傾向が続いているものの、回復の動きが明確化しているドイツ・スペインと、低

2014年6月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

年金財政をやさしく解説(上編) ~2014年財政検証の収支バランス~

Economic Trends経済関連レポート年金財政をやさしく解説(上編)発表日:2014年6月13日(金)~ 2014年 財 政 検 証 の 収 支 バ ラ ン ス ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)5 年に 1 度の財政検証は、公的年金の将来像を考える好材料である。しかし、発表資料は、非常にわかりにくい。本稿は、筆者が大切と考えるポイントのみを絞り込み、年金の将来収支がどう作られているかをやさしく解説する。結論を先取りすると、前々から指摘された「

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数2014年5月の米雇用統計:しかし賃金上昇圧力は限定的 2014年6月9日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平◆2014年5月の非農業部門雇用者数は前月差21.7万人増と、前月(同28.2万人増)から増加幅が縮小したが、4ヵ月連続で20万人台の増加となった。悪天候の下押しやその反動増を経て、なおも雇用の量的改善が続いていることが示された。◆失業率

2014年5月9日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

到来しつつある人手不足局面の特徴と課題-賃金上昇・生産性向上の好循環に向けた鍵は正社員改革

到来しつつある人手不足局面の特徴と課題-賃金上昇・生産性向上の好循環に向けた鍵は正社員改革

2014年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金は上がり始めたか、企業行動に転換の兆し

リサーチ TODAY2014 年 4 月 23 日賃金は上がり始めたか、企業行動に転換の兆し常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創賃金の引上げに関する報道が目立ってきた。みずほ総合研究所は、2014年夏季ボーナスの見通しを発表しており、2014年の夏の一人当たりボーナス支給額(民間企業)は前年比+1.6%と2年連続で増加すると予測した1。円安や内需回復による企業収益の改善と安倍政権の賃上げ要請が、ボーナス増額を後押しすると考えられる。これを企業行動の観点からみると、長く続いた「デフレ・リスト

2014年4月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

BTMU Focus USA Weekly:3月雇用統計~焦点はいずれ労働需給から賃金上昇率へ

BTMU Focus USA Weekly:3月雇用統計~焦点はいずれ労働需給から賃金上昇率へ

2014年3月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年2月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月雇用統計就業者数の増加が失業率を押し下げており、極めて良い内容。 ◆2014年2月の完全失業率(季節調整値)は3.6%となり、前月から0.1%pt改善した。失業者数は前月差▲9万人の減少、就業者数は同+13万人と増加した。非労働力人口は前月差▲4万人と減少した。◆2014年2月の有効求人倍率(季節調整値)は1.05倍と前月から0.01pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数、有効求人数ともに前月か

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費増税でも景気腰折れ回避? ~家計負担は年9万円も、外部環境は97年度と大きく異なる~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:消費増税でも景気腰折れ回避?2014年3月14日(金)~家計負担は年9万円も、外部環境は97年度と大きく異なる~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 今回の消費増税の負担額は8兆円以上になり、4人家族(有業者一人)の平均的家計への負担額は年間約9万円増加すると試算される。一方、企業が消費税率の8兆円の負担分のうち3兆円程度は価格転嫁できないと想定される。● 内閣府のマクロ計量モ

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

春闘を受けた賃金上昇 ~期待される中小企業への波及~

Economic Trends経済関連レポート春闘を受けた賃金上昇発表日:2014年3月14日(金)~期待される中小企業への波及~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)3 月 12 日の春闘の集中回答をみて、経営者が賃上げに予想以上に前向きになったと感じられる。これは競争原理が働いたせいだろう。現時点の賃上げ予想は、所定内給与では 2014 年度前年比で+1.0%の上昇圧力が働き、特別給与では前年比+7.8%の上昇圧力である。その効果は、消費税増税後に消費が

2014年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

損益分岐点が大幅低下、中小も賃金上昇余地がある

損益分岐点が大幅低下、中小も賃金上昇余地がある

2014年1月27日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金についてのレポートです。

本当に賃金は上がるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 本当に賃金は上がるのか?収益が好調な製造業での上昇に期待 ◆安倍政権による後押しもあり、賃上げの議論が高まっている。経団連が6年ぶりのベアを容認するといった動きもみられるが、最終的な賃上げ動向は個別企業の判断に委ねられることになる。今後の賃上げ動向を見通すため、賃金上昇を取り巻く各産業の環境を概観する。◆アンケート調査によると、企業が賃上げに際して最も重視しているのは、圧倒的に企業収益動向である。ただ

2013年12月26日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:初めて揃う政策不透明感緩和と賃金上昇

BTMU Focus USA Weekly:初めて揃う政策不透明感緩和と賃金上昇

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の欧州経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年の欧州経済見通し低成長&低インフレで金融政策は緩和継続 ◆2014年のユーロ圏経済は2013年半ばに始まった緩やかな景気の持ち直しが継続するとみている。GDP成長率は2013年の-0.4%(推定値)から2014年は+0.9%へ転じると予想する。景気回復を牽引するのは内外需の回復が見込まれるドイツで、これに中東欧諸国や、オランダ、ベルギー、オーストリアなどドイツの近隣諸国が追随しよう。一方、ス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ