「資産価格」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価

取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価 | ニッセイ基礎研究所 取引量の増大によるREIT価格変化率への影響-市場流動性指標としての有用性評価 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 筆者は資産価格の変動性や、資産間の共変動性が観測する時間間隔により異なることに着目し、市場流動性の定量化を試み

2015年1月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 何れにせよ資産価格にポジティブ

GlobalMarket Outlook 何れにせよ資産価格にポジティブ

2014年12月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

日本の不動産バブル崩壊:世界への教訓はなにか

リサーチ TODAY2014 年 12 月 15 日日本の不動産バブル崩壊:世界への教訓はなにか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創筆者がロンドン出張したのは、ロンドン大学が主催したコンファレンスへ参加のためであった。過去、様々な国々では不動産市場がもたらした変動が、大きな金融問題や経済の調整につながった。そうした各国の事例からの教訓を探ることが、そのコンファレンスの目的であった。今回、事例としては日本に加えて、現在も不動産価格の上昇が続く英国、過去に不動産バブル崩壊の経験を持つスウェーデ

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国:QE3の効果とコストの顕在化リスク

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国:QE3の効果とコストの顕在化リスク『大和総研調査季報』 2014年秋季号(Vol.16)掲載 FRB(連邦準備制度理事会)は、2012年9月から総額と期限を定めない資産の買入れを開始し、2014年10月で終了する見込みとなった。QEに伴うMBS(住宅ローン担保証券)の買入れは、住宅ローンの組成を促し、住宅市場の回復につながった。また、株価や住宅価格の上昇は、資産効果や家計のバランスシート調整に寄

米国のマクロプルーデンス政策について~資産価格の上昇は金融政策で対応するものなのか?~

米国のマクロプルーデンス政策について~資産価格の上昇は金融政策で対応するものなのか?~

2014年9月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

資産価格の動向が命運を握る中国経済 ~「資産デフレ」に陥るリスクも懸念される~

資産価格の動向が命運を握る中国経済 ~「資産デフレ」に陥るリスクも懸念される~

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

住宅価格上昇への対処と中央銀行のVIEW ~FED VIEWとBIS VIEW ~

連載物価 古今東西 住 宅 価 格 上 昇 への対 処 と中 央 銀 行 の VIEW~FED VIEW と BIS VIEW~竹光 大士米国住宅価格と不良債権に大きく上昇した後、07 年以降バブル崩壊が起きていることが分かる。米国住宅バブル崩壊が起きる以前の2000 年代前半、IT バブル崩壊から景気回一方、2000 年代前半の PCE デフレータ復を後押しするため、米連邦準備制度理ーは当時 FED が目安としてきたと推察さ事会(以下、FED)は金融緩和を約 4 年近れる 2%

2013年5月30日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

インフレ経済の基礎知識 ~2%のインフレ率達成は相当困難も、インフレ率上昇→金利上昇とは限らない~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:インフレ経済の基礎知識2013年5月28日(火)~2%のインフレ率達成は相当困難も、インフレ率上昇→金利上昇とは限らない~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 消費者物価指数(Consumer Price Index:CPI)は、ある時点の世帯の消費構造を基準に、これと同等のものを購入した場合に必要な費用がどう変動したかを示す。日銀が金融政策の判断材料として使用するほか、賃金、

2013年5月29日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

なぜ、日本の環境は資産価格が上がりやすいと考えるか

なぜ、日本の環境は資産価格が上がりやすいと考えるか

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:5社会/政治

前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる

前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる | ニッセイ基礎研究所 前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 「前向きになろう!」という言葉は、人を励ます言葉としてよく使われる。しかし、前向きとはどっち向きか、今向いている方向が本当に前なのかなど、真剣に考え始めると絶

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ