「賃金増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

関西経済についてのレポートです。

関西の実質賃金上昇は2015年度から

APIRが行った最新の経済予測(Kansai Economic Insight Quarterly No.25)によると、2014年度の関西経済の実質GRP(域内総生産)成長率は-0.4%となる見込みである。2014年度は消費増税による物価上昇が実質所得低下を通じて個人消費を低迷させ、大きな成長抑制要因となった。個人消費増加のためには実質賃金が上昇することが必要であるが、果たして今後実質賃金は上昇していくのか。企業収益の好転、人手不足による賃金上昇圧力、非正規雇用者の賃金増加、消費増税の影響剥落

2013年1~6月実施分 昇給、ベースアップ実施状況調査

2013 年 1~6 月実施分 昇給、ベースアップ実施状況調査結果2013 年 12 月 27 日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会Ⅰ.調査の基本事項調査目的:賃金引上げの実態と動向を把握し、今後の賃金対策の参考とするために 1953年より毎年実施している調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,909 社調査時期:2013 年5月 29 日~6月 28 日回答状況:集計企業数 472 社(有効回答率 24.7%)(製造業 51.9%、非製造業 48.1% 従業員 500

2013年7月31日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職前後の賃金の増減を見ています。

転職入職者の賃金変動に関する状況

労働市場分析レポート第 15 号平成 25 年7月 30 日転職入職者の賃金変動に関する状況○ 2000~2011 年の「雇用動向調査」を用いて、転職入職者(調査年1年間に調査事業所に入職した人のうち、当該事業所に入職する前1年以内に就業経験があり、前職が雇用者の人)の転職前後の賃金変化の状況をみる。(転職入職者全体について)○ 2000~2011 年の転職入職者全体では、概ね、転職前後の「賃金が変わらない」が3割台後半、「賃金が増加」が3割前後、「賃金が減少」が3割程度で推移している。この結果

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ