「賃金改定」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2016年3月卒「新規学卒者決定初任給調査

2016 年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」2016 年 10 月 13 日 (一社)日本経済団体連合会 (一社)東京経営者協会 Ⅰ.調査の基本事項 調査目的:新規学卒者の初任給の実態と動向を把握し、今後の初任給対策の参考と するために 1952 年より毎年実施(東京経営者協会との共同調査) 調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,918 社 調査時期:2016 年 6 月 7 日~7 月 1 日 回答状況:集計企業数 493 社(有効回答率 25.7%) (製造業 51

2016年2月13日産労総合研究所フィードバック数:0ビジネス

2016年 春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版2016年 春季労使交渉にのぞむ 経営側のスタンス調査update:2016.02.09賃上げ実施予定企業は6割弱 賃上げ率は「2015年と同程度」が6割 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、毎年、春季労使交渉に先がけ「春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査」を実施しています。このたび2016年の調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。 調査の結果、今春に賃上げを「実施予定」の企業は6割弱(58.9%)、

2015年春季の賃金動向調査

平成 27 年 6 月 24 日2015 年春季の賃金動向調査「景気回復」の状況を把握するための重要な要素である「2015 年春季の賃金動向」についての特別調 査を、今回の第 65 回岐阜県景況調査(2015 年 4-6 月期実績、2015 年 7-9 月期見通し)に併せて実施 した。1.結果概要○県内で賃上げを実施した企業は、定期昇給等を含めると、全体の 5 割超。 ○賃上げの方法としては、ベースアップを実施した企業は 4 割超、定期昇給は 6 割超、賞与増額は 2 割弱。 〇賃金決定の理由は

埼玉県での調査です。

賃上げを実施する企業は62.9%、3年連続の増加-埼玉県内賃金改定状況調査-

賃上げを実施する企業は62.9%、3年連続の増加-埼玉県内賃金改定状況調査-

2015年4月19日鹿児島経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金改定計画・新入社員の初任給改定計画調査(2015年調査)

(旧 鹿児島経済研究所)九州経済研究所(旧社名:鹿児島経済研究所)のホームページはリニューアルいたしました。該当するURLのページはありません。下記リンクよりトップページへお戻りください。ブックマークされている方は変更をお願いします。 〒892-0826 鹿児島市呉服町3番10号 鹿児島銀行呉服町別館3F 〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-1 肥後天神宝ビル6F 鹿児島銀行福岡事務所内

2015年3月15日産労総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

経営側の調査です。

2015年 春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版2015年 春季労使交渉にのぞむ 経営側のスタンス調査update:2015.03.12今春に「賃上げ実施予定」は6割弱 賃上げ率の予測は6割が昨年と同程度 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、毎年、春季労使交渉に先がけ「春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査」を実施しています。2015年調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。 印刷用PDFのダウンロード2015年 春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査

2014年4月18日鹿児島経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金改定計画・新入社員の初任給改定計画調査(2014年調査)

(旧 鹿児島経済研究所)九州経済研究所(旧社名:鹿児島経済研究所)のホームページはリニューアルいたしました。該当するURLのページはありません。下記リンクよりトップページへお戻りください。ブックマークされている方は変更をお願いします。 〒892-0826 鹿児島市呉服町3番10号 鹿児島銀行呉服町別館3F 〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-1 肥後天神宝ビル6F 鹿児島銀行福岡事務所内

2013年9月13日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府によるレポートです。

賃金の動向について-最近の所定内給与・特別給与の変化-

1.はじめに我が国の景気は 2013 年に入り持ち直しに転じているが、本年1−3月期、4−6月期のGDP速報をみると、過去の持ち直し局面と比べ、個人消費の寄与が大きくなっている。もっともこれまでの消費の好調さは資産効果やマインドの改善を背景としている側面が強く、今後、引き続き個人消費が上向きのトレンドを維持するためには、雇用の拡大とともに賃金の上昇がカギとなってくる。また、賃金の持続的上昇はデフレ脱却を実現するための重要な基盤でもある。そこで、本稿では、今回の景気持ち直し局面において、賃金の上昇

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ