「資料作成」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ブラジル経済、回復の条件とは?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月8日ブラジルは、2億人を超える人口を有し、国民の年齢も若く、鉄鉱石などの資源も豊富で、2016年にはリオデジャネイロでのオリンピック開催を控えています。こうしたことから、将来有望な市場と見られているにも関わらず、今年の経済成長予測は1%程度のマイナスが見込まれるなど、足元では経済に減速が見られています。減速の背景には、高いインフレ率と金利などが挙げられます。消費者物価指数が4月に前年同月比8.17%となるなど、ブラジル中央銀行

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ2015年6月4日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.75%に>ブラジル中央銀行は、6月3日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.75%としました。中央銀行は2014年10月に利上げを再開し、今回で6回目の政策金利引き上げとなります。利上げ幅の合計は2.75%になります。中央銀行は声明文において、「マク

依然、不透明なギリシャ情勢~支援融資の再開交渉は継続

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月18日依然、不透明なギリシャ情勢~支援融資の再開交渉は継続 財政ひっ迫などに苦しむギリシャとこれを支援するEU(欧州連合)などは、今年2月に既存のギリシャ支援プログラムを6月末まで延長することで合意した後、同国向け融資の実行再開などを巡り、協議を続けています。ただし、融資再開の条件として厳しい財政・経済改革が求められているのに対し、チプラス首相率いるギリシャ政府が、年金の削減や労働市場改革は選挙公約に反するとして受け入れを拒

金利の「力(ちから)」を利用する

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月13日新興国では、経済成長に伴なう資金需要の拡大などによって、債券市場の規模が拡大傾向にあります。加えて、対外債務残高の減少や外貨準備高の増加などを背景に、国の信用度も安定化し、また、比較的高い金利と相俟って、新興国の国債や債券への注目度を高めています。また、相対的に信用度が高いと見られる先進国の国債や債券においても、日本のそれらを大きく上回る利回りとなっています。という考え方を参考にすると、日本の国債利回り(下図:0.34%

J-REIT市場の現状と今後の見通し

<足元の状況>2015年2月以降、10年国債利回りが国債入札の不調による需給悪化懸念の高まりにより上昇する局面が度々あり、不安定に推移したことや、3月に米国の早期利上げ懸念の強まりなどを受けて国内株式市況の上値が重くなったことなどを背景に、J-REIT市場は一進一退の相場展開が続きました。直近では、4月末の欧州における長期金利の急騰を受けて国内長期金利が上昇したため、J-REIT市場はやや乱高下する相場となりました。また、昨年後半から上昇基調が続いたことによる高値警戒感や、J-REIT各社による

各国の通貨価値を考える~金価格から見た通貨価値の推移

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月30日各国の通貨価値を考える~金価格から見た通貨価値の推移 堅調さを取り戻しつつある米国経済の現状に鑑み、FRB(米連邦準備制度理事会)は、年内にも利上げを実施する考えを示していることから、世界の金融市場は、その行方を注視しています。FRBに限らず、世界の主な中央銀行は、自国のインフレ率の推移などを考慮して金融政策を決定しますが、これは、金融政策の根底にある自国通貨の安定化を図ることが一つの理由となっています。自国通貨を安定

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し2015年5月1日<市場動向〜モディ政権への期待をいったん織り込み>インド株式市場は、2014年5月の総選挙を前にモディ政権発足への期待から上昇局面に入りました。総選挙後も、モディ新首相が期待通りに成長重視の経済政策を打ち出したこと、原油価格の低下による貿易収支の改善とインフレ沈静化、それを受けたRBI(インド準備銀行)による緩和的な金融政策への期待などにより2014年末までは上昇を継続しました。しかし、2015年に入るとインド株式市場は横ばい状態になり、

2015年4月29日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ASEAN主要国及び台湾における特許及び商標の審査基準・審査マニュアルに関する調査研究報告書【特許編】

平成 26 年度 特許庁産業財産権制度各国比較調査研究等事業ASEAN 主要国及び台湾における特許及び商標の審査基準・審査マニュアルに関する調査研究報告書【特許編】平成 27 年 3 月一般社団法人 日本国際知的財産保護協会AIPPI・JAPANはじめに近年、国際的に産業財産権の重要性が広く認識され、とりわけ経済発展のめざましいASEAN 諸国及び台湾への特許出願に対する関心が高まっている。我が国産業財産権ユーザがそれら各国及び地域へ出願する場合、出願審査を経て適切に権利を取得するには、各産業財

ペトロブラス社の決算発表について

ペトロブラス社の決算発表について2015年4月24日<ペトロブラス社が決算を発表>ペトロブラス社が4月22日(現地)の株式市場の引け後に2014年の決算を発表しました。同社は、汚職問題に絡む損失を特定できずに、監査済みの決算報告書の発表が遅れていましたが、新しいCEO(最高経営責任者)率いる経営陣のもと、ようやく監査済みの決算報告書の発表に至りました。同社は、2014年11月以降、決算報告の監査が認められずに、資金調達の道が狭まっていたことから、今回の発表は市場全体に安心感を与えるものとなりまし

魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月25日魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場 2015年1月末頃から下落傾向となっていたグローバルREIT市場は、足元で、値を戻す展開となっています。この背景には、2015年3月以降、米国の軟調な経済指標の発表が続いたことや、3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文で経済判断・見通しが下方修正され、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを急いでいないとの見方が拡がり米国債利回りが低下傾向となったことがあり

利上げを急いでいないことを示唆したFRB~利上げ開始後には過度の懸念の反動も~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月19日利上げを急いでいないことを示唆したFRB~利上げ開始後には過度の懸念の反動も~ 米FRB(連邦準備制度理事会)は18日、FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文から利上げの開始を“忍耐強く”待つとの文言を削除するなど、早ければ6月の利上げに道を開きました。ただし、経済判断・見通しを下方修正したことなどから、市場ではFRBが利上げを急いでいないとの見方が強まり、株価が大きく上昇したほか、国債利回りが低下し、米ドルが売られる

投資先資産をリスクから考える

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月10日投資先資産をリスクから考える~リスク量から見た日本株への期待感 株式や債券などの資産には、上下の値動き(=リスク)があることを理解して投資を行なうことが求められています。これは「リターンの裏には必ずリスクがある」ことを認識するだけではなく、期待するリターンに対応するリスク量や、投資に際して取ることが可能なリスク量などを勘案した上で、投資先を決定し、投資を行なうことが重要であることを意味しています。日米の株式市場のリスク

利上げが意識されはじめた米国リート市場

利上げが意識されはじめた米国リート市場2015年3月9日<市場動向〜上昇に転じた長期国債利回りなどが足元のリート市場のマイナス要因>米国リート市場は、1月は過去最高値を更新する展開となりましたが、その後は反落しています。足元の下落の背景としては、�@米国の利上げが視野に入ってきたことで長期国債利回りが上昇に転じたこと、�A一部リートの2015年業績見通しが年初ということもあり市場予想に比べ慎重な内容となったこと、�B大手リートによる大型増資に応募するための資金手当て用の換金売りによる市場の需給悪

インド準備銀行が臨時会合で追加利下げを決定

インド準備銀行が臨時会合で追加利下げを決定2015年3月4日<臨時利下げの背景>RBI(インド準備銀行)は3月4日(現地、以下同様)、臨時的に政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.50%にしました。 利下げの理由は、声明文によると、インフレ率が鈍化しRBIの目標レンジ内での推移が確認されたこと、景気は回復基調にあるものの生産活動や貸出動向などはまだぜい弱さが残るため、インフレ鈍化見通しが優勢なこと、最後に2月28日に発表された来年度予算案で政府が財政構造の質的な改善に取り組むことが確認されたこ

金融緩和を背景に堅調な世界の株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月25日世界的な金融緩和などを背景に、足元で、世界の株式市場は堅調に推移しています。各国・地域で経済情勢は異なりますが、景気回復の足どりが鈍いことや、原油安に伴なうインフレ率の低下などを受けて、今年に入り、10以上の国・地域で金融緩和が実施されました。一般に、景気が停滞すると株式市場は軟調となりますが、景気対策などで金融緩和が行なわれると資金が余る状態となり、実際に景気回復が進む前に、将来の企業業績改善を見越して株価が上昇するこ

インドネシアが政策金利を0.25%ポイント引き下げ

インドネシアが政策金利を0.25%ポイント引き下げ2015年2月18日<インドネシアが予想外の利下げ>インドネシア中央銀行(以下、中銀)は17日(現地、以下同様)の金融政策決定会合で政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.50%にすると決めました。市場の大方の予想は据え置きだったため予想外の利下げとなりました。利下げは2012年以来、およそ3年ぶりとなります。<利下げの背景>中銀は昨年11月18日の臨時会合で、政府が前日17日に補助金付き燃料価格の引き上げを実施したことによるインフレ懸念に対応す

「+2.2%」日本の2014年10-12月期の実質GDP成長率(前期比年率)

ご参考資料この数字はなんだ?ナンバー・ナンダーVol.832015年2月16日日 本の2014年10-12月期の実質GDP成長率(前期比年率)です+92.6.2%内閣府が2月16日に発表した2014年10-12月期の実質GDP(国内総生産)成長率の1次速報値は、前期比年率2.2%増(前期比0.6%増)と、7-9月期の同2.3%減から大きく反発しました。内需の回復が想定よりも鈍かったことから、市場予想の同3.7%増を大きく下回ったものの、3四半期ぶりのプラス成長となったことで、国内景気の底打ち感が

【投資環境レポート2015年2月号】 投資の視点:原油価格下落の背景と影響

Vol.20120152原油価格下落の背景と影響○原油価格下落の背景には、OPECの減産見送り、世界経済成長率加速見通しの剥落、米国以外での通貨安による米ドル建て購買力の低下などの要因があるようだ。○原油などの資源価格の下落は、輸出国の経済にはマイナス、輸入国にはプラスに働く。特に日本経済へのプラス効果は大きい。○原油価格下落によるインフレ率低下は景気にはプラスとして、日米欧の中央銀行は金融政策のスタンスを当面大きく変えないだろう。しかし、価格下落がエネルギー関連以外に広がって期待インフレ率が下

スイス・フランの急上昇について

スイス・フランの急上昇について2015年1月16日<経緯と市場の反応>1月15日(現地)、SNB(スイス国立銀行)は、1ユーロ=1.20スイス・フランに設定していた為替レートの上限を撤廃し、同時に3カ月Libor(ロンドン銀行間取引金利)のターゲットレンジ引き下げを発表しました。大多数の市場参加者の予想外のタイミングでの発表であったことから、これを受けて為替市場ではスイス・フランが各通貨に対して大きく上昇し、対ユーロレートは発表後15分で1.20から0.85まで急激なユーロ安フラン高となりました

原油価格の下落で恩恵を受ける国・地域

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月15日2014年6月以降、米国におけるシェール・オイルの生産増加などを背景とした需給悪化懸念から下落傾向が続いている原油価格は、OPEC(石油輸出国機構)による減産見送りや、原油需要見通しの引き下げなどを受け、足元で下げ足を強めています。原油価格の下落は、原油輸出国から原油純輸入国への実質的な所得移転をもたらすことから、日米欧などの先進国をはじめとする原油の純輸入国では、ガソリン価格や原材料コストの低下を通じた企業収益や消費

アメリカのECです。

米国情報技術(IT)セクター特集:(4) ~引き続き拡大が期待されるオンライン販売市場~

2014年12月5日米国情報技術(IT)セクター特集:④引き続き拡大が期待されるオンライン販売市場(1/2)情報提供資料テクノロジーの進化は私たちの消費パターンをも変化させています。急速な技術革新、インターネットやモバイル端末の普及などを背景に、オンライン販売(Eコマース)市場は成長を続けており、インターネット産業の中でも持続的な高成長が期待されています。また、今後は先進国から新興国にまで広がるなかで、更なる市場の拡大が予想されます。引き続き拡大が期待される米国オンライン販売市場 ここ数年、米

中国人民銀行が予想外の利下げ

中国人民銀行が予想外の利下げ2014年11月25日<予想外のタイミング>中国人民銀行(中央銀行)は2014年11月21日夜、利下げを発表し、翌22日に実施しました。利下げの実施は2012年7月以来です。人民銀行は穏健な金融政策を続けると主張しつつ対象を絞った金融緩和を続けてきただけに、市場ではアナウンスメント効果の大きい利下げは当面行われないとの観測が台頭していたとみられ、今回の利下げは予想外の措置として受け止められたと思われます。<景気浮揚を狙う>注目度の高い1年満期では、預金基準金利を0.2

拡大された日銀の「量的・質的金融緩和」

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月31日日銀は10月31日の金融政策決定会合で、物価の下押し圧力が残り、これまで着実に進んできたデフレ心理からの脱却が遅延するリスクがあるとして、その顕在化を未然に防ぐべく、「量的・質的金融緩和」の拡大を決定しました。市場では、政策の現状維持が有力視されていたことから、予想外と受けとめられ、株価が急上昇したほか、為替が大きく円安に振れ、日経平均株価は前日比4.8%高の16,413円、円相場は1米ドル=111円台となりました。今

日本株式市場とハロウィン効果について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月21日日本株式市場は、10月以降、軟調な展開となっています。その背景には、欧州や中国の景気減速懸念の高まりや、米国の景気回復に対する強気見通しの後退によって、欧米の株式市場が大きく下落したことに加えて、米国の長期金利の低下から円高・米ドル安が進んだことなどがあると考えられます。ただし、過去の経験則に目を向けると、現在の下落局面を違った視点で捉えることができるかもしれません。アノマリー(経験的に規則性があるものの、合理的に説明

原油価格下げ止まりに向けた材料とは?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月17日世界景気の先行き不透明感の強まりなどを受けて、足元で原油価格は、一時1バレル=80米ドル近辺となるなど大きく下落しており、今後の動向への関心が高まっています。この原油価格下落の背景は、8月以降、①OPEC(石油輸出国機構)が、原油の需要見通しを下方修正する一方、減産姿勢をとらなかったため、需給悪化が懸念されたこと、②原油は主に米ドル建てで取引されることから、米国での利上げの前倒し観測の強まりによる米ドル高の急速な進行が

最近のニュージーランド・ドルの下落と今後の見通しについて

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月9日最近のニュージーランド・ドルの下落と今後の見通しについて ニュージーランド・ドル(対円)は、堅調な国内景気や政策金利の引き上げなどを背景に、上昇基調が続いていましたが、9月下旬以降、軟調な展開となっています。主な輸出品である乳製品の価格が今年2月以降軟調な推移となっていることに加え、7月に実施された今年4回目の利上げ時に、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)のウィーラー総裁が利上げの一時的な中断を示唆したことなどから、

米国優先リートの投資環境

米国優先リートの投資環境2014年9月18日※当社一部ファンドにおける米国リートの運用委託先であるコーヘン&スティアーズ・キャピタル・マネジメント・インク(C&S)のコメントを基に、大和投資信託が作成したものです。<市場動向>米国時間の9月12日(金曜日)から16日(火曜日)までの3営業日間、米国普通リート市場が2.6%下落する中、米国優先リート市場は0.1%の下落にとどまりました。3 営業日間の騰落率米国優先リート▲0.1 %米国普通リート▲2.6 %※各市場の騰落率の計算には、それぞれ以下の

先進国の中でも高い成長が見込まれる英国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月18日15日に発表された、英国の4-6月期のGDP成長率(改定値)は前年同期比+3.2%と、2007年10-12月期以来の高い伸びとなりました。同国では、2013年以降、景気回復が順調に進んでおり、IMF(国際通貨基金)のGDP成長率予想は、2014年:前年比+3.2%、15年:+2.7%と、先進国の中でも高いものとなっています。こうした高い成長の主な牽引役は、個人消費です。IMFは、堅調な個人消費の主な背景として、世界的な金

「JPX日経インデックス400」~算出開始後初の銘柄入れ替えについて

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月11日「JPX日経インデックス400」~算出開始後初の銘柄入れ替えについて 8月7日、今年1月に算出が開始された新株価指数「JPX日経インデックス400(以下、JPX日経400)」について、算出開始後初の銘柄入れ替えが発表されました。指数を構成する400銘柄のうち、収益性の低下などから「ソニー」や「ワタミ」などが除外された一方で、「パナソニック」や「カルビー」などが新たに採用となり、31銘柄が入れ替えの対象となりました。JP

金利の「力(ちから)」を利用する

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月15日新興国では、経済成長に伴なう資金需要の拡大などによって、債券市場の規模が拡大傾向にあります。加えて、対外債務残高の減少や外貨準備高の増加などを背景に、国の信用度の目安と捉えられている格付が改善傾向にある国もあり、比較的高い金利と相俟って、新興国の国債や債券への注目度を高めています。また、相対的に信用度が高いと見られる先進国の国債や債券においても、日本のそれらを大きく上回る利回りとなっています。「」という考え方を参考にする

大接戦となったインドネシア大統領選挙

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月10日 インドネシアでは9日、大統領選挙の投開票が行なわれましたが、大接戦のため候補者2名共に勝利宣言をする事態となっており、21日もしくは22日に予定されている正式な開票結果の発表を待つ必要があります。ただし、民間調査機関の開票速報では、第1党である闘争民主党が擁立するジョコ・ウィドド氏が第3党であるグリンドラ党のプラボウォ・スビアント氏を得票率で上回っています。インドネシアでは、経常収支や高いインフレ率が懸念されていますが

【投資環境レポート2014年7月号】 投資の視点:「マイナス金利」を導入したECB

Vol.19420147「マイナス金利」を導入したECB○欧州中央銀行(ECB)は6月5日、預金ファシリティ金利のマイナス化を含む利下げ、目的を絞った長期資金供給(TLTRO)などの追加金融緩和策を決定した。○ユーロ圏の金融システムは銀行に依存しているため、銀行を通じた政策効果の波及が意識されているようだ。○しかし、一連の追加緩和策がすぐに銀行貸出の増加に結びつくとは考えにくい。銀行は中央銀行に預け入れていた資金やECBから低金利で調達可能な長期資金を国債などの安全資産に振り向ける可能性があろう

堅調なニュージーランド経済の一翼を担う「移民」の力

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月9日堅調なニュージーランド経済の一翼を担う「移民」の力 ニュージーランド政府は2014年5月に公表した政府予算案において、2014年度(4月-翌年3月)の実質GDP成長率の予想値を+3.6%から+4.0%に、2015年度も+2.7%から+3.0%に、それぞれ引き上げました。この背景には輸出の増加や、雇用や住宅関連の指標が堅調に推移していることに加え、移民の流入が順調に拡大していることがあると考えられます。ニュージーランド政府

史上最高値を更新した世界の株価

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月4日ユーロ圏の金融政策を担うECB(欧州中央銀行)は3日の理事会で、政策を現状維持としたものの、企業への融資促進に向けて6月に導入を決めた長期資金供給オペの詳細を発表したほか、必要に応じて量的緩和を行なう用意があるとの姿勢を改めて示しました。また、同日に米国で発表された6月の非農業部門雇用者数は前月比+28.8万人と、市場予想(+21.5万人)を大きく上回ったほか、失業率も前月比▲0.2ポイントの6.1%と、2008年9月以来

景気回復を確実にするため、利下げを実施したメキシコ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月9日景気回復を確実にするため、利下げを実施したメキシコ メキシコ中央銀行は6日、昨年10月の利下げ以来の政策変更に踏み切り、政策金利を3.5%から過去最低の3.0%へ引き下げました。市場は金利据え置きとの見方一色だったことから、予想外の利下げを受け、同国の株価や国債の価格が上昇しました。一方、メキシコ・ペソは、同日発表された米国の5月の雇用統計が堅調だったこともあり、対米ドルで前日比約0.5%程度の下落にとどまりました。今回

メキシコの景気見通しと改革に向けた動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月29日23日に発表されたメキシコの今年1-3月期のGDP成長率は前年同期比+1.8%と、前四半期の+0.7%から加速したものの、市場予想を下回りました。また、これを受け、同国財務省が2014年通年の成長率見通しを下方修正(前年比+3.9%→+2.7%)しました。しかし、これらの発表後もメキシコ・ペソは堅調に推移しました。1-3月期の成長率が予想を下回った主な理由は、財政改革に伴なう増税の影響を受けた個人消費の鈍化や、輸出などを

慎重姿勢のもと、利下げを行なったトルコ中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月26日慎重姿勢のもと、利下げを行なったトルコ中央銀行 トルコ中央銀行は22日の金融政策委員会で、政策金利の引き下げ(10%→9.5%)を決定しました。市場では金利据え置き見通しが有力でしたが、トルコ・リラは週末にかけて対米ドルで強含みの展開となりました。予想外のタイミングでの利下げにもかかわらず、リラが下落を免れた背景には、中央銀行が今回の判断の理由に挙げた、“不確実性の低下とリスク・プレミアム指標の改善による市中金利の低下

投資分野を拡大する最近のJリートの動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月9日最近のJリート市場において、ヘルスケア(医療・介護施設など)分野への投資に特化する「ヘルスケア特化型リート」の上場に向けた動きが注目を集めています。こうした背景には、日本の高齢化に伴ない医療・介護施設への需要が継続的に高まっていることに加え、官民一体でヘルスケア特化型リート創設に向けた環境整備を進めていることなどが挙げられます。日本では、老齢人口の拡大から介護施設などへの入所申込者は年々増えており、厚生労働省がまとめた資料

金利の「力(ちから)」を利用する

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月3日新興国では、経済成長に伴なう資金需要の拡大などによって、債券市場の規模が拡大傾向にあります。加えて、対外債務残高の減少や外貨準備高の増加などを背景に、国の信用度の目安と捉えられている格付けが改善傾向にある国もあり、比較的高い金利と相俟って、新興国の国債や債券への注目度を高めています。また、相対的に信用度が高いと見られる先進国の国債や債券においても、日本のそれらを大きく上回る利回りとなっています。「72の法則」という考え方を

マーケットレター【最近のカナダ・ドルの動向について】

最近のカナダ・ドルの動向について2014年3月20日<カナダ・ドルは対円で足元下落>足元のカナダ・ドルは対円で軟調な推移となっています。ウクライナの政情不安や中国景気の下振れ懸念によりリスク回避的に円高が進んだことに加えて、3月18日(現地、以下同様)のカナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁の講演・記者会見を受けて対米ドルでカナダ・ドルが下落しました。米ドルとカナダ・ドルの対円レートの推移(1カナダ・ドル=円)(2013年12月31日~2014年3月19日)106102円安カナダ・ドル高円高カナダ・

明るさが増しつつあるオーストラリア経済

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日13日に発表されたオーストラリアの2月の雇用統計によると、常勤雇用者が前月比で8.05万人増加し、増加幅としては1991年8月以来約22年ぶり、過去2番目の大きさとなりました。非常勤雇用者が減少したことから、全体の雇用者数は前月比4.73万人増でしたが、事前予想の同1.5万人増を大きく上回りました。最近のオーストラリアでは、資源関連の投資ブームがピークを過ぎていることが、景気の下押し要因となっています。一方、これまでの利

「物価の上昇」がもたらすもの

2014年3月12日楽読(ラクヨミ) Vol.777「物価の上昇」がもたらすもの内閣府が発表した2014年2月の消費動向調査では、1年後に物価が上昇していると予想する人(消費者)の割合は89.3%と、1年前(2013年2月調査)の同69.5%から大きく上昇しました。国内景気の回復や円安傾向などを背景に身の回りに値上がりするものが増加していることを受け、家計の物価上昇見通しが急速に拡がっていることを確認する内容となりました。実際の物価動向はこうした予想通りになるわけではありませんが、これからモノが

軟調な米国経済指標、春の訪れはいつ?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月28日昨年12月以降、過去十数年で最大級の寒波が米国を襲っており、製造業の活動や小売業の販売などが抑制されたことから、1月以降の米国の経済指標は、市場予想を下回る軟調なものが目立ちました。これを受け、1月は米国株式も軟調に推移しましたが、2月以降は急速に値を戻す展開となっています。株価が持ち直した背景には、悪天候の影響はいずれ解消されるとの見方や、景気が弱くなる場合には、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的緩和縮小のスピードを

マーケットレター【ブラジルが0.25%ポイント利上げ】

ブラジルが0.25%ポイント利上げ2014年2月27日<ブラジル中央銀行:0.25%ポイントの利上げで政策金利は10.75%に>ブラジル中央銀行は、2月25日(現地、以下同様)から26日にかけて金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(Selic Target Rate)である翌日物金利の誘導目標を全会一致で0.25%ポイント引き上げて10.75%としました。中央銀行は2013年4月の会合で利上げを開始し、今回で8回連続となりました。中央銀行は声明文において、「2013年4月より始めた政策

投資環境レポート 2014年2月

Vol.18920142欧州の景気回復の意味○2013年4-6月期からユーロ圏経済は、外需主導で景気後退局面から脱した。○景気回復は、債務の返済可能性の改善を通じて、これまで忌避されてきた周辺国の見直しにつながりやすい。○低インフレの持続、景気回復の脆弱さに配慮して欧州中央銀行(ECB)は、低金利政策を維持しよう。一方、景気拡大局面でのデフレ懸念には行き過ぎの面がある。○ECBの包括的銀行資産査定は、銀行同盟を通じた十分なバックストップを欠き、不徹底なものにとどまる恐れがある。○景気拡大で危機が

市場の動向から注目集まる“金”

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月13日金価格は2012年10月以降、主要な金の需要国であるインドや中国の景気低迷などによる金需要の縮小懸念を受け、軟調な展開となっていました。2013年の中国の金輸入が過去最高水準となるなど、実需面では金の需要増がみられましたが、先行きへの思惑で取引される先物市場やETF(上場投信)市場を通じた金売りが、金価格に悪影響を及ぼしたとみられます。加えて、米国景気の回復傾向を背景に米ドルへの信認が回復したことで、金よりも米国債が選好

エマージング10~投資10ヵ国についての四半期コメント~

Fund Information販売用資料2014年2月13日日興アセットマネジメント株式会社テンエマージング10ジ グ~投資10ヵ国についての四半期コメント~当四半期(2013年11月~2014年1月)の新興国株式市場は、米国における量的緩和の縮小開始決定や、タイやトルコでの政情不安の高まりなどを受け、新興国の先行きに対する懸念が強まったことなどを背景に、期を通じて軟調に推移しました。為替市場では、新興国通貨が主要通貨に対して幅広く売られたものの、日米の金利差拡大が円安圧力として作用したことか

日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月3日日経平均株価は目先的には底入れが近付いている可能性 3日の日本株式市場では、日経平均株価が前週比295円(1.98%)安の14,619円となり、およそ2ヵ月半ぶりの安値を付けました。新興国経済の先行き懸念などを受けて、前週末の欧米株式市場が総じて下落したことに加え、1日に発表された中国の1月の製造業PMI(購買担当者指数)が半年ぶりの低水準となり、新興国不安がさらに強まったことなどが要因となりました。また、為替市場で円高

株主還元で先行する米国とそれを追う日本

2014年1月23日楽読(ラクヨミ) Vol.759株主還元で先行する米国とそれを追う日本米国では、主要株価指数が史上最高値圏にあるものの、自社株買いが積極的に行なわれるなど、株主還元が活発化しており、債券から株式への資金シフト、いわゆる“グレート・ローテーション”を後押しする 因にな ていると考えられます後押しする一因になっていると考えられます。米国での活発な株主還元の主な背景には、企業が手元に大量の資金を抱え込んでいることや、株主が企業に資本効率の追求を強く迫っていることなどがあります。20

1分で読みとくアメリカ 「読得」No.12~消費の一大イベント、米国の年末商戦~

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社2013年12月情報提供資料No.12消費の一大イベント、米国の年末商戦米国の年間個人消費の約2割を占める年末商戦。小売業界にとって最も重要な時期であることは、昨年の読得No.71でもお伝えしました。2013年は暦の関係で年末商戦の期間が短いことなどから、セールの開始を前倒しする動きが拡大。米大手百貨店のメーシーズまでが創業以来初めて感謝祭当日に店を開けるなど、競争が激化しています。インターネット経由での販売も加速しています。IBMの調査では

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ