「購買力」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月9日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の長期停滞

世界の視点から 米国の長期停滞金融危機後、米国の経済実績は期待外れであり、大陸欧州と日本の経済実績はそれ以上に不調なことから、長期停滞の可能性について再び注目が集まっている。本稿では、今後、需要不足が原因で米国経済が停滞することはないというコンセンサスが形成されつつあることを述べる。一方、日本と欧州では需要の喚起が必要で、需要不足が停滞の主要な原因といえるだろう。 金融危機後、米国の経済実績が期待外れであり、大陸欧州と日本の経済実績はそれ以上に不調なことから、長期停滞の可能性について再び注目が集

2015年3月25日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(6)~2015年の国民所得は回復へ

シリーズ:個人消費の論点⑥~2015年の国民所得は回復へ ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 個人消費を見通す上で、日本経済全体の所得を考えることが重要になっている。購買力の源泉である所得は、ここ数年、輸出入の相対物価の動きや、海外所得の還流などからの影響を強く受けてきたからだ。15年には、日本経済全体の購買力が回復して、次第に個人消費が回復する姿がみえるようになるだろう。 新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメ

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(2) ~物価上昇の痛みは和らぐ

シリーズ:個人消費の論点②~物価上昇の痛みは和らぐ ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 2014年の消費税率引き上げ後に、消費の回復が遅れた理由として、物価上昇の影響が大きかったことがあげられる。その結果、物価上昇が賃金上昇を上回る状態がつづいたため、家計の負担感が大きくなった。しかし、14年半ばからの原油価格の低下によって物価上昇率は縮小しており、15年4月以降には物価上昇率から消費税の影響が剥落する。そのため、15年

2015年3月10日富士通フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し(2015年3月改訂)

PRESS RELEASE2015年3月9日 株式会社富士通総研2015・2016年度経済見通し(2015年3月改訂)当社は、2014年10~12月期のGDP統計(2次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。今後の日本経済は、実質賃金上昇により個人消費が堅調に推移し、維持更新や省力化投資を中心に設備投資が増え、アメリカを中心とする世界経済の回復を背景に輸出も増勢を保ち、加えて原油価格下落による企業、家計の実質購買力の増加が景気を下支えすることで、景気拡大は持続していくとの前回見通しのシナリ

2015年2月25日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(6) ~家計にはプラス効果か?

シリーズ:原油安の影響⑥~家計にはプラス効果か? ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 原油価格の低下は、家計にどのような影響を及ぼすのだろうか。原油価格の低下は、ガソリン価格をはじめとして、電気代・ガス代など幅広い製品やサービスの価格を低下させる可能性がある。そうした恩恵は地方にも及び、地方の消費が下支えされる効果が期待される。また、家計の購買力が回復することから、消費を押し上げる効果も生じるだろう。 新日本有限責任監査

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

原油安、円安下での物価実感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年2月3日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦国際原油市況は2014年半ばから急落し、直近のピークをつけた2014年6月に比べて半値を下回る水準まで低下している。原油価格の下落は、産油国から原油純輸入国への所得移転であるため、原油の大半を輸入に頼る日本経済にとっても大きなメリットになるとみられる。とりわけ、物価下落による購買力の向上が、増税後低迷してきた個人消費を刺

2014年11月17日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2014-5】2014~2016年度改訂見通し-脱デフレ優先の政策運営で当面景気回復傾向が持続

No.2014-0272014年11月17日http://www.jri.co.jp≪日本経済見通しシリーズ No.2014-5≫2014~2016年度改訂見通し― 脱デフレ優先の政策運営で当面景気回復傾向が持続 ―(1)2014年7~9月期の実質GDPは、前期比年率▲1.6%(前期比▲0.4%)と、4月の消費税率引き上げ以降2四半期連続のマイナス成長。個人消費が消費増税後の反動減からの回復が緩慢なほか、設備投資も景気に対する企業の慎重姿勢を反映し、弱い動きが持続。一方、民間在庫品増加の寄与度が

2014年7月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

けん引役が不在のなか、力強さを欠く世界経済-米国の購買力が低下する一方、新興国の購買力も力不足

けん引役が不在のなか、力強さを欠く世界経済-米国の購買力が低下する一方、新興国の購買力も力不足

2013年8月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費税増税による反動減を考える ~駆込み需要の反動減と実質購買力の低下~

消費税増税による反動減を考える ~駆込み需要の反動減と実質購買力の低下~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ