「資産効果」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え

景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え 経済研究部 研究員 岡 圭佑・景気の現状判断DIは小幅ながら低下・インバウンド効果、資産効果が押し上げ・先行きは賃上げ期待から改善6月8日に内閣府から公表された15年5月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DIは53.3となり、前月を▲0.3ポイント下回った。参考系列として公表されている季節調整値は51.2と前月を1.2ポ

なぜ個人消費の回復の足取りが重いのか?

1.今月のグラフ ~「職住近接」の背景にある雇用の非正規化2.景気概況 ~景気は緩やかに持ち直している3.今月のトピック:なぜ個人消費の回復の足取りが重いのか? ~賃金が上がっても消費増加ペースは高まらない(1)増税後、長引く反動減(2)遅れる所得の改善(3)資産効果の限界(4)今後も個人消費の回復ペースは緩やかにとどまる可能性

市場の潮の流れの変化に注目

わたしの意見 ― 水野 創市場の潮の流れの変化に注目(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」9月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 1ドル108円台、日経平均16千円台、米国発で市場が動いている(18日11時現在)。管理相場とはいえ、米国長期金利に連動し極端に低かった長期金利も底を打っている。昨年1年、踊り場なく円高修正、株高が続き、輸出採算改善、資産効果を通じてアベノミクス効果を浸透・実感させたが、年初の期待に反し、1月以来横ばい状態が続き、好循環に向けた推進

2014年8月29日財務省フィードバック数:0社会/政治

株価が消費に与える影響:アベノミクス期を用いた資産効果の計測

株価が消費に与える影響:アベノミクス期を用いた資産効果の計測

2014年3月3日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税前の消費分析です。

駆け込み需要が始まった ~資産効果・住宅投資との相乗効果~

駆け込み需要が始まった ~資産効果・住宅投資との相乗効果~

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計バランスシート拡大が消費後押し ~株価上昇よりも範囲の広い資産効果~

家計バランスシート拡大が消費後押し ~株価上昇よりも範囲の広い資産効果~

2013年8月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 「資産効果>増税」へ

GlobalMarket Outlook 「資産効果>増税」へ

2013年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 資産効果現る

GlobalMarket Outlook 資産効果現る

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ