「資本収支」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年2月28日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

国際収支の分析です。

(論文)2013年の国際収支(速報)動向

ENGLISH2014年2月28日 日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字拡大を主因に、黒字が縮小した(12年 4.8兆円→13年 3.3兆円)。資本収支は、対外証券投資の処分(流入)超転化、対内証券投資の取得(流入)超幅拡大により、証券投資が流入超に転化したことを主因に、流入超に転化した(12年 △8.2兆円→13年 4.6兆円)。外貨準備は、増加に転じた(12年 3.1兆円→13年 △3.9兆円<△は、外貨準備の増加を示す>)。本文中の13年、同第4四半期の国際収支の計数は全て速報値。

2013年5月7日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日本の収支です。

(論文)2012年の国際収支動向

ENGLISH2013年5月2日 日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字拡大を主因に、黒字が半減となった(11年 9.6兆円→12年 4.8兆円)。資本収支は、対内証券投資の取得(流入)超幅縮小、対外証券投資の取得(流出)超幅拡大により、証券投資が流出超に転化したことを主因に、流出超に転化した(11年 1.2兆円→12年 △8.2兆円)。外貨準備は、外国為替平衡操作が実施されなかったほか、一部を外準に含めない国際協力銀行向けの貸付に振り向けたこと等から14年振りに減少した(11年 △13.

2012年11月9日財務省フィードバック数:21社会/政治

平成24年度上期中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成24年11月8日財務省平成24年度上期中 国際収支状況(速報)の概要�T 経常収支「所得収支」の黒字幅は前年同期比で拡大したものの、「貿易・サービス収支」の赤字幅が拡大したことから、経常収支の黒字幅は4期連続で縮小した(前年同期:4兆6,378億円の黒字)。 1.貿易・サービス収支:▲4兆2,982億円の赤字(前年同期比▲2兆498億円 赤字幅拡大) 「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を拡大したことから、貿易・サービス収支は赤字幅を拡大した(貿易・サービス収支の赤字は3期

2012年10月10日財務省フィードバック数:19社会/政治

平成24年8月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成24年10月9日財務省平成24年8月中 国際収支状況(速報)の概要�T 経常収支「貿易・サービス収支」の赤字幅は前年同月比で拡大したものの、「所得収支」の黒字幅も拡大したことから、経常収支の黒字幅は拡大した。 1.貿易・サービス収支:▲8,670億円の赤字(前年同月比▲189億円 赤字幅拡大) 「貿易収支」の赤字幅が縮小したものの、「サービス収支」が赤字幅を拡大したことから、「貿易・サービス収支」は5か月連続の赤字となった(季節調整値ベースでは平成23年3月から18か月連続の赤字)

2012年9月11日財務省フィードバック数:22社会/政治

平成24年7月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成24年9月10日財務省平成24年7月中 国際収支状況(速報)の概要 経常収支「所得収支」の黒字幅は前年同月比拡大したものの、「貿易・サービス収支」の赤字幅が拡大したことから、経常収支の黒字幅は縮小した。1.貿易・サービス収支:▲7,197億円の赤字(前年同月比▲5,951億円 赤字幅拡大) 「貿易収支」が赤字転化し、「サービス収支」が赤字幅を拡大したことから、「貿易・サービス収支」は4か月連続の赤字となった(季節調整値ベースでは平成23年3月から17か月連続の赤字)。(1) 貿易収支

2012年7月10日財務省フィードバック数:34社会/政治

平成24年5月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成24年7月9日財務省平成24年5月中 国際収支状況(速報)の概要�T 経常収支「貿易・サービス収支」の赤字幅の拡大に加え、「所得収支」の黒字幅が対前年同月比で縮小したことから、経常収支の黒字幅は大幅に縮小した。 1.貿易・サービス収支▲9,410億円の赤字(前年同月比▲1,504億円 赤字幅拡大) 「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を拡大し、「貿易・サービス収支」は2か月連続の赤字となった(季節調整値ベースでは平成23年3月から15か月連続の赤字)。 (1) 貿易収支▲8

2012年6月11日財務省フィードバック数:19社会/政治

平成24年4月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成24年6月8日財務省平成24年4月中 国際収支状況(速報)の概要 経常収支「所得収支」の黒字幅は対前年同月比で拡大したものの、「貿易・サービス収支」の赤字幅が拡大したことから、経常収支の黒字幅は縮小した。1.貿易・サービス収支:▲9,625億円の赤字(前年同月比▲1,704億円 赤字幅拡大) 「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅が拡大し、「貿易・サービス収支」は赤字幅を拡大した(「貿易・サービス収支」は2か月ぶりの赤字)。(1) 貿易収支:▲4,639億円の赤字(前年同月比

2012年4月23日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)2011年の国際収支動向

ENGLISH2012年4月20日 日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字転化を主因に、黒字が縮小した(10年 17.9兆円→11年9.6兆円)。資本収支は、対外証券投資の取得(流出)超幅が縮小し、対内証券投資の取得(流入)超幅が拡大したことから、7年振りに流入超に転化した(10年 △12.0兆円→11年 6.3兆円)。外貨準備は、外国為替平衡操作及び運用益により引続き増加した(10年 △3.8兆円→11年 △13.8兆円<△=外貨準備の増加を示す>)。国際収支の推移資本収支及び外貨準備増

2012年2月9日財務省フィードバック数:15社会/政治

平成23年7~9月中 地域別国際収支状況

報道発表資料(発表日別)第2次速報(確報)(→対外・対内 直接投資(地域別・業種別)) (→対外・対内 直接投資収益(地域別・業種別)) (お知らせ) 国際収支関連統計の見直し(平成25年10月8日付報道発表)でご案内した通り、平成26年1月以降の国際収支関連統計のデータについて、年次改訂を実施しております。以下のPDFファイルで公表している計数は「速報」及び「第2次速報」ベースですので、改訂後の最新の計数については時系列データをご覧ください。 平成28年平成27年平成26年平成25年(お知ら

2011年11月10日財務省フィードバック数:15社会/政治

平成23年4~6月中 地域別国際収支状況

報道発表資料(発表日別)第2次速報(確報)(→対外・対内 直接投資(地域別・業種別)) (→対外・対内 直接投資収益(地域別・業種別)) (お知らせ) 国際収支関連統計の見直し(平成25年10月8日付報道発表)でご案内した通り、平成26年1月以降の国際収支関連統計のデータについて、年次改訂を実施しております。以下のPDFファイルで公表している計数は「速報」及び「第2次速報」ベースですので、改訂後の最新の計数については時系列データをご覧ください。 平成28年平成27年平成26年平成25年(お知ら

2011年10月12日財務省フィードバック数:15社会/政治

平成23年4~6月中 国際収支状況(確報)<含む対外・対内直接投資(地域別かつ業種別)>

報道発表資料(発表日別)第2次速報(確報)(→対外・対内 直接投資(地域別・業種別)) (→対外・対内 直接投資収益(地域別・業種別)) (お知らせ) 国際収支関連統計の見直し(平成25年10月8日付報道発表)でご案内した通り、平成26年1月以降の国際収支関連統計のデータについて、年次改訂を実施しております。以下のPDFファイルで公表している計数は「速報」及び「第2次速報」ベースですので、改訂後の最新の計数については時系列データをご覧ください。 平成28年平成27年平成26年平成25年(お知ら

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ