「資金流出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査

2016/4/82015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査件数は前年度比3割増で過去最多〜 成長戦略の陰で歪みが表面化 〜はじめに2015年度は、企業コンプライアンスの問題が数多く取り沙汰された。東芝グループの不適切な会計処理が発覚し、国内有数の企業グループの根幹を揺るがすほどの事件に発展。また、これをきっかけに監査法人の会計監査体制にも批判が及んだ。このほか、東洋ゴムによる相次ぐ性能偽装や、旭化成建材の事件に端を発したくい打ち工事の偽装事件など、大企業のコンプライアンス問題が大きくク

資金循環統計(15年1-3月期)~個人金融資産は初の1700兆円超え、前年比では+85兆円の大幅増

資金循環統計(15年1-3月期)~個人金融資産は初の1700兆円超え、前年比では+85兆円の大幅増 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(15年1-3月期)~個人金融資産は初の1700兆円超え、前年比では+85兆円の大幅増 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(15年3月末): 前期比では11兆円増・資金流出

2015年5月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治

地域間資金フローにみる地銀統合の可能性-県境・地域を越えた資金流出が再編の引き金に

地域間資金フローにみる地銀統合の可能性-県境・地域を越えた資金流出が再編の引き金に

資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減

資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(14年9月末): 前

2014年11月30日信金中央金庫★フィードバック数:0社会/政治

人口減、高齢化の影響検討です。

都道府県の経済構造からみた資金流出入-人口減少・超高齢化に伴う地方からの資金流出について検討-

都道府県の経済構造からみた資金流出入-人口減少・超高齢化に伴う地方からの資金流出について検討-

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート8】中国:注目される投資移民と深刻な裸官問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 【移民レポート8】中国:注目される投資移民と深刻な裸官問題海外逃亡を図る腐敗幹部 ◆2013年末時点で、中国は第4位の移民出身国となっている(第1位はインド、第2位はメキシコ、第3位はロシア)。◆中国が送り出す移民の増加は、中国にとってのデメリットがより強調されるが、当然のことながらメリットも無視できない。具体的には、(1)頭脳還流、(2)移民による国内送金、(3)華人・華僑による直接投資の増加、など

2014年7月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアはさらなる八方塞の状況へ ~欧米の制裁強化、資金流出の悪影響は一段と深まろう~

ロシアはさらなる八方塞の状況へ ~欧米の制裁強化、資金流出の悪影響は一段と深まろう~

資金循環統計(14年1-3月期)~個人金融資産残高は1630兆円、前年比52兆円増

資金循環統計(14年1-3月期)~個人金融資産残高は1630兆円、前年比52兆円増 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(14年1-3月期)~個人金融資産残高は1630兆円、前年比52兆円増 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(14年3月末): 前期比では前期比では14兆円減・資金流出入の詳細: リスク性資

2014年6月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

家計でポートフォリオ・リバランスは進んでいるか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 家計でポートフォリオ・リバランスは進んでいるか?投信の資金流出入動向に表れる変化 ◆日本銀行が「量的・質的金融緩和」を開始してから1年が経過した。この金融政策が狙う「ポートフォリオ・リバランス」効果は、家計の金融資産においても進んでいるのであろうか。本稿では、投資信託(以下、投信)における資金フローを中心にみた。◆資金循環統計によると、家計の金融資産における株式・出資金は、フローベースでみると2013

戻り基調の新興国債券

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月23日新興国債券は、2013年9月頃から戻り基調となっており、足元では昨年の高値水準に近づきつつあります。昨年5月以降、米国の量的緩和縮小懸念の高まりから、米国金利が急上昇するとともに、新興国債券市場から資金が流出しました。これに伴ない、信用リスクを示すとされるスプレッド(新興国債券利回り-米国債利回り)も拡大するなど、新興国リスクが強く意識されたことで、新興国債券は大きく下落しました。しかしながら、その後、資金流出に見舞われ

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

新興国での動揺の背景と今後の展望 ~マネー縮小による潜在的リスクは残る展開が予想される~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポート新興国での動揺の背景と今後の展望~マネー縮小による潜在的リスクは残る展開が予想される~発表日:2014年2月10日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ここ数週間の国際金融市場では、新興国発の不透明要因がリスク・オフの状況を引き起こし、ファンダメンタルズの脆弱な国を中心に資金流出圧力が強まった。一連の動揺では、2000年代の世界経済をけん引してきた中国経済の減速が世界経済の下押

2014年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2014年2月号)

最近の人民元と今後の展開(2014年2月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2014年2月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 1月の米国ドルに対する人民元相場は基準値・現物実勢ともにほぼ横ばいで終えた。基準値・現物実勢ともに中旬までは堅調に推移していたものの、アルゼンチン(ペソ)が急落し、新興国市

2013年12月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年人民元相場、回顧と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年人民元相場、回顧と展望‘5元時代’の到来? 2013年に入ってからの人民元相場は、第1四半期まで、前年後半の急激な上昇の後を受け(2012年12月7日コラム「人民元相場急騰は続くのか?」)、上下変動を伴いつつも、上海市場スポットレート(CNY)で対米ドル6.21-6.24元程度の水準で安定的に推移したが、第2四半期以降年末にかけ、5-7月頃を除き一貫して急上昇を続け、いよいよ‘破6’、1米ド

2013年10月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の資金流出の影響と銀行の動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国の資金流出の影響と銀行の動向BIS報告銀行による国際与信残高統計 ◆2013年6月末の国際与信残高は25兆164億ドルと前期(2013年3月末)に比べ▲2,174億ドル(前期比▲0.9%)と、僅かな減少となった。特徴的なのは新興国向けが前期に比べ▲1,106億ドル(同▲2.2%)と、4四半期ぶりに減少したことである。◆国別では成長率低下、経常赤字、高インフレ率等のいずれか、または複数の問題を持つ

2013年9月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

QE3縮小は後ずれするも、新興国が抱える課題は不変 ~資金流出一服の期待はあるが、課題克服に取り組む必要性は変わらず~

QE3縮小は後ずれするも、新興国が抱える課題は不変 ~資金流出一服の期待はあるが、課題克服に取り組む必要性は変わらず~

資金循環統計(13年4-6月期)~個人金融資産は前年比76兆円増の1590兆円

資金循環統計(13年4-6月期)~個人金融資産は前年比76兆円増の1590兆円 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(13年4-6月期)~個人金融資産は前年比76兆円増の1590兆円 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(13年6月末): 前期比では22兆円増・資金流出入の詳細:リスク性資産の積み増しは限定的

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国

【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国 | ニッセイ基礎研究所 【フィリピンGDP】またも7%超、好調が続く稀有な国 研究員 高山 武士フィリピンの国家統計調整委員会(NSCB)は8月29日、2013年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で7.5%の増加となり、前期(同+7.7%)とほぼ同じ、7%を超える高成長を維持した。また、前期比(季節調整済)では+1.4%(前期:同+2.3%)と前期からやや減速している。2013年4-6月期の成

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響

QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 | ニッセイ基礎研究所 QE3縮小と新興国からの資金流出 ~耐久力、リスク、実体経済への影響 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年5月22日、FRBのバーナンキ議長が量的緩和策の縮小について言及したことを引き金に、新興国・地域では資金流出の動きが加速した。量的緩和策と新興国

2013年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

弱り目に祟り目のインド経済 ~マネー縮小懸念のなか、資金取り込みに向けた構造改革の本気度が問われる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート弱り目に祟り目のインド経済~マネー縮小懸念のなか、資金取り込みに向けた構造改革の本気度が問われる~発表日:2013年7月19日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国の量的金融緩和の縮小観測以降、国際金融市場は動揺して新興国への資金の動きは変化している。経済の基礎的条件の脆弱な国は資金流出に直面し、為替下落はインフレ圧力に、金利上昇は内需の下押しに繋がる。外需の不透明感がくすぶ

2013年7月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国経済を巡る○重苦 ~外需低迷、海外資金の流出に加えて、今夏も電力不足~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート韓国経済を巡る○重苦~外需低迷、海外資金の流出に加えて、今夏も電力不足~発表日:2013年7月5日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国の景気減速が長引いて外需の足かせになるなか、米国の量的金融緩和の縮小観測も重なり、新興国にとっては資金流入が細る動きが出ている。ファンダメンタルズが比較的良好な韓国経済でも、海外資金の流出圧力が強まり、株式、為替、債券の「トリプル安」になるな

2013年6月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

ファンダメンタルズの脆弱な国に容赦ない海外資金 ~経常赤字・財政赤字国では政策余地が乏しく、影響が大きく出やすい~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポートファンダメンタルズの脆弱な国に容赦ない海外資金~経常赤字・財政赤字国では政策余地が乏しく、影響が大きく出やすい~発表日:2013年6月21日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 先進国の金融緩和によるカネ余りを背景に新興国には資金流入の動きが続いてきたが、米国の量的金融緩和の縮小観測が意識されて以降、投資家のリスク回避姿勢も相俟ってドルキャリー取引の巻き戻しが起こり、新興国など

資金循環統計(13年1-3月期)~個人金融資産は前年比54兆円増の1571兆円

資金循環統計(13年1-3月期)~個人金融資産は前年比54兆円増の1571兆円 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(13年1-3月期)~個人金融資産は前年比54兆円増の1571兆円 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(13年3月末):前期比では27兆円増・資金流出入の詳細:リスク性資産へ資金がシフト・部門

2013年6月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

インド準備銀、市場動揺によるルピー急落の影響を警戒 ~「継続的なインフレ率の低下」に向けて構造改革の重要性は一段と高まる~

1/3Asia Trendsインド準備銀、市場動揺によるルピー急落の影響を警戒~「継続的なインフレ率の低下」に向けて構造改革の重要性は一段と高まる~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2013年6月17日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵 17日、インド準備銀は金融政策委員会を開催し、政策金利を4回ぶりに据え置き、現金準備率を3回連続 で据え置く決定を行った。足下のインフレ圧力は後退しており、同行は年明け以降3回連続で利下げを

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ