「資産価格」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価

取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価 | ニッセイ基礎研究所 取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価 金融研究部 准主任研究員 高岡 和佳子筆者は資産価格の変動性や、資産間の共変動性が観測する時間間隔により異なることに着目し、市場流動性の定量化を試みている。試みの一環として、この14年弱で市場流動性が大きく上昇したと考えられるREITを題材に調査・分析を行った。その結果、REITに対するマーケットのミスプライス発

2015年1月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 何れにせよ資産価格にポジティブ

GlobalMarket Outlook 何れにせよ資産価格にポジティブ

米国のマクロプルーデンス政策について~資産価格の上昇は金融政策で対応するものなのか?~

米国のマクロプルーデンス政策について~資産価格の上昇は金融政策で対応するものなのか?~

2014年9月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

資産価格の動向が命運を握る中国経済 ~「資産デフレ」に陥るリスクも懸念される~

資産価格の動向が命運を握る中国経済 ~「資産デフレ」に陥るリスクも懸念される~

2013年5月29日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

なぜ、日本の環境は資産価格が上がりやすいと考えるか

なぜ、日本の環境は資産価格が上がりやすいと考えるか

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:5社会/政治

前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる

前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる | ニッセイ基礎研究所 前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる 金融研究部 准主任研究員 高岡 和佳子「前向きになろう!」という言葉は、人を励ます言葉としてよく使われる。しかし、前向きとはどっち向きか、今向いている方向が本当に前なのかなど、真剣に考え始めると絶対的な答えを導けず困ってしまう。また、近年よく目にする同義語に、フォワード・ルッキング(forward-looking)という言葉がある。プログレッシブ英和中辞典によ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ