「資産価値」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

”資産価値”ランキング第1位は「京浜東北線」 JR10路線を調査!

最も資産性が高い路線は?JR線10沿線を調査!以前マンションサプリでは、「東京メトロで最も資産性が高い沿線は?全9路線を比較!」という記事で東京メトロ沿線の‟資産性”を調査しランク付けしました。そこで今回は対象沿線をJR線に変え、同じく資産性ランキング調査を行いました。調査概要※徒歩1分=80m換算※対象マンションは「マンションマーケット」に掲載されている中古分譲マンション※調査対象の沿線は東京23区内に駅が存在するJR沿線、かつ駅数が多い10沿線※対象マンションは、駅徒歩10分(800m)圏内

2015年12月2日東洋経済新報社フィードバック数:0大型消費/投資

マンション価値が落ちないブランドはこれだ

マンション価値が落ちないブランドはこれだ初公開!施工会社別のランキングも 並木 厚憲これまでに小売・サービス、自動車、銀行などの業界を担当。テーマとして地方問題やインフラ老朽化問題に関心がある。『週刊東洋経済』編集部を経て、16年10月よりニュース編集部編集長 横浜の傾きマンション問題は、建物の欠陥や不具合が簡単にはなくならないことを改めて認識させた。はたして消費者はこれからどのブランド、施工会社のマンションを選べばいいのだろうか。今回の問題で一つのテーマになったのが、マンションの「資産価値

市場データです。

不動産私募ファンドに関する実態調査 2015年1月

不動産私募ファンドに関する実態調査 2015年1月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として、「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で19回目となり、56社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:110社- 回答社数:56社(回収率:50.9%)- 調査時期:2015年1月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

2015年2月13日プレジデント社★フィードバック数:0大型消費/投資

区ごとに具体的なマンション名を出しています。

発表! 東京23区ベストマンション、残念マンションズ【1】

中古価格こそが本当の価値を表す2013年の夏、リーマンショック後では国内最高値と言われる、坪単価800万円の新築マンションが売り出され、話題となった。70平米に換算すると1億7000万円という値段だ。しかし、一般に高額であるからといって、将来もその価値を維持できるかどうかはわからない。それは、新築マンションの価格は、物件自体の良し悪しだけでなく、そのときの景気や不動産市況、物件の話題性などに大きく左右されるからだ。図を拡大中古マンション平均市場価格これに対して、マンションの変わらない「価値」をよ

三井住友トラスト基礎研究所の調査です。

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年7月 ~調査結果~

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年7月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として、「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で18回目となり、56社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:111社- 回答社数:56社(回収率:50.5%)- 調査時期:2014年7月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

市場データです。

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年1月

不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年1月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として、「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で17回目となり、55社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:114社- 回答社数:55社(回収率:48.2%)- 調査時期:2014年1月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

不動産私募ファンドに関する実態調査 2013年7月

不動産私募ファンドに関する実態調査 2013年7月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で16回目となり、63社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:118社- 回答会社数:63社(回収率:53.4%)- 調査時期:2013年7月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

不動産私募ファンドに関する実態調査 2013年1月

不動産私募ファンドに関する実態調査 2013年1月 〜調査結果〜 株式会社三井住友トラスト基礎研究所では、2003年より不動産投資市場調査の一環として「不動産私募ファンドに関する実態調査」を行っている。本調査は、今回で15回目となり、54社の不動産運用会社から回答を得た。- 調査対象:国内不動産を対象に不動産私募ファンドを組成・運用している不動産運用会社- アンケート送付先数:120社- 回答会社数:54社(回収率:45.0%)- 調査時期:2013年1月- 調査方法:郵送およびEメールによる調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ