調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 資本ストック

「資本ストック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

ESRI Discussion Paper Series No.319「企業R&D資本の減耗率についての実証研究」

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper No.319 企業R&D資本の減耗率についての実証研究 企業R&D資本の減耗率についての実証研究外木内閣府経済社会総合研究所客員研究員、一橋大学経済研究所特任講師北岡内閣府経済社会総合研究所研究官Wendy C. Y. Liアメリカ合衆国商務省経済分析局リサーチエコノミスト 要旨日本では、2016年より国民経済計算に新しいSNA基準である2008SNAの実施が計画されている。2008SNAの実施による最も重要な変更点は研究開発

企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか?

1.今月のグラフ ~消費増税で苦しさの増す低所得者の生活2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか? (1)企業は新規投資に慎重な姿勢を堅持~投資性向の低下が続く(2)企業の資金繰りとバランスシートの状況~資本ストックは減少が続く(3)今後も設備投資は抑制されるのか~製造業では収益機会を失うリスクも

2012年9月14日内閣府フィードバック数:20社会/政治

社会資本ストック推計(平成24年9月13日公表)

社会資本ストック推計社会資本ストックの推計については、これまで書籍として公表してきましたが、推計データの可用性の向上、推計手法に関する研究活動の促進を目的としてWeb上で公開いたします。社会資本ストック推計について1.背景、経緯内閣府政策統括官(経済社会システム担当)では、1960年代から社会資本の現状を把握するために社会資本ストックの推計を実施してきた。これらのデータは、近年では5年ごとに公表しており、前回は2007年に「日本の社会資本2007」として2003年度時点までの推計値を公表してい

2012年3月21日内閣府フィードバック数:5社会/政治

SNA基準改定後のGDPギャップ

今週の指標 No.1026 SNA基準改定後のGDPギャップポイント2012年3月19日2011年10~12月期のGDPギャップ(注1)は、潜在GDPが回復する一方、現実GDPは減少したため、▲3.4%と7-9月期(▲3.0%)から拡大する結果となった(表)。今回、GDPギャップを試算するにあたり、以下のように算出方法の改定を行った。1. 1993年以前のGDPの接続:2011年12月にSNAが平成17年(以下、H17年)基準へと移行し、計数の改定や推計方法の見直しが行われ、GDPのプロファイル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ