「資金繰り」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月9日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成29年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成29年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)総務省は、このたび、平成29年1月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、詳細は別紙のとおりです。また、事業種別毎の中長期動向については、参考をご覧ください。【調査結果の概要】通信・放送産業全体では、 ○ 平成28年度第4四半期は、売上高見通し指数*1、資金繰り見通し指数*2、業況見通し指数*3はいずれも「プラス」となった。○ 平成29年度第1四半期

2017年1月24日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果2016年度10~12月期

0 -5 ▲ 3.5業況DIの推移(前年同期比・全業種)東商けいきょう集計結果 2016年度10~12月期 ▲ 5.5(中小企業の景況感に関する調査) ▲ 7.3 ▲ 10.3-10 -152016年12月13日 中 小 企 業 部東京の景況は一部持ち直しがみられる。先行きは改善の見込み。~売上・採算は改善。BtoB取引を中心に回復がみられる。~0業況DIの推移(前年同期比・全業種) 前年同期前回見通し-5-10 -15 -20▲ 8.5▲ 7.4業 況 売 上 採 算資金繰り(前年同期比) (

2017年1月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(2016年12月速報値)

公開日付:2017.01.05 2016年12月のドル円相場は、米国大統領選挙でトランプ氏が勝利した以降は、次期政権での財政支出拡大の期待から、16日の東京外国為替市場では一時1ドル=118円台まで円安が進んだ。118円台になったのは2月初旬以来、約10カ月ぶり。さらに、12月に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)で1年ぶりの利上げと2017年の政策金利の引き上げ見通しが3回となったことを受けて、ドル買い・円売りの動きが継続された。こうしたなか、2016年12月の「円安」関連倒産は3件(速

2016年3月4日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

「東日本大震災関連倒産」(発生後5年間累計)の動向調査

2016年3月1日「東日本大震災関連倒産」(発生後5年間累計)の動向調査 震災関連倒産は、5年間で1898件判明 〜 うち原発関連倒産は210件、原発事故の影響長期化 〜 東日本大震災の発生からまもなく5年。政府は、震災直後の2011年度からの5年間を「集中復興期間」として、約26兆円の予算を計上した。この間、企業に対しては被災した社屋や施設の復旧・整備や二重ローン対策、資金繰り支援などのほか、官民連携による販路開拓や商品開発支援など、復興に向けた取り組みが進められた。しかし一方で、未曾有の

2016年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「酒小売業」の倒産状況

公開日付:2016.02.04 2015年(1-12月)の「酒小売業」の倒産は44件で、前年(36件)より22.2%増加した。人口減少や高齢化の進行などで酒類販売数量が減少傾向にあるなか、他業者、同業者間の熾烈な競争を続けた結果、体力を消耗して退場することが増加の背景にある。また、全体の8割以上を負債1億円未満が占める小・零細規模が多い業界で、負債1億円以上が8件(前年3件)とやや大型化し、中堅クラスにまで淘汰の流れが広がりつつある。さらに、倒産だけでなく休廃業・解散も4年連続で増加をたどってお

2015年11月17日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

「くい打ち業者」倒産動向調査

公開日付:2015.11.13 2010年1月から2015年10月の間に倒産した「くい打ち業者」は43件だった。形態別では、銀行取引停止処分による倒産が14件で全体の32.5%を占めた。同じ時期の倒産全体における取引停止処分の比率は15.3%(6万6,167件のうち1万173件)で、銀行取引処分による倒産割合の高さが目立つ。背景には、手形による決済比率が他業種より高いことや、小・零細規模ゆえの慢性的な資金繰りの多忙感、工期のズレ込みや取引先の倒産による予定していた入金の狂いなどが考えられる。廃業

2015年6月5日総務省フィードバック数:0マーケティング

平成27年4月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成27年4月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 総務省は、このたび、平成27年4月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成27年6月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:)に掲載予定です。【調査結果の概要】通信・放送産業全体では、○ 平成27年度第1四半期は、売上高見通し指数*1、業況見通し指数*3は「マイナス」、資

2015年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

それでも続くギリシャ危機 ~支援延長≠資金繰り危機回避~

それでも続くギリシャ危機 ~支援延長≠資金繰り危機回避~

2015年2月27日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成27年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成27年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報) 総務省は、このたび、平成27年1月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計) の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成27年3月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:)に掲載予定です。【調査結果の概要】通信・放送産業全体では、○ 平成26年度第4四半期は、売上高見通し指数*1、資金繰り見通し指数*2、業況見通し

2014年12月5日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成26年10月「通信・放送産業動態調査」

報道資料平成26年10月「通信・放送産業動態調査」の結果 総務省は、このたび、平成26年10月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成26年12月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(【調査結果の概要】○ 通信・放送産業の売上高見通し指数*1、資金繰り見通し指数*2、業況見通し指数*3はともに、平成26年度第4四半期で「プラス」となった。○

企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか?

1.今月のグラフ ~消費増税で苦しさの増す低所得者の生活2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか? (1)企業は新規投資に慎重な姿勢を堅持~投資性向の低下が続く(2)企業の資金繰りとバランスシートの状況~資本ストックは減少が続く(3)今後も設備投資は抑制されるのか~製造業では収益機会を失うリスクも

2014年8月29日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成26年7月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成26年7月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)総務省は、このたび、平成26年7月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成26年9月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(URL:)に掲載予定です。 ○ 通信・放送産業の売上高見通し指数*1、資金繰り見通し指数*2、業況見通し指数*3はともに、平成26年度第2四半期、第3四半期の

2014年6月9日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成26年4月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成26年4月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)総務省は、このたび、平成26年4月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。 なお、平成26年6月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース) (URL:)に掲載予定です。 ○ 通信・放送産業の売上高見通し指数*1、資金繰り見通し指数*2、業況見通し指数*3はともに、平成26年度第1四半期、第2四半

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度被災事業者の事業再開状況・資金繰りに関する分析・調査事業報告書

平成23年度被災事業者の事業再開状況・資金繰りに関する分析・調査事業報告書

11月の中小企業月次景況調査

11月の中小企業月次景況調査(平成24年11月末現在) 《概 要》○11月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて8指標中「取引条件」を除く7指標が上昇した。○しかしながら、中小企業の景況は、衆議院解散を受けての景気不透明感の増大、電気料金値上げによるコストアップへの懸念、消費税増税の決定による消費者行動の変化、来年3月の中小企業金融円滑化法の期限到来に伴い、資金繰りが厳しい企業は対応を迫られることが予想される等、先行きに不安を抱える状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下

8月の中小企業月次景況調査

8月の中小企業月次景況調査(平成24年8月末現在) 《概 要》○8月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて8指標中「景況」「売上高」「収益状況」「資金繰り」「設備操業度」の5指標が低下した。○特に、「設備操業度」は5ポイント低下した。○中小企業の景況は、原油価格が再び上昇に転じたことや電気料金の値上げ、更には依然として続く円高による輸出等への影響及び消費税増税が決定したことによる懸念等、先行きに不安を抱える状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ