「資金贈与」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月29日信託協会フィードバック数:0大型消費/投資

「教育資金贈与信託の受託概況」(平成27年3月末現在)

教育資金贈与信託の受託状況(平成27年3月末現在)平成27年04月28日 一般社団法人 信託協会(会長 常陰 均)では、今般、平成27年3月末の教育資金贈与信託の受託状況をとりまとめました。 教育資金贈与信託の契約数(累計)は118,554件、信託財産設定額(累計)は8,030億円となっております。なお、当四半期中(平成27年1月から3月)の新規契約数は16,688件、信託財産設定額は1,057億円となりました。平成25年4月1日の取扱開始から2年が経過しましたが、新規契約数・信託財産設定額が

2015年3月19日Hanoi Advanced Labフィードバック数:0大型消費/投資

相続に対する親子意識調査

家づくりを考え始めたら、まずは気になるのが建築資金のこと。頭金をどのくらい用意できるかによって、資金計画は大きく変わります。親からの資金援助を、ひそかに期待している人も少なくないでしょう。一方で親の側も相続対策を考慮し、子が家づくりをするならば贈与を、と考えているかもしれません。今回「イエノミカタ」では、50~69歳の親世帯および、結婚している25~49歳の子世帯を対象に、相続や子世帯の住宅取得資金援助に対する意識などについて調べました。“親は子が思うほど相続税対策をしていない”“子が思う以上に

2014年11月26日アットホーム★フィードバック数:0大型消費/投資

住宅購入資金についての調査です。

住宅購入時の「親の資金贈与」実態調査

住宅購入時の「親の資金贈与」実態調査

トッパン・フォームズの調査です。

「教育資金贈与信託」に関する調査

HOMEニュースリリース:2014年「教育資金贈与信託」、資産の世代間移行を後押し 新規申し込み件数が増えるも、払い出し手続きに戸惑う生活者「教育資金贈与信託」、資産の世代間移行を後押し新規申し込み件数が増えるも、払い出し手続きに戸惑う生活者2014年8月20日  情報管理ソリューションのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、お孫さんなどの教育資金として祖父母が金銭などを信託した場合に、1人あたり1,500万円まで贈与税が非課税となる制度を利用した金融商品「教育資金贈与

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ