調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 賃金引き上げ

「賃金引き上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年10月26日北洋銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足、賃金上昇の流れです。

雇用と賃金の現状について

雇用と賃金の現状について1.雇用の現状2.今後の雇用方針3.賃金の動向平成26年10月23日北洋 銀 行(調査委託先)株式会社北海道二十一世紀総合研究所電話 011-231-8681(調査部 斉藤、廣谷)特別調査雇用と賃金の現状について55%の企業が人手不足< 要 約 >1.雇用の現状雇用人員判断DI(「過剰企業」-「不足企業」、マイナス 50)は前年同期に比べ 10 ポイント低下した。人員が「不足」と回答した企業(55%)は半数を超えた。前年同期に比べ 8 ポイント上昇しており、人手不足感が一

2014年10月8日商工中金★フィードバック数:0キャリアとスキル

商工中金による企業調査です。

賃金の動向と商流の変化(2014年7月調査)

情報メモ No.26-87設備投資動向調査付帯調査(2014 年 7 月調査)賃金の動向と商流の変化2014 年 10 月 8 日調査部[担当:上田 Tel:03-3246-9370]【調査結果の要旨】1. 今年度の賃金の対応方針 今年度ベースアップを行う企業は 26.4%と、前年度(17.6%)から増加。 夏季賞与を引き上げる企業は 34.6%と、前年度(28.4%)から増加。冬季賞与を引き上げる企業は 26.3%と前年度(33.1%)から減少しているものの、「未定」が 32.4%と多く、

グラフで見る関西経済(2014年6月)

2014年06月25日【今月の景気判断】関西経済は、消費税率引き上げの反動により一部でこれまでの増勢が一服しているものの、緩やかに持ち直している。消費税引き上げ前の駆け込みで増加していた生産は、4月も高水準で推移している。輸出入は月次の振幅はあるものの、均して見ると底堅く推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などの持ち直しが一服しているが、賃金は現金給与総額が前年比で増加となり、下げ止まりつつある。そのような中、個人消費は緩やかに持ち直しているが、消費税率引き上げ前の駆け込みの

グラフで見る関西経済(2014年5月)

2014年05月28日【今月の景気判断】関西経済は、消費税率引き上げの反動により一部でこれまでの増勢が一服しているものの、緩やかに持ち直している。生産は消費税率引き上げ前の駆け込みが影響して増加したが、足下では高水準で横ばいとなっている。輸出入は月次の振幅はあるものの、均して見ると横ばいで推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などが緩やかに持ち直している。賃金は緩やかに減少している。個人消費は消費税率引き上げ前の駆け込みの後、一部に反動減がみられる。住宅投資は、消費税率引き上げ

グラフで見る関西経済(2014年4月)

2014年04月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は消費税率引き上げ前の駆け込みとその反動も見受けられるが、緩やかな持ち直しが続いている。輸出は金額ベースでの前年比伸び率が鈍化し、実質ベースの水準では横ばいで推移している。雇用環境をみると、完全失業率、有効求人倍率などが緩やかに持ち直している。賃金は緩やかに減少しているが、個人消費は消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあり持ち直している。設備投資は、大企業の実績が足下で前年比増加となるなど、非製造業を中心に持ち直してきて

2013年11月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税率の独並引き下げ、10年間で4兆円投資押し上げ

リサーチ TODAY2013 年 11 月 15 日法人税率の独並引き下げ、10年間で4兆円投資押し上げ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創政府は2014年4月に消費税率を8%に引き上げるのに合わせ、設備投資を促す設備投資減税の実施を決定した。さらに、安倍政権はポリシーミックスの一環として法人税率の引き下げに向けた対応を示してきた。具体的には、東日本大震災に絡んだ復興特別増税での法人税率引き上げを1年前倒しで終えるものである。同時に、2015年以降段階的に中長期的な法人税の実効税率の引き下

2013年6月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス、半年間の評価

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年6月 25 日No.2013-009アベノミクス、半年間の評価調査部 チーフエコノミスト 山田 久《要 点》◆ 5月中下旬以降の金融マーケットの調整により、アベノミクスは期待先行・市場先導の第1フェーズが終焉、実体経済そのものの改善が問われる第2フェーズに入りつつある。◆ 金融政策主導であったアベノミクス・第1フェーズから得られる知見・教訓は、①非伝統的金融政策は「期待」に働きかける点で一定の成果を挙げ得ること、②金

2013年3月13日日本総研★フィードバック数:1社会/政治

経済の観点からの賃金状況についてのレポートです。

【新しい成長戦略シリーズ⑥】持続的賃金引上げへの戦略

Research Reporthttp://www.jri.co.jp≪新しい成長戦略シリーズ⑥≫持続的賃金引上げへの戦略― 賃金下落のメカニズムと「デフレ・低成長」脱却への処方箋 ―調査部 チーフエコノミスト山田 久2013年3月12日No.2012-17Copyright (C) 2012 The Japan Research Institute, Limited. All Rights Reserved.[tv1.0]要点①:賃金下落のメカニズム◆わが国の賃金は1997年をピークに下落基調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ