調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 賃金失業率

「賃金失業率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月25日三井住友信託銀行フィードバック数:0社会/政治

調査月報 2015年3月号 No.35

2015.3№35調査月報時論格差問題への処方箋としての成長追求・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1経済の動き2015年度までの内外経済見通し~日本経済の回復ペースは加速に転じる~・・・・・・・・3雇用者増加が支える米国家計所得環境・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12ECBの量的緩和は貸出増加に繋がるか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~来月には7%の閾値到達の可能性~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2014年1月23日(木)~来月には7%の閾値到達の可能性~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 22日に発表された9-11月平均の失業率(労働力調査)は7.1%と、8-10月平均の7.4%から一段と低下、金融緩和継続の閾値である7.0%に接近した。振れの大きい月次計数は、8月:8.0%→9月:7.1%→10月:7.0%→11月:7.4%。3ヶ月移動平均値を引き上げていた8月値から除

2013年12月19日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~緩和終了までのカウントダウン~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2013年12月18日(水)~緩和終了までのカウントダウン~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 英国の労働力調査基準の失業率(3ヶ月移動平均、BOEのフォワード・ガイダンスの閾値)は、810月平均で7.4%と7-9月平均から0.2%ポイント低下した(左図)。振れの大きい月次計数は8月に8.0%に上振れした後、9月は7.1%に急低下(単月では2009年2月以来の低水準)、10月はさら

2013年10月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~来月発表分は低下トレンドが小休止~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2013年10月17日(木)~来月発表分は低下トレンドが小休止~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 英国の労働力調査基準の失業率(3ヶ月移動平均、BOEのフォワード・ガイダンスの閾値)は、6-8月に7.7%と5-7月から横ばい(左図)。振れの大きい月次計数は6月:7.4%→7月:7.7%→8月:8.0%と上昇し、これは低下トレンドを辿る失業給付基準の失業率の動きと食い違っている。9

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ