「質的改善」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年7月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国の労働市場は堅調な量的改善が続く

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の労働市場は堅調な量的改善が続く2014年6月の米雇用統計:ただし質的改善は道半ば ◆2014年6月の非農業部門雇用者数は前月差28.8万人増と、前月(同22.4万人増)から増加幅が拡大し、6ヵ月平均も再び20万人台へ。雇用の量的改善は着実に進んでいることが示された。◆労働参加率は横ばいであったが、就業者数が増加したことにより、失業率は6.1%と前月から0.2%ポイント低下した。長期失業者の減少も

2013年8月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

失業率の低下を前向きに評価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 失業率の低下を前向きに評価2013年7月の米雇用統計:ただし質的改善は緒に就いたばかり2013年8月5日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平◆2013年7月の非農業雇用者数は6月から増加幅が縮小し、前月差16.2万人増となった。6ヵ月平均で見れば、前月差20万人増程度となっている。雇用環境は緩やかに改善しているとの見方に変更はない。◆業種分類別に見ると、政府部門は地方政府の雇用拡大な

2013年7月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用者数の改善ペースは速かった

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 雇用者数の改善ペースは速かった2013年6月の雇用統計:ただし質的改善は始まったばかり 2013年7月8日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平◆2013年6月の非農業雇用者数は5月と同じ前月差19.5万人増であった。業種分類別に見ると、政府部門は歳出の強制削減などによって引き続き減少、民間・生産部門では製造業に先行きの不透明感が高まる内容であった。一方で、民間・サービス部門はレジャー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ