「資金調達」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:インフラ投資増強と高まる銀行依存度

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:インフラ投資増強と高まる銀行依存度やりすぎれば低効率の投資と無駄な借金が増加 ◆景気下支えを目的に、中国政府はインフラ投資や民生改善のための投資を一段と加速させようとしている。国家発展改革委員会によると、2011年~2014年合計の軌道交通向けの投資額は8,600億元(年平均2,150億元)だったが、2015年は3,000億元以上を投じるという。6月17日に開催された国務院常務会議では、今後3年

2015年6月16日経済産業研究所★★フィードバック数:0ビジネス

企業の資金調達についての調査です。

金融円滑化法終了後における金融実態調査

金融円滑化法終了後における金融実態調査結果の概要植杉 威一郎(ファカルティフェロー) /深沼 光(日本政策金融公庫) /小野 有人(中央大学) /胥 鵬(法政大学) /鶴田 大輔 (日本大学)/根本 忠宣 (中央大学)/宮川 大介 (一橋大学)/安田 行宏 (一橋大学)/家森 信善 (神戸大学)/渡部 和孝 (慶応義塾大学)/岩木 宏道 (一橋大学) 概要2008年9月のリーマンショックとそれに伴う深刻な景気後退期において、企業の資金調達面では2009年12月に金融円滑化法が施行されるなど

2015年6月5日大和総研★フィードバック数:0ビジネス

資金調達の動向です。

2014年度の企業の資金調達動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年度の企業の資金調達動向銀行借入れは増加したが、資本市場を通じた資金調達は限定的 ◆2014年度は企業が積極的に資金調達する傾向が見られたが、銀行からの借入れが中心であり、資本市場からの資金調達(社債発行や株式増資等)は限定的であった。ただし、リキャップCB(転換社債型新株予約権付社債のうち資金使途が自社株買いであるもの)の発行は顕著に増えている。◆2014年2月に策定された日本版スチュワード

鉱業・金属セクターにおけるM&Aと資金調達 2014年の動向と2015年の見通し

鉱業・金属セクターにおけるM&Aと資金調達2014年の動向と2015年の見通し本冊子はThomsonONEのデータを基に、鉱業・金属セクターのM&Aと資金調達について、2014年の動向と2015年の見通しをまとめたものです。2014年にはコモディティ価格の下落や不透明な景気見通し、そして投資家のリスク回避や企業の投資方針の厳格な適用の動きから、鉱業・金属セクターのM&Aが減少しました。2013年から2014年にかけて、金額ベースでは873億米ドルから49%減少して446億米ドルとなり、件数ベース

2015年4月15日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

NPOのマネジメント人材についてのレポートです。

平成26年度マネジメント人材育成支援に関する調査

平成26年度マネジメント人材育成支援に関する調査NPO等の活動を促進していくためには、公的資金に過度に依存しない資金調達手法及び経営ノウハウを習得することが求められており、十分な知識や経験等を保持した人材が必要です。本調査では、ビジネスや資金調達、事業実施のために必要な経営ノウハウを保持した人材を育成することで、継続的なNPO等の活動が発展していくことが見込まれるため、経営等に関するマネジメントが実施できる人材を育成するとともに、全国に普及しうるノウハウ、ビジネスモデルについて調査・検討を行いま

2015年3月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年金ポートフォリオの見直しが加速

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年金ポートフォリオの見直しが加速資金循環統計(2014年10-12月期) ◆日本銀行(以下、日銀)から2014年10-12月期の資金循環統計(速報)が公表された。2014年10月31日の追加緩和を受けた株価の上昇や円安等を背景として金融資産残高を増加させた主体が多い。◆家計の金融資産残高は主に現金・預金の増加等を背景に過去最高を更新した。だが、リスク性資産については売却超となっており、家計のリスク性資

諸外国の法人税改革と日本への示唆

2015年02月06日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、諸外国の法人税改革と日本への示唆に関する研究レポートを発表いたします。2014年末、与党は「平成27年度税制改正大綱」をとりまとめ、法人実効税率の引き下げと課税ベースの拡大が盛り込まれた。こうした法人税改革は国際的なトレンドに沿ったものと言えるが、その一方で、各国独自の取り組みも少なくない。諸外国の法人税改革から、日本への示唆を以下

2014年12月19日内閣府★フィードバック数:0ビジネス

内閣府のレポートです。

最近の金利動向と企業の資金調達について

最近の金利動向と企業の資金調達について

2014年12月5日東京商工会議所★フィードバック数:0ビジネス

創業5年以内の企業を対象とした調査です。

創業の実態に関する調査

平成26年12月4日東京商工会議所中小企業部 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、起業・創業支援委員会(委員長:藤重貞慶・ライオン株式会社会長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。当所では、創業者に対する実効性の高い支援策や幅広い視点による創業・ベンチャー促進に必要な政策を検討するため、昨年11月に起業・創業支援委員会を発足させました。活動にあたって創業者の創業前後にわたる課題を把握することを目的に調査したものです。 【調査結果のポイント】1.創業の実態 〇創業の動機(報告

2014年11月11日日本政策金融公庫★★フィードバック数:0ビジネス

海外進出企業の調査です。

取引先海外現地法人の業況調査

中小企業の海外現地法人の業況調査結果について 平成26年11月10日日本政策金融公庫(略称:日本公庫)中小企業事業本部は、このたび、「取引先海外現地法人の業況調査」を実施しました。本調査は、日本公庫中小企業事業本部の取引先を対象に、中小企業者の海外現地法人の業況、経営課題、今後の展望等を把握するためにアンケート調査(※)の方法により実施したものです。調査票送付企業数:4,299社 、回答企業数:676社実施時期:2013年6月~7月アセアンは、足元の損益が悪化しており、予想利益「増加」・経営方針

2014年10月23日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資海外

ASEAN経済統合がもたらす域内証券取引所への影響(上)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ASEAN経済統合がもたらす域内証券取引所への影響(上)各国の規制等の相互承認・調和化→激しくなる取引所間の競争 ◆ASEANは経済共同体(AEC)の創設に向けて、金融資本市場の統合への取組みを行っている。もっとも、統合といってもASEAN域内各国の金融資本市場が全く一つの市場として統合されるわけではなく、主に各国の規制等の調和化・相互承認が行われる。◆この取組みは様々な障壁を低くして、域内でクロスボ

2014年10月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

小額投資は創業を活性化させるか~クラウドファンディングの意義と課題~

みずほインサイト日本経済2014 年 10 月 7 日小額投資は創業を活性化させるか政策調査部主席研究員クラウドファンディングの意義と課題03-3591-1306小野有人arito.ono @mizuho-ri.co.jp○ ベンチャービジネスの新たな資金調達手段として、インターネットを通じて不特定多数の投資家から小口資金を調達する「クラウドファンディング」が注目を集めている○ クラウドファンディングは、事業への共感を示したい人々による寄付や、新製品・サービス開発の支援的な購入から始まった。最近

2014年9月8日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計についての分析です。

フロー・ストックともに増加する内部留保

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 フロー・ストックともに増加する内部留保法人企業統計年次別調査(平成25年度) 2014年9月8日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆法人企業統計の年次別調査(平成25年度)が公表された。企業業績が堅調であったことから、利益が増加し、企業の資金調達における内部留保(フロー)の割合が増加している。◆資金需要の増加により、借入れや社債発行による資金調達も増えている。ただし、社債

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:「加速」もしないし「失速」もしない

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:「加速」もしないし「失速」もしない7.5%成長達成のための景気下支え策が続く ◆2014年6月に若干上向いた内需関連の主要経済指標は、7月には再び減速した。例えば、7月の小売売上(名目)は前年同月比12.2%増と、6月の同12.4%増から伸びが若干鈍化した。実質も同様に6月の同10.7%増⇒7月は同10.5%増となった。習近平総書記が主導する綱紀粛正の影響で2013年に大きく減速した飲食収入は、

欧州景気はまだら模様ながら強さを見せる欧州企業

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月29日欧州景気はまだら模様ながら強さを見せる欧州企業 これまで回復の出遅れが見られた欧州景気に、緩やかながら明るさが戻り始めています。今月24日に発表されたIMF(国際通貨基金)の世界経済見通しによると、2014年の成長率は、フランスやイタリアで下振れが見込まれるものの、堅調な内需を背景に、ドイツが引き続き底堅さを維持したほか、これまで債務問題が懸念されたスペインが大きく上方修正されるなどの改善も見られました。また、イギリス

2014年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

リスク資産への資金流入は定着したのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 リスク資産への資金流入は定着したのか?資金循環統計(2014年1-3月期) ◆日本銀行(以下、日銀)から2014年1-3月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価の低下で金融資産残高を減少させた主体が多い。◆その中においても、家計では資金をリスク資産へと投資する動きが見られる。日銀の異次元緩和政策に加え、NISA開始といった政策による効果が出ていると思われる。預金取扱機関では政府、企業、個人向けに貸

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長資金獲得に向けたアジアの金融協力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 成長資金獲得に向けたアジアの金融協力「守り」から「攻め」の姿勢へ ◆アジア通貨危機の反省から生まれたアジア金融協力は、従来、危機の再来を防ぐという「守り」の姿勢が重視されてきた。しかし、最近ではアジア各国の経済成長を念頭に置いた「攻め」に主眼を置いた取組みが徐々に増えてきたようにみえる。◆背景にはアジア各国が外貨準備の積み上げ等で危機への耐性を強化させてきたことや域内への外国投資の促進という意図がある

2014年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

CB発行+自社株買い=リキャップCB

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 転換社債型新株予約権付社債(CB)は、発行時には債券として発行するが、途中で株式に転換することが可能である、債券と株式の両方の側面を併せ持つ金融商品である。例えば、A社の株価が現在1,000円だとして、転換価額1,250円、ゼロクーポンのCBが250億円発行されたとする。投資家がこのCBを購入した場合、保有期間中に株価が1,250円を超えれば、株式に転換することで当初払い込んだ投資額を回収できる(額面

2014年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

女性は融資を受けられる可能性は低いのか?-新規開業パネル調査による分析-

ノンテクニカルサマリー 女性は融資を受けられる可能性は低いのか?-新規開業パネル調査による分析-このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「ダイバーシティとワー

2014年2月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:中小企業の資金調達難とPMIの低下

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:中小企業の資金調達難とPMIの低下2014年1月の金融統計が示唆するもの ◆2014年1月の社会資金調達額(社会融資規模)は前年同月比1.6%の増加にとどまった。銀行貸出(人民元貸出増加額+外貨貸出増加額)と銀行貸出以外という括りでは、前者は前年同月比18.1%増だったのに対して、後者は同14.0%減と対照的な動きとなった。銀行貸出以外では、銀行引受手形や1月の信託商品のデフォルト騒動を嫌気した

2014年2月14日大和総研フィードバック数:0ビジネス海外

アジア新興国現地法人の資金調達の方向性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アジア新興国現地法人の資金調達の方向性大きく変動する為替に海外現地法人はいかに対処するのか ◆2013年12月に公表された「金融・資本市場活性化に向けての提言」、いわゆる金融版の成長戦略では、海外現地法人の資金調達にスポットが当てられている。ASEANなどへの海外現地法人の進出が増える中で、過度な為替変動による海外現地法人の為替リスクを低減させ、事業の安定性を高めることなどが背景にあると思われる。◆海

2013年12月5日大阪商工会議所フィードバック数:0ビジネス

中小企業の資金調達に関する調査

記者発表資料 大阪経済記者クラブ会員各位平成25年12月4日「中小企業の資金調達に関する調査」結果概要【お問合先】 大阪商工会議所 経済産業部 (近藤・小林・西田) TEL:06-6944-6304 <調査概要> ○ 大阪商工会議所は、年末・年度末に向けての中小企業の資金調達に関する実態を把握し、要 望建議など本会議所事業の基礎データとするため、標記調査を11月12日~22日に実施 した。調査対象は、本会議所会員の中小企業 2,900社で、421社から回答を得た(有 効回答率 14.5%) 。

2013年10月29日大和総研フィードバック数:0ビジネス

混乱しやすい内部留保に関する議論

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 企業が資金余剰主体であることが常態化している。バブル崩壊後、企業は3つの過剰(過剰債務、過剰雇用、過剰設備)を抱え、この解消に努めてきた。財務省が公表している法人企業統計で企業の資金調達動向を確認すると、1980年代後半まで企業の資金調達額(フローベース)は流入超(借入れ実施・株式増資・社債発行など)かつ流入額が拡大傾向にあったが、1989年度・1990年度を境に縮小に転じ、2000年代前後になると流

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度貿易保険制度等調査委託事業,BOPビジネスに係る資金調達の円滑化に関する調査報告書

平成23年度貿易保険制度等調査委託事業,BOPビジネスに係る資金調達の円滑化に関する調査報告書

2013年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2012年度の企業の資金調達動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2012年度の企業の資金調達動向全体的には低迷するも、医療・福祉業など成長分野の資金需要は旺盛 ◆2012年度の企業部門における資金調達は、銀行借入やCPの発行などによる調達には増加がみられたものの、増資や社債発行など資本市場を通じた資金調達は低調であった。また、銀行借入の増加も一部大企業が銀行から支援を受けた影響が大きいことから、企業活動が活発化したことに伴う資金需要の増加とは言い難い。◆しかし、細

2013年6月7日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成24年度地域経済産業活性化対策調査(地域ファンド創設検討調査)

平成 24 年度経済産業省委託調査事業平成24年度地域経済産業活性化対策調査 (地域ファンド創設検討調査)調査報告書平成 25 年 3 月株式会社リサイクルワン0目次はじめに ............................................................................................................. 1 1. 海外のファンドによる事業立上げ・産業活性化事例の調査.....................

2013年3月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

中小企業金融のリスク偏在を考える

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中小企業金融のリスク偏在を考える『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載 中小企業の資本構成は過去30年で大きく変化している。企業間信用の割合が減少し、自己資本の割合が増加している。金融機関からの借入も、長期の割合が増えている。とはいえ、中小企業の資金調達手段および調達先は大企業と比べれば限られている。そのため、1990年代後半および2000年代後半の金融危機の際は中小企業に対して様々

2012年7月30日Japan Venture Research★フィードバック数:21ビジネス

ベンチャーの資金調達状況についてのレポートです。

2012年上半期 未公開ベンチャー企業の資金調達の状況

リクエストされたページは見つかりませんでした。 Copyright (c) 2017 Japan Venture Research Co., LTD. All Rights Reserved.

2010年4月19日アイシェアフィードバック数:6ビジネス

起業イメージに関する意識調査

ネットユーザーが思う“起業”へのイメージとは 起業イメージに関する意識調査 起業家になるならコミュニケーション能力が必要との声多数~完璧な準備がないと起業は難しいかも…でもサポートがあれば?景気の先行きが見えにくい昨今、職に関しては安定志向が顕著といわれる。その一方で、起業セミナーも盛り上がりを見せているらしい。実際のところ、人々は起業にどんなイメージを持っているのだろうか。ネットユーザーに意識調査を行い、20代から40代の男女426名の回答を集計した。起業家として必要なものは何だろうか。自分が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ