調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 資本ストック

「資本ストック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

ESRI Discussion Paper Series No.319「企業R&D資本の減耗率についての実証研究」

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper No.319 企業R&D資本の減耗率についての実証研究 企業R&D資本の減耗率についての実証研究外木内閣府経済社会総合研究所客員研究員、一橋大学経済研究所特任講師北岡内閣府経済社会総合研究所研究官Wendy C. Y. Liアメリカ合衆国商務省経済分析局リサーチエコノミスト 要旨日本では、2016年より国民経済計算に新しいSNA基準である2008SNAの実施が計画されている。2008SNAの実施による最も重要な変更点は研究開発

企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか?

1.今月のグラフ ~消費増税で苦しさの増す低所得者の生活2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか? (1)企業は新規投資に慎重な姿勢を堅持~投資性向の低下が続く(2)企業の資金繰りとバランスシートの状況~資本ストックは減少が続く(3)今後も設備投資は抑制されるのか~製造業では収益機会を失うリスクも

2014年5月9日三菱UFJ信託銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の設備投資についてのレポートです。

国内設備投資の展望

2014年5月号国内設備投資の展望目 次Ⅰ.はじめにⅡ.国内設備投資の現状Ⅲ.製造業と非製造業の設備投資行動と取り巻く環境Ⅳ.終わりに資産運用部株式運用第1グループ調査役株式運用第3グループ 調査役中小型株式運用グループ 調査役山本 将大門明子大野高Ⅰ .は じ め にアベノミクスの「第三の矢」である成長戦略は、「日本再興戦略」として昨年6月に閣議決定された。この中では今後3年間を「集中投資促進期間」と位置付けて、税制・予算・金融・規制改革・制度整備といったあらゆる施策を総動員し、リーマンショッ

2014年1月15日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災における復興投資の地域間再分配効果の計測

ノンテクニカルサマリー 東日本大震災における復興投資の地域間再分配効果の計測 林山 泰久 (東北大学) 中嶌 一憲 (兵庫県立大学) 坂本 直樹 (東北文化学園大学) 阿部 雅浩 (東北大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解

翻訳版です。

世界食料農業白書2012年報告 ―より良い未来のための農業投資―

『世界食料農業白書2012年報告 ―より良い未来のための農業投資―』2013年3月、A4版、165p世界の食料・農業をめぐる地域別の概観を報告するほか、本年版は、農業投資を特集テーマに取り上げ、飢餓と貧困の削減に寄与する効果的な農業投資を考えます。世界の食料・農業問題に関わる方の必読の書としてお薦めします。 = 目次 =■第I部 より良い未来のための農業投資第1章 序論第2章 農業投資:パターンと趨勢第3章 農業における農業者の投資を育む第4章 農業における公正で効率的な民間投資を促進する第5章

2013年9月2日内閣府フィードバック数:0社会/政治

Economic & Social Research No.2 2013年秋号

ESR  No.22013 年 秋号経済財政白書特集CONTENTS政策分析インタビュー経済の好循環の確立に向けて白川 浩道クレディ・スイス証券チーフ・エコノミスト戸堂 康之東京大学新領域創成科学研究科国際協力学専攻教授トピック平成 25 年版経済財政白書のポイント水田 豊政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(総括担当)付参事官補佐特別寄稿官庁エコノミストを育てる齋藤 潤内閣府本府参与(慶應義塾大学大学院特任教授)最近の ESRI 研究成果よりESRI国際コンファレンス「日本経済の新たな成長に

2013年8月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は急減速を避けられるか?~「改革」と「軟着陸」両立の狭き道を行く習政権~

みずほインサイトアジア2013 年 8 月 8 日中国は急減速を避けられるか?みずほ総合研究所調査本部「改革」と「軟着陸」両立の狭き道を行く習政権アジア調査部中国室03-3591-1385○ 景気に勢いがなく、6月には銀行間取引市場での金利高騰による混乱も生じたことから、中国経済の先行き不透明感が強く意識されるようになっている○ ただし、景気減速や金利上昇は、投資依存型成長からの脱却という中国政府の改革姿勢の現れという面を持つうえ、国債発行余地等からみて、景気の腰折れを当面防げるだけの余力を中国

2012年9月14日内閣府フィードバック数:20社会/政治

社会資本ストック推計(平成24年9月13日公表)

社会資本ストック推計社会資本ストックの推計については、これまで書籍として公表してきましたが、推計データの可用性の向上、推計手法に関する研究活動の促進を目的としてWeb上で公開いたします。社会資本ストック推計について1.背景、経緯内閣府政策統括官(経済社会システム担当)では、1960年代から社会資本の現状を把握するために社会資本ストックの推計を実施してきた。これらのデータは、近年では5年ごとに公表しており、前回は2007年に「日本の社会資本2007」として2003年度時点までの推計値を公表してい

2012年3月21日内閣府フィードバック数:5社会/政治

SNA基準改定後のGDPギャップ

今週の指標 No.1026 SNA基準改定後のGDPギャップポイント2012年3月19日2011年10~12月期のGDPギャップ(注1)は、潜在GDPが回復する一方、現実GDPは減少したため、▲3.4%と7-9月期(▲3.0%)から拡大する結果となった(表)。今回、GDPギャップを試算するにあたり、以下のように算出方法の改定を行った。1. 1993年以前のGDPの接続:2011年12月にSNAが平成17年(以下、H17年)基準へと移行し、計数の改定や推計方法の見直しが行われ、GDPのプロファイル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ