「資源輸出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

下げ止まりつつあるも方向感に乏しい新興・資源国市場~今後の商品価格と米利上げ時期に注目~

情勢判断海外経済金融下げ止まりつつあるも方向感に乏しい新興・資源国市場~今後の商品価格と米利上げ時期に注目~多田 忠義要旨原油は約 1 ヶ月ぶりに 1 バレル=50 ドル台を回復し、底入れを模索する段階となった。しかし、全体的にみると商品価格は弱いままであり、一部の資源国では、商品安の影響が雇用悪化や通貨安・株安という形で影響が拡大している。また、米利上げ時期に対する思惑が交錯しており、通貨は方向感に乏しい動きとなっている。原油先物は 1 バレル=50 ドル台を回復ンフレ率が低下し、それを受けた

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

世界同時量的緩和の中、一人デレバレッジに挑むロシア経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 世界同時量的緩和の中、一人デレバレッジに挑むロシア経済バック・イン・ザ・U.S.S.R.?ブロック経済の復活か 2015年2月27日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆欧州では、米国オバマ政権がウクライナ東部地域で親ロシア派との戦闘を継続する政府軍への武器供与を示唆して以降、2度の世界大戦の当事国であったドイツのメルケル首相が戦争回避の調整役として各国との交渉に奔走した。結果的に

2015年2月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ドル独り勝ちの隠れたリスク ~資源安・通貨安・対外収支の悪化~

Financial Trends経済関連レポートドル独り勝ちの隠れたリスク発表日:2015年2月20日(金)~資源安・通貨安・対外収支の悪化~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2015 年は、6 月以降にFRBの利上げが予想される。すでに、リーマンショック後のピークに達するほどの急激なドル高が起こっている。これは、米経済の成長期待もあろうが、一方で資源国などの通貨が売られていることの裏返しでもある。通貨安によって経常収支が改善しにくい国々では、ドル債務価

2015年2月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

下振れリスク高まるブラジル経済~2015年はマイナス成長転落へ~

みずほインサイト米 州2015 年 2 月 13 日下振れリスク高まるブラジル経済欧米調査部上席主任エコノミスト2015 年はマイナス成長転落へ03-3591-1310西川珠子tamako.nishikawa@mizuho-ri.co.jp○ ブラジル経済は、①財政緊縮措置の発動、②金融引き締めの継続、③資源価格下落による交易条件の悪化、により2015年はマイナス成長に転落する可能性が高い。○ 資源価格の下落については、原油安がインフレを抑制する効果は限定的で、交易条件悪化によるマイナスの影響の

2015年2月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドネシア10-12月期GDP】前年同期比+5.0%~成長率は改善も、力強さ欠ける内容~

【インドネシア10-12月期GDP】前年同期比+5.0%~成長率は改善も、力強さ欠ける内容~ | ニッセイ基礎研究所 【インドネシア10-12月期GDP】前年同期比+5.0%~成長率は改善も、力強さ欠ける内容~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インドネシア中央統計庁(BPS)は2月5日、2014年10-12月期の国内総生産(GDP)

2014年12月29日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

踊り場にさしかかったアフリカ経済

アフリカのGDPはこれまで資源価格に左右されてきた。図1にサブサハラ・アフリカ49カ国のGDP合計と、資源価格を代表して石油価格の推移を重ねて示したが、両者は驚くほど似た動きをしている。ここに入れなかった北アフリカもサブサハラ・アフリカも、いまや総輸出の6割以上は石油と天然ガスで占められている。したがって現在の急激な原油価格下落は輸出収入を減少させ、経済成長率を引き下げて、今後はマイナス成長に落ち込む可能性すら否定できない。 図1.サブサハラ・アフリカのGDPと原油価格 北アフリカの

2014年7月1日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2014年6月(オーストラリア)

平成 26 年(2014 年)6 月 30 日1-3 月期の成長率は消費と輸出に支えられ加速も、この先はやや減速へ豪州経済は回復基調が続いている。1-3 月期の実質 GDP 成長率は前年比+3.5%と、前期(同+2.7%)から加速した(第 1 図)。需要項目別にみると、住宅価格や株価の上昇による資産効果を背景に、個人消費が好調だった。また、輸出は同+10.4%と、鉄鉱石や石炭など資源輸出を中心に拡大した。一方で、設備・機械投資や建設投資等の民間投資は前年割れが続いている。資源ブームは設備投資誘発

1~3月期の新興・資源国は総じて成長加速せず~4~6月期も緩慢な成長となる可能性~

情勢判断海外経済金融1~3 月 期 の新 興 ・資 源 国 は総 じて成 長 加 速 せず~4~6 月 期 も緩 慢 な成 長 となる可 能 性 ~多田 忠義要旨14 年 1~3 月期の新興・資源国における経済成長率は、多くの国で横ばいないし減速した。インフレ率は上昇傾向にあり、金融政策では利上げの可能性に留意する必要がある。主な新興・資源国の経済・金融動向を見ると、足元では株価上昇、新興・資源国通貨高となっており、資金流入の兆しも見えるが、イラク情勢の緊迫化を受けて原油輸入国を中心に通貨が急速

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年8月(オーストラリア経済の見通し)

平成 25 年(2013 年)8 月 27 日~資源部門への過度な依存からの脱却を探る~1.景気の現状豪州経済は減速傾向が続いている。豪州準備銀行(RBA)は 5 月までに累計 2.00%ポイントの利下げを実施しており、その効果により住宅投資失業率が悪化する は緩やかに持ち直しているものの、7 月の失業率が 5.7%に悪化するなか、なか、消費が弱含み 個人消費が弱含んでいるほか、設備投資も低迷している。7 月の企業や消費者のマインドは依然弱く、第 3 四半期に入っても景気低迷が続いている模様であ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ