「賃金格差」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

Women in Work Index(働く女性インデックス)

PwC、調査レポート「Women in Work Index(働く女性インデックス)」を発表‐女性の経済的エンパワーメントは着実に拡大するも、男性との賃金格差は依然として大きな課題 OECD加盟33カ国で男女同一賃金が実現すれば、女性の賃金は総額2兆米ドル増加 ※本プレスリリースは、2017年2月21日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳に、日本のランキング結果を追記したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。 最新のPwC調査レポート「Women in Wor

日韓比較(1):大卒初任給―韓国の大卒初任給は本当に日本より高いのか?―

日韓比較(1):大卒初任給―韓国の大卒初任給は本当に日本より高いのか?― | ニッセイ基礎研究所 日韓比較(1):大卒初任給―韓国の大卒初任給は本当に日本より高いのか?― 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国経営者総協会が2014年11月に発表した「2014年賃金調整実態調査結果」によると、2014年における大卒初任給は、27

2015年5月22日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

ミンサー型賃金関数の推計とBlinder-Oaxaca分解による賃金格差の分析

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper No.320 ミンサー型賃金関数の推計とBlinder-Oaxaca分解による賃金格差の分析 ミンサー型賃金関数の推計とBlinder-Oaxaca分解による賃金格差の分析吉岡内閣府経済社会総合研究所上席主任研究官 要旨本稿では、「賃金構造基本統計調査」の個票を用いて、Mincer (1974) によって示された、いわゆるミンサー型の賃金関数を、川口 (2011) が指摘する留意点にも注意を払いつつ推計している。さらに、賃金格

第12回北東アジア労働フォーラム報告書 最近の賃金動向と最低賃金制度

概要労働政策研究・研修機構(JILPT)は2014年9月26日、中国労働保障科学研究院(CALSS)・韓国労働研究院(KLI)との共催による第12回北東アジア労働フォーラム(日中韓ワークショップ)を東京で開催しました。日本では、2014年の民間企業の春季賃金交渉において、政府の働きかけのもと、大企業を中心に正社員の基本給を底上げするベースアップが実施され、賃上げ率は2.19%と13年ぶりの高水準を記録しました。長期に渡るデフレから脱却し、経済を持続的な成長に導くためには、継続的な賃金上昇ととも

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

産後の女性の就労継続を阻むもの

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 産後の女性の就労継続を阻むもの男女間の賃金格差是正と柔軟な労働環境の整備が求められる ◆少子高齢化が急速に進むわが国では、労働力不足が懸念されており、労働力人口減少の対応策としてのみならず、潜在成長率の底上げを目指すための重要課題として女性の活躍推進が掲げられているが、課題は多い。1985年に男女雇用機会均等法が制定されてから30年近くが経過し、就業者全体に占める女性の割合が上昇しているものの、出産・

所得分配を考える(2)  『所得格差拡大の原因(その1)』

所得分配を考える(2)『所得格差拡大の原因(その1)』 2014/02/21政策研究事業本部 東京本部 副本部長・主任研究員 相川 宗徳 1.我が国の所得格差拡大の原因昨年発表になった「平成23年度所得再分配調査」から世帯別の調査結果を図表1に示している。世帯類型別にジニ係数(※1)をみると、総数の当初所得が0.5536であるのに対し、「単独世帯」が0.6801、「夫婦のみ世帯」が0.6309と総数のジニ係数を上回っている。世帯主年齢別についてみると、「65~69歳」が0.6175、「70~7

連合によるレポートです。

連合・賃金レポート2013 -デフレと賃金格差拡大の15年-

連合・賃金レポート2013 −デフレと賃金格差拡大の15年−

2013年6月13日経済産業研究所フィードバック数:8キャリアとスキル

賃金構造の官民比較

賃金構造の官民比較概要行政サービスは大きな経済的シェアを持つサービス・セクターであり、その効率性は一国の経済パフォーマンスに大きく影響する。本稿は、「就業構造基本調査」(2007年)のミクロデータを使用して賃金関数を推計し、官公庁と民間企業の賃金構造を比較する。平均賃金水準の官民比較ではなく、性別・年齢・学歴・職種等による賃金構造の違いや分布特性に焦点を当てる。分析結果によれば、(1)欧米主要国と同様、官公庁は民間企業と比較して、男女間賃金格差、大学・大学院を含む学歴間賃金格差が小さい。(2)官

2013年5月16日大和総研フィードバック数:3社会/政治

賃金格差と物価格差

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年5月16日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 中村 昌宏「ジェトロセンサー」2013年5月号に、アジア主要33都市・地域の投資関連コスト比較が発表された。為替レートや集計対象の連続性の問題はあるが、製造業の一般工の月額基本給はタイ(バンコク)で345ドル、ベトナム(ホーチミン)で148ドル、ラオス(ビエンチャン)で132ドル、カンボジア(プノンペン)で74ドル、ミャンマー(ヤンゴン

2013年5月14日経済産業研究所フィードバック数:21キャリアとスキル

職場における男女間格差の動学的研究:日本大企業の計量分析的ケーススタディ

ノンテクニカルサマリー 職場における男女間格差の動学的研究:日本大企業の計量分析的ケーススタディこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度)「企業内人的資源配分メカ

依然大きい「期間制」と「正規」の賃金格差-韓国労働研究院が発表

依然大きい「期間制」と「正規」の賃金格差 韓国労働研究院は2月5日、「期間制労働と正規労働の賃金格差の推移」と題する調査結果を発表した。それによると、雇用契約期間に定めのある期間制労働者の2012年の平均賃金(月額)は、正規労働者の62.8%の水準だった。時間制労働者と派遣などの非典型労働者を加えた非正規労働者全体では56.6%の水準にとどまる。なお、2012年8月時点の非正規労働者数は591万1000人で、全雇用労働者数1773万4000人の33.3%を占めている。「期間制」の賃金水準は「正規

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ