「資金運用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年8月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

銀行114行「2015年3月期決算 総資金利ざや」調査

銀行114行「2015年3月期決算 総資金利ざや」調査 公開日付:2015.08.10 銀行の収益源である利ざやの縮小に歯止めがかからない。2015年3月期決算では114行のうち6割にあたる71行で「総資金利ざや」が前年同期より縮小し、「逆ざや」は前年同期より3行多い11行に増えた。金利低下が続く中、銀行が資金需要の落ち込みと貸出競争の激化から本業で収益を上げにくい状況が続いている。本調査は、銀行114行を対象に、2015年3月期決算で国内業務ベースの「総資金利ざや」を調査した。総資金利ざやは、

2015年3月29日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第747号

第1部総括第2部 原資第3部 運用第4部 金利・その他 24.財政融資(資金運用部)資金預託及び貸付金利の推移統計表中に使用した符号:0=単位未満 ―=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入によっているので,端数において合計とは合致しないものがある。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2014年12月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年3月期決算 銀行114行「総資金利ざや」調査

2014年3月期決算 銀行114行「総資金利ざや」調査 公開日付:2014.12.08 銀行の収益源である利ざやの縮小に歯止めがかからない。2014年3月期決算では114行のうち6割にあたる74行で「総資金利ざや」が前年同期より縮小し、8行が「逆ざや」になった。金利低下が続く中、資金需要の落ち込みと貸出競争の激化から銀行は本業で収益を上げにくい状況が浮き彫りになった。本調査は、銀行114行を対象に、2014年3月期決算で国内業務ベースの「総資金利ざや」を調査した。総資金利ざやは、「資金運用利回」

2014年12月4日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

どうして地域金融機関の再編が進まないのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生 どうして地域金融機関の再編が進まないのか預金金融機関の行動原理と地方創生の課題 2014年12月4日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 鈴木 文彦◆預金金融機関の本質は決済機能である。預金、経済活動で生じる資金移動を自行らの決済ネットワークの帳簿上の付け替えで完結するように営業エリアを設定する。仕入・販売の範囲が比較的

2014年7月6日日本政策投資銀行★フィードバック数:0社会/政治海外

シャドーバンキングについてのまとめです。

中国のシャドーバンキング~銀行とのつながりや理財商品を中心に~

今月のトピックス No.213-1(2014年6月23日)中国のシャドーバンキング~銀行とのつながりや理財商品を中心に~第一章 中国のシャドーバンキングの拡大と特徴1-1 資金循環の概要・近年、中国では銀行貸出以外の信用供与(いわゆる、シャドーバンキング)が急拡大している。当局の監督が行き届きにくいシャドーバンキングの拡大は金融システムの不安定化に繋がりかねないため、市場では懸念が広がっている。本稿では、欧米と異なる中国のシャドーバンキングの特徴を明らかにし、金融市場改革の中でこの問題の本質を捉

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.27 家庭の経済状況に関する調査(2009/9)

家庭の経済状況に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.27 家庭の経済状況に関する調査調査日時:2009年9月15日(火)~9月21日(月) 戦後最長の景気が、02年の2月から続き、景気拡大が起こり、その期間は69カ月ともそれ以上だったとも言われています。 一方アメリカに端を発するサブプライムローンが原因の世界同時不況も起こりました。しかし、実際に家庭レベルではどのように感じていたのでしょうか。家庭での資金や資産の扱い方などとともに調査を行いました。※本調査

2013年6月12日東京商工リサーチフィードバック数:7社会/政治

銀行116行の国債残高 162兆円

公開日付:2013.06.11国内116銀行の2013年3月期の預証率が2年連続で40%を超えた。金融円滑化法などで企業倒産は沈静化しているが、金融機関の中小企業向け貸出しは低迷している。金融機関が「貸出リスク」回避の姿勢を強めた結果、有価証券の資金運用が高まり国債残高は162兆円に膨らんでいる。本調査は、国内116銀行を対象に2013年3月期単独決算ベースの預証率を調査した。銀行は預金等の調達資金を貸出し、余資を有価証券などで運用している。預証率は預金残高に対する有価証券残高の比率で、金融機関

2012年8月9日東京商工リサーチフィードバック数:9ビジネス

銀行117行 2012年3月期単独決算ベース預証率調査 ~国債保有は前年同期より2割増の166兆円~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 銀行117行 2012年3月期単独決算ベース預証率調査 ~国債保有は166兆円~ 銀行117行の2012年3月期単独決算ベースの預証率は、調査開始以来最高の41.8%を占めた。中小企業向け貸出が伸び悩むなか、銀行は国債を中心に有価証券運用を強めている。 本調査は、銀行117行を対象に2012年3月期単独決算ベースの預証率を調べた。一般的に銀行は預金により資金調達して貸し出しを行い、余資を有価証券などで運用している。預証率とは、預金残

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ