調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 資金フロー

「資金フロー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

資金循環統計(13年7-9月期)~個人金融資産は前年比90兆円増の1598兆円

資金循環統計(13年7-9月期)~個人金融資産は前年比90兆円増の1598兆円 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(13年7-9月期)~個人金融資産は前年比90兆円増の1598兆円 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(13年9月末): 前期比では7兆円増・資金流出入の詳細:“貯蓄から投資へ”の流れはまだ・

2013年5月28日内閣府フィードバック数:2社会/政治

投資信託を経由した市場への資金フローについて

今週の指標 No.1068 投資信託を経由した市場への資金フローについてポイント2013年5月27日2012年秋からの株価上昇・円安進行を背景に、公募投資信託の残高が大幅に増加し(2013年4月末時点で77.7兆円)、リーマンショック前の水準を回復した。本稿では、最近の投資信託市場の動向と、投資信託を経由した市場への資金フローを概観する。公募投資信託の残高は、2012年11月から2013年4月の間に18.1兆円増加しているが、株価上昇や円安による運用資産の評価益が13.5兆円と大部分を占めている

2013年5月15日大和総研フィードバック数:1社会/政治

リスクオンが強まる投信への資金フロー

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 リスクオンが強まる投信への資金フロー株式型、為替ヘッジ無型へとマネーは向かう ◆2012年の投信への資金フローは、流入超ではあったものの流入額は前年よりも減少した。流入したマネーは債券型へ、中でもエマージング型や北米ハイイールド型へと流入する傾向があったと言えよう。◆2013年に入り、投資家はリスクオンの傾向にあり、投信への資金流入先も債券型から株式型へと変化しつつある。特に、個人投資家は、現物市場に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ