「資源価格」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

米利上げを織り込む動きが進行する新興・資源国市場

情勢判断新興・資源国経済金融米利上げを織り込む動きが進行する新興・資源国市場多田 忠義要旨FOMC メンバーによる米利上げの予想ペースが、これまでに比べ緩やかとなったことから、新興・資源国の株・通貨に一時買い戻しの動きも見られた。しかし、資源価格は下落傾向で、米利上げを織り込む動きが進行しており、月を通じてみると株安・通貨安であった。原油は 60 ドル前後の水準を維持、一方他の資源価格は下落傾向ースが、これまでに比べ緩やかとなった5 月末から 6 月にかけての原油価格時買い優勢となったが、月を通

2015年2月22日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

モンゴル経済の現状と課題 ~注目される国際収支の動向~

2014.12.26 (No.3, 2015)モンゴル経済の現状と課題~注目される国際収支の動向~公益財団法人 国際通貨研究所経済調査部 研究員井上 裕介inoue@iima.or.jp<要約>モンゴルは 2000 年以降の国際商品市況の上昇に大きく恩恵を受けた国の一つである。同国の 1 人当たり GDP は 2000 年には 500 ドルにも満たなかったのが、2006年には 1,000 ドルを超え、2013 年には 4,000 ドル近い水準まで増加した。世界金融危機時の国際商品市況の急落を

2015年1月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

資源価格下落で中南米累積債務危機の再来はあるか

リサーチ TODAY2015 年 1 月 21 日資源価格下落で中南米累積債務危機の再来はあるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創中南米各国の株価・通貨が、「資源依存体質」への懸念から、調整圧力にさらされている。資源価格下落により交易条件は悪化に転じ、開発投資の低迷や貿易・財政収支の悪化が警戒される。みずほ総合研究所は、資源価格下落の中南米経済への影響に関するリポートを発表している1。原油安は、ベネズエラ、コロンビアにとってはデメリットが大きい。アルゼンチン、ブラジル、メキシコでは短期的

2015年1月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

資源価格下落と中南米経済~累積債務危機の再来はあるのか~

資源価格下落と中南米経済~累積債務危機の再来はあるのか~

2014年12月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

資源価格下落で悪化するオーストラリアの交易条件

みずほインサイトアジア2014 年 12 月 17 日資源価格下落で悪化するオーストラリアの交易条件アジア調査部主任研究員菊池しのぶ03-3591-1427shinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ 2011年半ばごろから、中国を中心とする新興国の資源需要の低下懸念を背景に、豪州の主要輸出品である鉄鉱石や石炭の価格が下落し、交易条件の悪化傾向が続いている○ 交易条件の悪化により、家計を中心に所得は下押し圧力を受け、内需が伸び悩んだ一方、内需減速を映じた輸入の減少と輸出数量の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ